トップページ | 愛犬てつ »

柏原ワイン

記念すべき第一回目は、飼い主でんでんの故郷、柏原市のワインの話です。

今は江坂に住んでいますが、結婚するまでは、大阪の最東部にある
柏原市という町に住んでいました。
柏原市というのは、大阪に住んでいる人でもあまりなじみのないと ころで、
よく奈良の橿原市(かしはらし)と間違えられます。
柏原市は(かしわらし)と読みます。

市内から数十キロという立地ながら、実に市の三分の二が山、
市内の中心部には大和川が流れ、春は桜、 初夏は新緑、
秋は紅葉と四季の自然の美しさを十分に堪能できる 町でもあります。

そんな柏原市の名産品は葡萄です。
その葡萄を使ったワインは柏原ワインまたは河内ワインと呼ばれています。

柏原ワインや河内ワインの製造元の堅下ワインフーズは、
西日本で最も古いワイナリーです。
今から約90年前の明治初期、ワインに生涯をかけた高井作次郎氏が、
現在のサ ントリーの技術支援を受けながら、
ワイン製造を始めたのがはじまりといわれています。

日本人の口に合う日本人のためのワインを造るというコンセプトの 元、
自社農園では除草剤はいっさい使用しない、減農栽培に徹し、
代表的な甲州葡萄、マスカットベリーAをはじめとした、
様々な品種の葡萄を栽培しています。
しかもグラッパを蒸留する機械を自作したということから、
そのこだ わりがみられます。
堅下ワインフーズはKING SELBY(王の肩??)
というブランド名で親しまれています。
平成15年には、ベルギーにてモンドセレクション銅賞を受賞してお ります。

ムッシュマキノプロデュースのパティスリー五感では、
柏原ワインを使った柏原の地ワインを使ったサヴァランがつくられています。
また、地元のパティスリー、ブランジェリーでは柏原のワインを使ったジュレや、
葡萄とワインを使ったデニッシュなども店頭に並びます。

大阪にこんな地ワインがあるなんて、皆さん知ってましたか?

|

トップページ | 愛犬てつ »

グルメワイン」カテゴリの記事

大阪府柏原市」カテゴリの記事

柏原市ぶどう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490312/8775207

この記事へのトラックバック一覧です: 柏原ワイン:

トップページ | 愛犬てつ »