« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ドックフードの評価

今日は、でんでんから、たまには「ドックフードアナリスト」らしい事をしろといわれました。
それで、でんでんが仕事をとってきました。
ドックフードの評価です。
早速、ドックフードアナリスト仲間に報告に行きました。

Photo
↑現在、会議中

そんなわけで、でんでんが用意したドックフードはこれです。
バックトゥベーシック獣医さんプロデュースの健康ドックフードです。

Photo_2
↑みかけは、普通ですね。

そんなわけで、評価開始。
Photo_3
↑いきなりがっついています。

う、うまい!!!

Photo_4
↑一心不乱に食べてます。

うま過ぎて、あっという間に食べてしまいました。
でんでんの計測によると、食べきった時間は一分ほどです。
新記録だ。

でんでん「って、早食い大会じゃないんですけど」

でんでんよ、こういう仕事があったら、バンバン持ってきてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの食べ物

最近、でんでんとかのんがはまってているデザートを紹介します。
昨日も大丸ピーコックで買ってきました。
それは、お豆さんで有名なフジッコさんのアジアンカフェシリーズ

「杏仁豆腐」

P2241309

「マンゴープリン」

P2241308

フジッコのホームページ
http://www.fujicco.co.jp/products/dessert.html

関西では、「コーヨ」、「パントリー」、「大丸ピーコック」
一部の高級スーパーでのみとりあつかっています。
どちらも、パッケージのデザートとは思えないくらいに濃厚な味。
マンゴープリンは、マンゴーの味も風味もしっかりと味わえる。
杏仁豆腐も滑らかで、市販品のデザートとは思えないくらいの深い味わい。
しかも値段が、108円程度とリーズナブルです。
これははまりますよ〜。

でんでん「って、君はフジッコさんの回し者か?」
でんちゃん「でも、うまいんだワン」
でんでん「確かに美味いあるよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが話題の…………

でんでんとのかのんが雪の舞う中、千里中央までいってきたそうだ。
ご苦労なこっちゃ。
とにかく今日は寒かったけど、千里中央は大阪の端の山手方面なので、さらに寒かったそうだ。
で、千里中央にいった二人は、話題のものを食べてきたようだ。

千里中央といえば、駅と直結している飲食店街があるけど、その中でも老舗中の老舗の

「ニューアストリア」

P2241290
↑レトロ感あふれる名前と、看板。いいですね。

にいってきたそうだ。
ここの名物はなんといっても、野菜入りのカツサンド。
来店したお客さんの大半もこれを頼んでいるそうです。
飲み物はかのんは寒いので、ホットコーヒ 。
でんでんはこの寒い中、やせ我慢でミックスジュースを注文。

P2241292_3
↑これがミックスジュースだ!!!!!!

しばらくすると、待望のカツサンドが運ばれてきました。

P2241293
↑これがニューアストリア名物の野菜入りのカツサンドです。

見かけは、少ないように感じるけど、高さが結構あります。

P2241298
↑かのんの指と比較してみました。高さおおよそ3.5センチ!!
 店主らしきおいちゃんは、雑誌とかで紹介する時は、大体2センチといっていました。

下から、パン、カツ、タマネギ千切り、トマト、レタス、パンです。
断面図を見るとすごい迫力ですね。
で、肝心の味ですが…………。
まず、カツのジューシさと野菜のうまみ、からりと焼かれたパンの香ばしさのコラボレーションが何ともいえないうまみを引き出しているそうです。
おそらく、何の変哲もない材料を使っていると思うのだけど、それがやたらうまい。
一見無愛想なおいちゃん達の店員さんもとても気が利きます。
落ちていたおしぼりを拾って、新しいのをさりげなく出してくれたり。
かのんが食べにくいので、フォークを出してくれたりもしました。

P2241299

自前に「食べログ」予習をしてきたでんでんは、爪楊枝で器用に食べました。
爪楊枝をうまくさす秘訣は、秘孔をつくとの事です。
じゃなくって、ちょうどカツの肉の中心を貫くと、中身がしっかり固定され、崩れる事なく食べられるとの事です。

大変満足した。久しぶりに食べて感動できるものを食べたと、でんでんもかのんもいっていました。
かのんはお腹ぱんぱんだったけど、でんでんはちょうどいい量だといっていたよ。
千里中央にお越しの際はぜひ。

でんでん「って、君は、ニューアストリアさんの回し者か?
     でも、ここやばいくらいに美味しいですよ。」

その後、千里阪急でうろうろした二人は、本日「シルクフラワー」というのを作ったようだ。
今度、私に持ってきてくれるというから、楽しみにしておこう。

その後、二人は「大丸ピーコック」にいって買い物をしたそうだ。
さすが、「イカリ」や「パントリー」と並ぶ高級スーパーだけあって、売ってるものも、下は普通のスーパーで売っているものから、上は百貨店で扱っている食材まで豊富にそろっているとのことです。
特にヨーグルトの豊富さには眼を見張るほどだといっていました。
食材が豊富だけど、お値段はそこそこするとの事。
でんちゃんがいつもいっている「万代」さんは安いんだけどなあ。

でんちゃん「一度連れて行ってくれよ〜」
でんでん「犬なので、千里中央まで行けません。残念」
でんちゃん「歩いてでもいっちゃるけんね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メタボリックでんちゃん

最近、人間界で流行っている言葉で「メタボリックシンドローム」という言葉がある。
メタボリックって、何かの呪文みたいだけど、ようは、肥満の事なのね。
そういえば、でんでんとかのんも最近メタボ気味。
食べるものには、気をつけなければいけないあるよ

でんでん「というでんちゃんもこないだドックフードを盗んでいました」

Photo
↑これが証拠写真だ!!!!!!!!!!!!!

でんちゃんも最近丸くなってきたので、食べ過ぎだけには気をつけてね。

でんちゃんからお知らせ。

最近、面白いサイトを見つけたよ。
http://maps.nifty.com/guide/
ここ「ココログ」でもお世話になっている、ニフティーさんが運営する、
地域コミュニティーサイトです。
「食べログ」も協力していて、お店紹介などは、でんでんやかのんが撮った写真がいくつか使われているよ。
みんなも参加して、自分の地域を盛り上げるのもいいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北浜五感本店

かのんが、北浜にある、「五感」本店に行ってきたそうだ。
五感といえば、「ムッシュマキノ」こと、牧野氏の呼びかけで集まった、11人のパテシエによるコラボレーション

  Est Sablon〜エスト サブロン
  Gateaux Magasin Higuchi〜ガトーマガサンヒグチ
  Cake House Shotani〜ケーキハウス ショウタニ

  

  Jan Rupuran〜ジャン ルプラン
  Chef Nakagiri〜シェフ ナカギリ
  Sweets Factory Nakata〜スウィーツファクタリー ナカタ)  
  Patissier Okada〜パティシエ オカダ
  Hamburg〜ハンブルグPetit Prince〜
  プチプランス  
  Joffrin〜フランス菓子ジョフラン

  

  Monsiert Makino〜ムッシュ マキノ

 

という大阪、京都、兵庫の有名店が集まっています。
北浜本館は、その総本山ともいうべきところです。

Photo
↑これが五感の入り口です。

Photo_5
↑ちなみに店内は全面禁煙です。
素晴らしいですね。

Photo_2
↑五感本館でケーキを頼むと、デセールにしてサーヴしていただけます。
見た目も素晴らしいですね。

Photo_3
↑フレーバーティを頼んだそうです。
かのんは、優雅なティータイムを過ごしたようです。

Photo_4
↑ちなみにケーキはこの中から選べるよ。
どれも見た目も華やかで、美味しそうですね。

2
↑これがかのんがお土産に買ってきたバームクーヘンだ。

「和三盆」を使っています。
これは、商品解説によると徳島県と香川県の一部で栽培されている竹糖と呼ばれている砂糖黍を原材料に、現在も機械等をあまり使う事無く作られている希少価値のある砂糖だそうだ。
しっとりとした、口どけと、和三盆の優し甘さがいいですね。
これはうまい〜っだそうです。
でんでんとかのんは、優雅なお菓子タイムを過ごしたようだ。
しかし、甘いもんばっかり毎日食ってると、太るよ〜、二人とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内の特産品

おみやげに喜ばれる河内のお土産を紹介します。

今日かのんがおみやげに藤井寺に本店のある、

「マダムヨーコ」

を心斎橋大丸百貨店で買ってきたよ。
今心斎橋大丸ではB2に「マダムヨーコ」、
B1にパンやケーキを扱う「FLOUR」が来ているそうです。
Madamu2
↑これがマダムヨーコです。

ふわふわのスフレ生地に、フランス産のクリームチーズを使ったクリームが挟まっています。
さわやかな、クリームの味わいとふわふわのスフレの食感が絶妙です。
市内の百貨店では長蛇の列が出来ています。
最近では、銀座の三越など関東の百貨店でも販売され、大人気です。

この美味しいスフレを作っているのは、「FLOUR」という藤井寺に本店のある、スイーツパンショップで、でんでんが柏原市に住んでいた頃は、自転車でお隣の藤井寺にまで行って、買ってきてはよく食べていました。
でんちゃんにもわけてくれました。
大阪河内を代表する、今や大阪を代表するスイーツですね。

もう一つ、河内の特産品をご紹介。
大阪の新知事、橋本知事がこの間宮崎の東国原知事と会談した時に、橋本知事がおみやげとして、用意していたのが、柏原の堅下ワインフーズの「グラッパ」です。

紹介記事

堅下ワイナリーは西日本でも、最も古いワイナリー。
おみやげとして持っていくと、喜ばれますよ。
河内の特産品はいいものが沢山ありますね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

北風ぴゅ〜ぴゅ〜

寒い中でんでんが遊びに来ました。
寒いのに大和川まで散歩につれて行ってくれました。

Photo


大和川は、下流からの向かい風が強く吹き、寒いです。
思わずくしゃみを連続でしてしまいました。

Photo_2

↑近鉄電車の鉄橋が見えます。

2

↑川がきらきらとキレイです。

Photo_3

↑この堰の下には、雨の日などは鯉さんがうじゃうじゃいます。

冬の大和川の光景は、どこか寂しげですね。
やはり大和川は、春や初夏の光景が好きですね。

でんでんは、この寒い中八尾まで食事に行ったようだ。
JR八尾駅近くにある

「マンジェ」

というトンカツ専門店に行ってきたようだ。
Dscf0013
ローストンカツ定食です。
衣はさくさく、豚肉は柔らかくジューシー。
あっさりと食べるには、ポン酢で頂くのが、いいとのこと。
リンゴをすり下ろしてあり、酸味の後のほのかな甘さが、後を引きます。
揚物って、胸焼けしやすいけど、全然そんなことがないとの事です。
大変美味しく頂いたようです。

かのんへのお土産に

「洋菓子工房コージ」

でシュークリームを買ったようです。
Photo_4
↑シュークリーム150円。
2_2
シュークリームはシュー皮がなめらかでもちもちしているそうで、
他店のシュークリームとは全く違う味わい。
中身のクリームも滑らかで、甘くもなくさっぱりしでもない。
絶妙な味わい。これはレヴェルが高いと絶賛でした。
今度は別のケーキも試して見たいといっていました。
八尾の食を堪能したようです。

〜でんちゃんからのお知らせ〜

またまた、かのんが、「バンザイブロガーズ」で紹介されていました。
もう、常連って感じだね。
0216
かのんのレベルが上がって、肩書きが「美食家」になっているよ。
がんばってるな〜、かのん。
でんでんもがんばれよ。
でんでん「おまえもがんばれよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデイ

今日はバンレンタインです。
バレンタインといっても、ロッテのバレンタイン監督の話じゃありません。

なんでも、今日は 女性から、男性にチョコを渡す日で
男性が道を歩いていると、複数の女性に囲まれてチョコを渡されるという
なんともうらやましい日です。

*でんでん (注) そんな、わけないだろう。

でんちゃん でんでんもいっぱいチョコをもらっただろう。

*でんでん (注) 嫁のかのんからしかもらってません。。・゚・(ノД`)・゚・。

        でんちゃんからももらってません。

そんなわけで、本日は、でんでんにバレンタインの話をかいてもらおう。
わが家のバレンタインといえば、「ムッシュマキノ」が定番でしたが、
今年は趣向を変えた

グランメゾンルポンドシェル特製のガトー・ショコラもらいました。

P2111172
↑ガトーショコラ

2月13日、14日の限定20個生産です。
予約のみとなっています。

とても濃厚なショコラでできた、なんともぜいたいなくガトーショコラです。
ちょっと、甘過ぎるという感じはしますが、フランス菓子はそういうもの。
濃厚な味のショコラとは、紅茶がよくあいます。
優雅なティータイムを過ごしました。

でんちゃん「私もチョコをあげたいけど、犬だからチョコ買いに行けないワン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首輪買ってもらったよ

でんでんに首輪をかってもらったよ。
可愛い襟が付いています。
テントウムシのワンポイントが可愛いでしょ。

Photo

これで、この間雪の中お散歩に行ってきたよ。
さむかったよ〜。
マフラーの方が温かいよ。

〜でんでんへのお願い〜

お散歩へ行くときはマフラーはめてね。
温かくなったら、これにしてね。

雑誌いぬのきもちの読者モデル犬に応募します。

外でロケがいいな。
がんばるぞ〜。ヽ(´ー`)ノ
かのんが読者モデルをやっているので、こつを伝授してもらおう!!

●でんちゃんからのお知らせ

またまた、かのんが「関西バンザイブロガーズ」で紹介されていたよ。
今度はトップページにいっぱい載っていたよ。
ここをみてね。かのんすごいね〜。
かのんはがんばり過ぎて目が痛いといっていたよ。
ちょっと、休めよ〜。

でんでんも負けんと、がんばれよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ル・ポンドシェル

でんでんとかのんが昨年リニューアルされた、「ルポンドシェル」にいってきたようだ。
移転前現在の場所の真向かいにある「大林ピル」30階にあったとき以来です。
以前は、展望が素晴らしくいいとでんでんがいっていました。
リニューアルされてから来店するのは初めてだそうです。
さて、どんな感じだったかは、でんでんに報告してもらいましょう。

大阪を代表する老舗のフレンチレストランが、真向かいのモダンなビルに移転した。
場所は大川の左岸で、以前のような素晴らしい展望は無いが、どこか古くさく感じられたインテリアから、モダンで洗練されたインテリアに変り、以前よりも洗練された印象のレストランになった。

さて、今回の料理の紹介です。
まずは、食前のお楽しみ的な、

〜愉しみへの誘い〜

Photo_4

試験官のような容器に熱いじゃがいものスープが入れられ、ベーコンをカリカリに焼いた「チュイル」が添えられている。
容器が狭く、スプーンが入りにくいので飲みにくいのが難点。
じゃがいもの風味を活かした、スープです。

〜マスカルポーネのリゾットにあかざ海老を添え〜

Photo_5

あかざ海老というのは初めて食べる。
どんなものかと調べて見ると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%82%A8%E3%83%93
日本近海の深海にすむ、ザリガニの仲間だそうです。
今回出されたものは、長崎近海で捕れたものらしい。
身は甘味があり、濃厚。
マスカルポーネチーズのリゾットの優しいチーズの味わいとあわせると絶妙。

〜和牛フィレ肉のロースト ガラムマサラの香り
 アーティチョークのキャラメリゼを添えて〜

Photo_6


メイン料理はお肉です。
鹿児島産の和牛を使った、ガラムマサラの香りのするスパイシーな料理です。
赤ワインベースのソースで、クラシカルなフレンチのティストのある料理だけど、肉の柔らかさと火の通し加減が絶妙。
チョウセンアザミのローストが添えられており、ちょっとクセのある一品です。

〜フランボワーズとショコラのクリスティアン〜

Photo_7
 バレンタインが近いのでバレンタインを意識したものなのかかな?
添えられているのは、ヨーグルトのアイスクリームです。
その上にのせられているフランボワーズは、飴細工を施されているのですが、写真では見えないのが残念です。
クリスティアンというのは、さくさくした食感をもつフランスのおかし。
フランボワーズの酸っぱさが、お菓子の甘味を引き立てます。

相変わらずサービスの質も良く、快適で楽しい時間を過ごせました。
料理のクオリティーも変わらず、素晴らしいです。
総じてクオリティーの高いレストランです。

でんちゃん「とても、美味しそうだワンヽ(´ー`)ノ」

| | コメント (0)

大雪でした

でんちゃんの住むここ柏原市では、9日に大雪が降っていました。

Photo

9日はでんでんがこちらに来ていますが、朝吹田を出るとき、吹田は雪が降っていたけど、柏原市についたときは、雨だったとのこと。

柏原市でも、午前10時頃より雪が降り始め、今は雪であたりの景色が真っ白になっています。

えらいこっちゃ。

Photo_2

↑辺り一面雪景色です。

雪の日は道路が凍結したり、滑りやすいので皆さん気をつけましょう。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でんでんの食い倒れ日記

飼い主のでんでんが、飼い犬に内緒で新オープンのラーメン屋さんにいったそうだ。
なんて、けしからん飼い主だ。
Dscf0008
というわけで、せっかくなのでレポートしてもらおう。

吹田周辺といえば、ラーメン激戦区。
名店が登場しました。
老舗の名店「瓢亭」出身の店主が放つ、豚骨、鶏ガラのWスープをベースにしたラーメンです。
豚骨ラーメンがおすすめみたいだけど、今回は、それに合わせ味噌をもちいた味噌ラーメンを食べて見ました。
Photo
麺は、コシのある縮れ麺で、よくスープに絡まります。
合わせ味噌を用いたスープの味は絶品です。
鹿児島産のチャーシュはとろとろで、ラーメンの味をさらに引き立てます。

全体的にバランスのとれた素晴らしいラーメンです。
付け麺もあるみたいなので、次はそれに挑戦したいですね。

店名       麺屋 柊助
最寄駅    JR 吹田駅
ジャンル    ラーメン
住所    大阪府吹田市片山町1-3-5
TEL    06-6380-3711

11:00〜15:30 (フードLO15:00) 17:30〜翌1:00 (フードLO24:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農薬ギョウザ

中国産の冷凍ギョウザから猛毒のメタミドホスが検出され大騒ぎになっています。
JTが中国から輸入し、卸した商品が生協や大手スーパーに出回り、その商品の一部を食べた人が中毒症状を起こしたそうです。
元々、中国の富裕層や香港人は毒菜と呼んでいて、絶対に口にしないものを加工食品に使っているそうですね。

今の中国北京や上海の富裕層などは、日本から食品を輸入したり、農家を雇って自分と家族が食べる野菜を安全な方法で作らせているそうです。

でんでん宅もコープの宅配にはいつもお世話になっているそうです。
昨日は宅配日だったそうですが、いつも宅配にきてくれている兄ちゃんが、いつもより30分遅くきていたそうです。
事情を聞くとどうも、今回の件で、さんざんクレームを受けたり、別の工場でつくられた中国産のものも、返品されたりしたとかで、宅配の時間が大幅に遅れたそうです。
コープの宅配の兄ちゃんも大変なこっちゃ。
ただ、宅配しているだけなのにね〜。

昨年は、国内の食品偽造が相次ぎ、今度は中国産の冷凍食品。
全く何を食べても信用できない時代になりましたね。

Dscf0017

私がいつも食べているドックフードも大丈夫かいな?

日本の食料自給率は、わずか40パーセント。
もちろん先進国ではワーストワンです。
殆どの食料は、輸入しなくては、間に合わない状況です。
これが途切れれば、日本は飢餓大国になるといわれています。

日本の食料自給率はもっと増やさないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐山珍道中

京都嵐山の続編です。
でんでんとかのんが嵐山めぐりをしてきたそうである。
嵐山「嵐月」の深層水のお風呂で、体がぽかぽかお肌すべすべになった二人は、嵐山周辺を探索。

Photo
↑嵐山解説の看板です。
 春と、秋が特に景色が素晴らしそうですね。

さて、でんでんとかのんは、「嵐月」の裏手にある「天龍寺」へいってきたようだ。
ここで、毎年豆まき大会が行われているそうだけど、今年は諸事情で中止に。
日本酒と甘酒が振る舞われていました。

Photo_3
 ↑これが振る舞われていました。
Photo_4
↑お酒もあるでよ。
Photo_5
↑ついでに焚き火もあるでよ。

ついつい、甘酒を飲み過ぎたでんでんとかのんは、嵐山のメインストリートへ。
そこで、なんとも変な光景を漬物屋さんで目にする。
なんと、ストーブの上に、大カブラをのせているのだ。

Photo

↑残念ながら、ストーブのカブラは撮り忘れ。。・゚・(ノД`)・゚・。

なんぞこれ?と、店員さんに尋ねて見ると、
客寄せで、実はストーブの上は全然熱くないとの事。
この光景に不思議がって、お客さんが足を止めてくれるのだそうです。
見事な釣り師の店員さんに、見事に釣られてしまったとの事です。
他にも、同じように釣られた人が続々と、見事大漁である。

さて、ここへ来たら絶対に食べたい、「中村屋」のコロッケも食べたのだそう。

P2030964

外はさくさく。中はふわふわのコロッケは絶品の味だそうです。
でんちゃんも食べたいあるよ。

二人は、寒い中桂川も探索。

Photo_6
↑とてもきれいですね〜。

Photo_7
↑桂川の解説です。

ちなみにこの川に堰を建造したのが、謎の渡来人といわれる秦氏。
一説によると、高度な土木技術を持った、ヘブライ人ともいわれています。
京都に行くと、秦氏の足跡がいっぱい見られますね。

Photo_2

美しい光景で、心も体もリフレッシュしたようですね。
こんどはでんちゃんもリフレッシュさしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都嵐山〜嵐月〜

でんでんとかのんが、京都の嵐山にある、「嵐月」に食事とお風呂に入りに行ったそうだ。
当日は、朝から大阪でも、雪が降る天気。
京都側でも降っていたようで、山がほんのり白く染まっていたそうだ。

Photo
↑嵐山の光景。旅情あふれるいい光景ですね。

それがまた、美しくていい感じだと、でんでんが聞かせてくれました。
2

さて、目的地の「嵐月」は阪急「嵐山」駅から約10分ほど。
渡月橋を渡ったところにあります。

Photo_2
↑これが渡月橋ですよ。

Photo_3
↑ここが嵐月の入り口です。

お食事は個室で。
特別室、「水龍」。
水をイメージした、青を基調にしたお部屋で、木の作りのとても素敵なお部屋だったそうです。
また、ここから見える景色が素晴らしかったそうです。

Photo_4
↑こんなキレイな景色を見ながらお食事です。

では、ここで飼い主のでんでんにお食事の解説をしてもらおう。

今回のお食事は、「祝い御膳」四季を意識した素晴らしいコースです。

まずは、本日の前菜です。

Photo_5

【前菜】:海老芋寿司 八幡巻き 菜の花 鯉煎餅 公魚木の芽焼き
     蕨烏賊 蕗錦糸巻き 芽キャベツ

前菜から豪華です。
一品一品手が込んでおり、丁寧な仕事ぶりです。
どれも京料理らしく、あっさりとした味付けですが、ただ味が薄いというものではなく、料理としての自己主張が一品一品にされている素晴らしいものです。
特に変わっているのが、鯉煎餅で鯉って小骨が多くてただ食べにくい魚だけど、こうやって煎餅にするとぼりぼりとおやつ感覚でいただけますね。
サクラの枝が一本そえられていて、彩りを華やかにしています。
まず、前菜からこの出来なので、次の料理が楽しみになります。

Photo_6

【煮物椀】:鯛人参 
      独活 人参 三つ葉
      彩り素麺 焼き豆腐 酢橘

素麺です。素麺といってもただの素麺ではなく、彩り鮮やかな素麺に、鯛や焼き豆腐、独活などの材料が入っている具だくさんです。
出汁がかつおだしのいいにおいが漂う、あっさりとしているが、コクのある出汁です。
出汁の取り方が絶妙だね。
焼き豆腐が丸く切ってあって変わっています。

Photo_8

【向付】:三種盛り

甘エビと、ウニと、イカと、ヒラメのお刺し身です。
イカと甘エビののとろりとした食感と、噛むほどの甘さが口の中に広がります。
ヒラメはこりこりとして、これまた食感がいい。
今度は梅の枝が添えられていて、華やかな皿になっています。

Photo_9

【炊合せ】:穴子 汲み湯葉 
      空豆 百合根 醤油餡

湯葉の下には、穴子が。醤油餡がこれらによく絡まり、絶妙な味わいです。

1
【焼き物】:鰆柚子焼き
      梅人参 蛤真丈
      焼き葱 椎茸 大根タラバ 酢橘

焼き物は、まずこんな器で出してくれます。

2_2
で、一人ずつ取り分けてくれます。
よく見ると、ニンジンが鬼の顔になっています。
細かい仕事ですね〜。
ニンジンが甘くて美味しい。
ただの焼き物に見えるかもしれないですが、一品一品手が込んでいますよ。
ハマグリはそのままハマグリじゃなく、すり身にして、固めているし、鰆は別に下焼して皿に香ばしさを出している?
妥協の無い仕事ぶりにただただ脱帽。

Photo_10

【蒸し物】:甘鯛卯の花蒸し
      イクラ 芹 若布餡

甘鯛の卯の花蒸しですが、ワカメを使った餡なんです。
ちょっと、びっくりです。

Photo_11

【進肴】:豚鮟鱇肝 白髪葱 絹さや レモン添え

ここにきて、初めて出てきた肉料理。
豚肉と、豚鮟鱇肝をミルフィーユのように重ねています。
豚鮟鱇肝って、フォアグラよりも濃厚かも?
と、思わせるほどの少しばかりの苦味と、強烈な旨味を持っています。

Photo_12

【酢の物】:湯葉巻き五種 
      野菜 胡麻ドレッシング

これってフレンチ?と、思わせるような洋風のお皿で出てきました。
周りは湯葉でまかれた野菜やマグロなど。
中央のごまだれで、食べます。
見た目まるでフレンチだけど、立派な和食なんだよね。

Photo_13

【御食事】:白米 香の物 留め椀

さて、シメはやっぱりご飯でほっこり。
白米の焚き方が絶妙でやわらかくて、ふわっとしています。
みそ汁は赤だしです。
京都石野のお味噌です。

Photo_14

【水物】:フルーツ

あとは、デザートでのんびりと、食事の余韻に浸りながら。

しかし、どの皿も素晴らしくて、次は何が出てくるのか?
わくわくしながら、待ち遠しくなります。
どの皿も素晴らしい出来ですよ。

でんちゃん「いいな。私も見ていて涎が……」
でんでん 「次回は、京都珍道中をお送りいたします」
でんちゃん「って、無視かよ、おい」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

でんちゃんからのお知らせ2月号〜追記あり〜

いつもこのブログをご覧になってありがとうございます。
でんちゃんです。
2月になりました。
毎日、(((((((;゜Д゜)))))))ガクガクブルブルと、寒いですが、
体調管理は気をつけてくださいね。

Dscf0012

さて、お知らせです。
もうお気付きだと思いますが、画面右側にリンクが貼ってあります。

堺市、泉州南河内のグルメやタウン情報満載の

「キットプレイス」様。

大阪府柏原市情報のパイオニアである、

「柏原市タウンガイド」

相互リンクさせていただいております。
これからも、宜しくお願いします。

また、でんでんとかのんの、

「なにわのフードアナリスト★でんでん&かのんのくいだおれ日記」

「河野鳴美のマイタウングルメ」

のリンクも貼っております。

是非、ご覧下さいね。

なんと、でんでんとかのんは、これから京都へ行ってくるそうです。

また、ここで京都での珍道中が見れそうで楽しみです。

〜追記〜
でんでんの嫁のかのんのブログ「か・の・ん・の・お・き・に・い・り」
「バンザイブロガーズ」のメールマガジンで紹介されていたよ。
かのん、すごいあるね〜。

Banzai

是非、遊びに行ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関西犬聞録第二話

WANWANテレビ製作の人気番組「関西犬聞録」の第二話です。
歴史情緒あふれる町を探索して行きます。
レポーターのでんちゃんです。
さて、今回の犬聞録は……。

鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ ぬでひめじんじゃ)です。
大阪府柏原市大県にあることから、大県神社という愛称で親しまれています。

Photo

この地区一帯の氏神様でもあります。
「鐸比古命」「鐸比売命」をお祭りしています。
元々は、鐸比古神社と鐸比賣神社は別々の神社だったそうです。
鐸比古神社は元々高尾山の山頂に祀られていましたが、中世に現在の場所に遷されたといわれています。
お正月には、「茅の輪」というものがおかれこれをくぐると、一年のけがれが落とされるといわれています。
Photo_2
私も飼い主でんでんと一緒にくぐってきました。
今年もいい年になるといいですね。

普段はのんびりとした神社です。
鳥のさえずりが聞こえ、空気も清浄で、心落ち着きます。
皆さんも一度訪れて見てはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »