« 京都嵐山〜嵐月〜 | トップページ | 農薬ギョウザ »

嵐山珍道中

京都嵐山の続編です。
でんでんとかのんが嵐山めぐりをしてきたそうである。
嵐山「嵐月」の深層水のお風呂で、体がぽかぽかお肌すべすべになった二人は、嵐山周辺を探索。

Photo
↑嵐山解説の看板です。
 春と、秋が特に景色が素晴らしそうですね。

さて、でんでんとかのんは、「嵐月」の裏手にある「天龍寺」へいってきたようだ。
ここで、毎年豆まき大会が行われているそうだけど、今年は諸事情で中止に。
日本酒と甘酒が振る舞われていました。

Photo_3
 ↑これが振る舞われていました。
Photo_4
↑お酒もあるでよ。
Photo_5
↑ついでに焚き火もあるでよ。

ついつい、甘酒を飲み過ぎたでんでんとかのんは、嵐山のメインストリートへ。
そこで、なんとも変な光景を漬物屋さんで目にする。
なんと、ストーブの上に、大カブラをのせているのだ。

Photo

↑残念ながら、ストーブのカブラは撮り忘れ。。・゚・(ノД`)・゚・。

なんぞこれ?と、店員さんに尋ねて見ると、
客寄せで、実はストーブの上は全然熱くないとの事。
この光景に不思議がって、お客さんが足を止めてくれるのだそうです。
見事な釣り師の店員さんに、見事に釣られてしまったとの事です。
他にも、同じように釣られた人が続々と、見事大漁である。

さて、ここへ来たら絶対に食べたい、「中村屋」のコロッケも食べたのだそう。

P2030964

外はさくさく。中はふわふわのコロッケは絶品の味だそうです。
でんちゃんも食べたいあるよ。

二人は、寒い中桂川も探索。

Photo_6
↑とてもきれいですね〜。

Photo_7
↑桂川の解説です。

ちなみにこの川に堰を建造したのが、謎の渡来人といわれる秦氏。
一説によると、高度な土木技術を持った、ヘブライ人ともいわれています。
京都に行くと、秦氏の足跡がいっぱい見られますね。

Photo_2

美しい光景で、心も体もリフレッシュしたようですね。
こんどはでんちゃんもリフレッシュさしてね。

|

« 京都嵐山〜嵐月〜 | トップページ | 農薬ギョウザ »

神社 仏閣」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐山珍道中:

« 京都嵐山〜嵐月〜 | トップページ | 農薬ギョウザ »