« でんちゃんからのお知らせ2月号〜追記あり〜 | トップページ | 嵐山珍道中 »

京都嵐山〜嵐月〜

でんでんとかのんが、京都の嵐山にある、「嵐月」に食事とお風呂に入りに行ったそうだ。
当日は、朝から大阪でも、雪が降る天気。
京都側でも降っていたようで、山がほんのり白く染まっていたそうだ。

Photo
↑嵐山の光景。旅情あふれるいい光景ですね。

それがまた、美しくていい感じだと、でんでんが聞かせてくれました。
2

さて、目的地の「嵐月」は阪急「嵐山」駅から約10分ほど。
渡月橋を渡ったところにあります。

Photo_2
↑これが渡月橋ですよ。

Photo_3
↑ここが嵐月の入り口です。

お食事は個室で。
特別室、「水龍」。
水をイメージした、青を基調にしたお部屋で、木の作りのとても素敵なお部屋だったそうです。
また、ここから見える景色が素晴らしかったそうです。

Photo_4
↑こんなキレイな景色を見ながらお食事です。

では、ここで飼い主のでんでんにお食事の解説をしてもらおう。

今回のお食事は、「祝い御膳」四季を意識した素晴らしいコースです。

まずは、本日の前菜です。

Photo_5

【前菜】:海老芋寿司 八幡巻き 菜の花 鯉煎餅 公魚木の芽焼き
     蕨烏賊 蕗錦糸巻き 芽キャベツ

前菜から豪華です。
一品一品手が込んでおり、丁寧な仕事ぶりです。
どれも京料理らしく、あっさりとした味付けですが、ただ味が薄いというものではなく、料理としての自己主張が一品一品にされている素晴らしいものです。
特に変わっているのが、鯉煎餅で鯉って小骨が多くてただ食べにくい魚だけど、こうやって煎餅にするとぼりぼりとおやつ感覚でいただけますね。
サクラの枝が一本そえられていて、彩りを華やかにしています。
まず、前菜からこの出来なので、次の料理が楽しみになります。

Photo_6

【煮物椀】:鯛人参 
      独活 人参 三つ葉
      彩り素麺 焼き豆腐 酢橘

素麺です。素麺といってもただの素麺ではなく、彩り鮮やかな素麺に、鯛や焼き豆腐、独活などの材料が入っている具だくさんです。
出汁がかつおだしのいいにおいが漂う、あっさりとしているが、コクのある出汁です。
出汁の取り方が絶妙だね。
焼き豆腐が丸く切ってあって変わっています。

Photo_8

【向付】:三種盛り

甘エビと、ウニと、イカと、ヒラメのお刺し身です。
イカと甘エビののとろりとした食感と、噛むほどの甘さが口の中に広がります。
ヒラメはこりこりとして、これまた食感がいい。
今度は梅の枝が添えられていて、華やかな皿になっています。

Photo_9

【炊合せ】:穴子 汲み湯葉 
      空豆 百合根 醤油餡

湯葉の下には、穴子が。醤油餡がこれらによく絡まり、絶妙な味わいです。

1
【焼き物】:鰆柚子焼き
      梅人参 蛤真丈
      焼き葱 椎茸 大根タラバ 酢橘

焼き物は、まずこんな器で出してくれます。

2_2
で、一人ずつ取り分けてくれます。
よく見ると、ニンジンが鬼の顔になっています。
細かい仕事ですね〜。
ニンジンが甘くて美味しい。
ただの焼き物に見えるかもしれないですが、一品一品手が込んでいますよ。
ハマグリはそのままハマグリじゃなく、すり身にして、固めているし、鰆は別に下焼して皿に香ばしさを出している?
妥協の無い仕事ぶりにただただ脱帽。

Photo_10

【蒸し物】:甘鯛卯の花蒸し
      イクラ 芹 若布餡

甘鯛の卯の花蒸しですが、ワカメを使った餡なんです。
ちょっと、びっくりです。

Photo_11

【進肴】:豚鮟鱇肝 白髪葱 絹さや レモン添え

ここにきて、初めて出てきた肉料理。
豚肉と、豚鮟鱇肝をミルフィーユのように重ねています。
豚鮟鱇肝って、フォアグラよりも濃厚かも?
と、思わせるほどの少しばかりの苦味と、強烈な旨味を持っています。

Photo_12

【酢の物】:湯葉巻き五種 
      野菜 胡麻ドレッシング

これってフレンチ?と、思わせるような洋風のお皿で出てきました。
周りは湯葉でまかれた野菜やマグロなど。
中央のごまだれで、食べます。
見た目まるでフレンチだけど、立派な和食なんだよね。

Photo_13

【御食事】:白米 香の物 留め椀

さて、シメはやっぱりご飯でほっこり。
白米の焚き方が絶妙でやわらかくて、ふわっとしています。
みそ汁は赤だしです。
京都石野のお味噌です。

Photo_14

【水物】:フルーツ

あとは、デザートでのんびりと、食事の余韻に浸りながら。

しかし、どの皿も素晴らしくて、次は何が出てくるのか?
わくわくしながら、待ち遠しくなります。
どの皿も素晴らしい出来ですよ。

でんちゃん「いいな。私も見ていて涎が……」
でんでん 「次回は、京都珍道中をお送りいたします」
でんちゃん「って、無視かよ、おい」

|

« でんちゃんからのお知らせ2月号〜追記あり〜 | トップページ | 嵐山珍道中 »

グルメ和食」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

嵐月
素敵なお料理ですね
どれも
美味しそうです、

投稿: ryuji_s1 | 2008年2月 5日 (火) 13時31分

ryujiさん、書き込みありがとうございます。
料理は大変繊細で、美味しかったです。
おすすめですので、是非、一度行って見てください。

投稿: でんでん | 2008年2月 6日 (水) 20時03分

はじめまして。剣崎と申します。見ていて放っておくわけにはいきませんので一言もの申します。
わざわざお金払って食べに行っておられるのに取材ごっこで写真撮って料理の最も美味しいタイミングを逃してしまうのはちょっと勿体ないのではないでしょうか?少なくともフードアナリストや美食家のすることではないように思います。それにまともな料理人たちはそんなことは望んで無いですよ?

投稿: 剣崎 | 2008年2月20日 (水) 19時42分

はじめまして、管理人のでんちゃんです。
剣崎さん、書き込みありがとうございます。

ちょっと、誤解をされているようなので、
下の説明を見て参考にしてください。

=================================================
【フードアナリストとは】

『日本フードアナリスト協会のホームページより抜粋』

レストランや料理飲食店を格付けする
知識と素養を持った
食・食空間を評価・分析する専門家です。

フードアナリスト試験に4級以上に合格をして、
日本フードアナリスト協会に入会すれば、
「フードアナリスト」と呼称することができます。

初級フードアナリストは「初級フードアナリスト」と呼称します。

詳細はこちらでお確かめください。
http://www.foodanalyst.jp/qualification.html

=================================================

と、いうことなので、
あくまでも4級以上の資格所持者&協会に入会した者は
趣味としてでも、仕事としてでも、
別に食に関わる仕事にたずさわらなくても、
フードアナリストと呼称することを
フードアナリスト協会から認定を受けています。

だからフードアナリストと名乗っている人は
他の仕事をしながら活動している人が殆どです。

趣味や職業として呼ぶのは
人それぞれなのですよ。

そもそも、協会自体が、会員にはフードアナリストと名乗って
ブログの運営を推奨していて、ブログ講座も設けております。

下を参考にしてください
http://www.foodanalyst.jp/course.php#free-blog-tokyo

ちなみにこちらのページは
愛犬のでんちゃんが管理人という設定と
食以外の話題も書いている事からして、
趣味として運営している事を
わかっていただけると工夫はしていたのですが……。

また、美食家といわれていることも、
他人が決めている事ですから、
自分達は別にそんな気はありませんよ。

ちなみに「嵐月」様には予約時から、
ブログへの掲載許可を得てましたので、
お料理のタイミングも温かいものは、温かいうちに。
冷たいものは冷たいうちに頂く事は出来ましたよ。

ブロガーさんもよく来られるそうなので、
その辺も計算されていたので、すごいお店ですよ。
一度行ってみてください。
おすすめだワン。

投稿: でんちゃん★ワンワン | 2008年2月21日 (木) 22時05分

>はじめまして。剣崎と申します。見ていて放っておくわけにはいきませんので一言もの申します。

あんたこそ何者?何様? 新手の荒らし? 

投稿: ぷーぷ | 2008年2月23日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都嵐山〜嵐月〜:

« でんちゃんからのお知らせ2月号〜追記あり〜 | トップページ | 嵐山珍道中 »