« 3月です。 | トップページ | 祝一周年 »

ラ・バッロッタ

でんでんが、日本橋にある注目のお店、「ラ・バッロッタ」にランチにいったようだ。
ここは駅からも遠く随分と辺鄙な場所にあるそうだが、人気店で連日多くの人でにぎわっている。
そんな注目のイタリアンをでんでんに紹介してもらおう。

フレンチの名店だった「キュイエール」の跡地に入った、イタリアン。
ランチタイムに来店。ランチは、2000円のお任せのみ。
人気店だが、平日の時間帯をずらしていったら、なんとか入れた。
最初に苦手な食材はないかと聞かれるので、苦手なものがあれば最初にいっておこう。
料理は、正にシェフの即興。
一人一人に違うメニューで、隣の人と全くメニューが違うものが提供される。
なので、次は何が出てくるのか、楽しみにしながら待てる。

まずは、本日の前菜。
Photo
生のアスパラガスにサワークリームとチーズのソースをあえ、
カラスミを添えてあります。
アスパラガスって、生で食べるのは初めてです。
生のアスパラガスのしゃきしゃきとした食感と、甘さにサワークリームのさわやかな風味のソースが抜群にあいます。
プチトマトも甘くて美味しい。
あまりにもソースが美味しいので、パンにつけていただきました。

Photo_2
パスタ。空豆を使ったソースの味がしっかりとしています。
トマトと、海老が入っています。
パスタの食感ももちもちしっかりとしています。
こちらもソースが大変美味しく、パンにつけていただきました。

Photo_3
メインは熊本産鳥鶏肉のローストです。
添えられている野菜は、淡路島の淡路スターというタマネギ
門真蓮根、じゃがいもはインカの目覚めという超豪華野菜オールスター。
ソースは肝を使った少し苦味があるけど、旨味とコクのあるソースです。
これが鶏肉にあう!!
鶏肉外はパリパリこうばしく、中はジューシーな肉の旨味がじゅわっと、溢れている。
正にすべて計算し尽くされて、つくられたという感じがする。

Photo_4
デザートは薄いパイ生地にリンゴや干しぶどうなどがくるまれている、温かいデザートです。
パリパリとしたパイの食感とデザートの甘味と、酸味が素晴らしい。
甘いだけじゃない、大人のデザートという感じです。
これにコーヒーもしくは、エスプレッソもしくは、紅茶が選べます。

カウンターからオープンキッチンで、シェフが料理を作っている姿がみられます。
実に手際よく、料理を作られます。正にライブを観るような感覚です。
これだけ食べて、この値段は安い。コストパフォーマンスもいいですね。
サービスも、とてもいいです。

ただ、残念なのは禁煙じゃないという事。
狭い店なので、タバコを吸う人がいたら、逃げ場ないというところ。
出来れば食事はいい空気で食べたいね。

名店の後に入ったお店は、やはり名店だった。

でんちゃん「イタリアン……。うまそ。禁煙じゃないのが残念ですね」
でんでん「あうあう。全くですな。   
     でも、是非、また、というか毎月でも通いたいお店ですね」
でんちゃん「でんちゃんも一緒に行きたいあるよ」

|

« 3月です。 | トップページ | 祝一周年 »

グルメイタリア料理」カテゴリの記事

大阪市」カテゴリの記事

コメント

まだ行ったことないですcatface
凝った感じで美味しそうですねhappy01

美味しいソースは、パンで~ぬぐって最後まで食べちゃいますよねぇlovely
パンは、どんなのですか?
意外とパンまで~とっても美味しいお店少ないんですよねbread

投稿: ペグティ | 2008年3月 2日 (日) 22時04分

ペグティさんこんばんは。
ここの料理はアドリブで作ってくれます。
盛り付けも味も凝っているので、超おすすめですね。
パンは、自家製のフォカッチャだけど、まあまあですね。
確かに意外とパンまでおいしいところって、少ないかも。
ポンテベッキオなんかは、自家製でおいしいですよ。

投稿: でんでん | 2008年3月 3日 (月) 15時40分

素敵なレストランですね
美味しそうです、

投稿: ryuji_s1 | 2008年3月20日 (木) 11時43分

ryujiさん書き込みありがとうございます。
ここはイタリアンで大阪一じゃないんでしょうか、
というくらい美味いです。
是非、おすすめ。

投稿: でんでん | 2008年3月26日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490312/10876917

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・バッロッタ:

« 3月です。 | トップページ | 祝一周年 »