« 吹田慈姑の植えつけ | トップページ | でんちゃんニュース速報〜其の五〜 »

ラ・クロッシュシェフズルーム

でんでんとかのんが、北浜にある「ラ・クロッシュシェフズルーム」へいってきたようだ。
今日で、式をあげて一周年だそうです。

北浜といえば、大阪金融の中心街です。

Photo
↑北浜のランドマーク証券取引所です。

北浜の駅から歩く事、数分。
ちょっと、分かりにくい場所にあるそうです。
白を基調にした素敵な外観なレストランだそうです。

P5282432
↑とても素敵な外観のレストランです。

本日二人がオーダーしたのは、「ムニュ ラ・リーブ」。
食前のお楽しみ、前菜、お魚料理、お口直し、お肉料理、デセール、
飲み物がついたコースです。
前菜とお肉料理はいくつかの中から選べるそうです。

まずは食前のお楽しみ。
じゃがいも、インカの目覚めを使ったスープです。
じゃがいもとミルクの風味が、とてもいいとのこと。
シンプルですが、味わい深いでとのことです。

Photo_2
↑食前のお楽しみ。

前菜は、でんでんは、丹波産仔鹿のソーセージ仕立てサラダ添えをチョイス。
なんと、ソースは、リンゴを使った甘いソースを使っているとの事です。
鹿肉はちょっと、クセがあるけど、リンゴソースと合わせる事によって、
さわやかな味わいになるとの事。
繊細な料理ですと、絶賛していました。

かのんのは、巾着型に包まれたサーモンの中にいっぱい夏野菜が詰まっているとの事。
ソースはアボガドのソースですよ。

Photo_3
↑でんでんチョイスの仔鹿のソーセージ仕立て

かのんはサーモンを巾着型に結んだ、マリネ。
P5282409
↑添えられているトマトはマイクロトマトだそうです。

お魚料理は、チヌです。
クロダイのポアレ。
外皮はパリパリに焼かれて、身はふわっと仕上がっているそうです。
美味しそうですね。

Photo_4
↑チヌのポアレ。

この後、お口直しにすだちのシャーベットがでたそうです。
すだちはうどんかけるものと、思っていたでんでんにとっては、驚きの一品です。
これがなかなかさわやかで美味いとの事です。

Photo_5
↑すだちのシャーベット。

でんでんがフランス産バルバリー鴨のエギュイット。
鴨肉の風味が何ともいえずいいですとのこと。

かのんは、米沢豚バラ肉のギネスビール煮込み。
ギネスの黒ビールでことこと煮立てた、豚肉です。
とても柔らかく、少し苦味の中に甘味がある味ですとのこと。

Photo_6
↑鴨料理です。


P5282424
↑豚肉です。

最後はデザートとハーブティを愉しみました。

ブランマンジェと、カシスのアイス、カカオと抹茶のアイス、アーモンドのケーキ、
特にブランマンジェが絶品とのこと。
カカオと抹茶のアイスが甘さの中にさわやかさのある、味でしたのことです。

Photo_7
↑豪華なデザートです。


P5282428
↑ハーブティー。でんでんは、カモミィール、 
 かのんは、レモングラスです。

これだけ愉しんで、一人4000円ちょっと。
コストパフォーマンスかがかなりいいですね。

料理も大変美味しく、大満足でしたとの事。
久しぶりに大当たりのお店でした。

帰りに御堂筋を歩いていたら、こんな変な象を見つけたとの事。

Photo_8
↑怪しいですね。なんざんしょ。

随分と充実した一日だったそうです。
今度はでんちゃんもつれていってね。

|

« 吹田慈姑の植えつけ | トップページ | でんちゃんニュース速報〜其の五〜 »

大阪市」カテゴリの記事

グルメフランス料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・クロッシュシェフズルーム:

« 吹田慈姑の植えつけ | トップページ | でんちゃんニュース速報〜其の五〜 »