« でんちゃんからのお知らせ8月号 | トップページ | お墓参り »

ガスビル食堂に行ったよ

でんでんとかのんは、大阪ガスのビルにある「ガスビル食堂」にいったようだ。
御堂筋を歩いていると、あやしい像がいっぱい建っています。

1
↑なんだか近未来的なイメージです。
2
↑躍動感あふれています。
3
↑とてもぁゃιぃです。

さて、ガスビル食堂ですが、こちらの創業はなんと、昭和8年というから、第二次世界大戦前。
満州事変が起こった翌々年にオープンです。
日本人というのは、戦前から、レストランに行ったり、映画を見たり、喫茶店に行ったりと、
モダンな生活を送っていたんですね〜。
関西でそんなモダンの最先端を行っていたのが、「大阪ガスビル」で、そのメインダイニングが、
「ガスビル食堂」です。
ちょうどカレーフェアというのが行われていたそうなので、華麗にカレーコースを食べたそうだ。

まずは、「セロリ」が丸ごと1本出てきます。
P8073038
↑見事なセロリです。長野県からやってきたそうです。
生のセロリを提供する事は、創業当時から続く名物だそうだ。
当時の大阪ガス会長であった、片岡直方氏は本物の西洋料理には、セロリが欠かせないとして、
種子をカリフォルニアから取り寄せて、自家栽培していたそうだ。
セロリは生で塩をかけてシンプルにいただくそうです。
セロリのシャキシャキした食感と、セロリ独自の風味の中にも、甘さがあるのがいいとのこと。

次にポタージュスープが出てきます。
P8073041
↑シンプルなポタージュスープですね。
ある意味、シンプルスタンダートなスープです。
クリーミーで口当たりがいいです、とのこと。

飲み物は、ジンジャーエールにザクロが入ったノンアルコールのカクテル、「シャーリーテンプル」
をオーダー。
爽やかな飲み口のカクテルだそう。
P8073036
↑シャーリーテンプル。奇麗な色ですね。

さていよいよと今回のメインメニューのカリーです。
今回はナンでいただいたそう。
でんでんは、キーマと、海老のカレー。
かのんは、ビーフと、夏野菜カレーをオーダー。
P8073044
↑オシャレな器に入れられてきます。
P8073042
↑パンに近い食感のナンです。

でんでんのキーマカレーと、かのんの夏野菜カレーはスパイシーで、食べてると血行が良くなり汗が出ます。
海老カレーと、ビーフは少し甘めで、なめらかな食感が特徴です。
どちらも具がゴロゴロと入っていて、食べ応へ十分。
付け合わせの、らっきょうがちょっと甘めでクセがなく美味しいそうです。
大変美味しゅうございましたとの事です。
また、カレーと一緒にシーザーサラダもいただきました。
P8073046
↑新鮮な野菜のサラダです。

デザートは、最近出回り始めた巨峰を使ったデザートです。
P8073048
↑デザートの巨峰のゼリー。

巨峰の果汁のゼリーと、果肉と、フランボワーズ、ブルーベリーだけというシンプルな物ですが、
素材の美味さがそのまま生かされていて、ほのかな酸味と、ブドウの甘さ、渋さが残っていて、
大変美味だったそう。
お腹もいっぱいになって、非常に満足のランチだったそう。
でんちゃんも行ってみたいな〜、ガスビルに。

 

|

« でんちゃんからのお知らせ8月号 | トップページ | お墓参り »

大阪市」カテゴリの記事

グルメカレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガスビル食堂に行ったよ:

« でんちゃんからのお知らせ8月号 | トップページ | お墓参り »