« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

グルメオフ会に行ったよ〜其の二〜

さて、続きあるよ。
アスパラガスを堪能した後は、炭火で焼いた野菜。
Photo
↑とうもろこし、マツタケ、エリンギを炭で焼いていきます。
   味付けは塩のみです。
Photo_5
↑山下シェフが一生懸命野菜を焼いています。
特にとうもろこしが甘くて美味しかったとの事。
塩をかけると、さらに甘味がまします。
シェフも話していたらしいんですが、特にとうもろこしは年々品種改良がすすんでいるので、
毎年毎年甘くなっていきますね〜っとの事。
豪快にかぶりついて食べるのが一番よろしいあるよ。
それに秋の味覚といえばマツタケですね〜。
マツタケもシンプルに炭火でいただいたそう。いいなあ。(-_-)

次はみんな大好きお肉の時間です。
今回のお肉は羊さんのお肉です。
Photo_2
↑こんな固まりで持ってきてくださいました。(((((((;゜Д゜)))))))ガクガクブルブル 
なんと、お肉のかたまりです。
これを切り分けました。
Photo_3
↑これにバジルのソースをつけて食べます。
レア気味なので、羊の臭みとクセが苦手な人は、赤ワインとともに、もっと焼きを入れたい人は、
焼き肉みたいに炭であぶっていましたとさ。
炭火でちょっとあぶった方が、香ばしさも出て美味しいですよ、とのこと。
バジルのソースとの相性が抜群だそうだ。
さて、最後もお魚料理です。
ちょっと、レアな食材。マトダイとアカダイです。
Photo_4
↑ちょっと、ひょうきんな顔をしたお魚ですね。
味は白身で、クセのない感じだそう。
これに贅沢にも、クリームソースで煮込んだ、からす貝と、アサリをかけます。
Photo_6
↑からす貝と、アサリのクリームソース煮です。
このまま、スープとしていただいても美味しいでしょうね。
お魚を切り分けていただき、このクリームスープをかけます。
これをお魚にかけると、魚介の出汁がよく出た、スープと混じり合い、
さらにコクと味わいが深くなります。
そして最後にフルーツ盛り合わせと、珈琲が出ます。
P9283532
↑フルーツ盛り合わせです。
Photo_7
↑珈琲もあるでよ。

こんな屋外で本格的なフランス料理を食べられていいでなあ。
さすがに周りからの注目度も、抜群で周りでバーベキューをしている人が何事かと、
いう感じで見られていたとの事。
なんか、セレブなパーティみたいな感じでいいあるなあ。
今度はでんちゃんも連れて行くあるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルメオフ会にいったよ。

でんでんとかのんが、グルメオフ会に行ったようだ。
場所は大阪北港の舞洲スポーツアイランドのなかの、オートキャンプ場。
Photo
↑舞洲には、こんな税金の無駄遣いの建物があります。

周りは工業地帯のこんな中に、お店があるというわけではなく、
今回はなんと、野外でフレンチをいただいたそう。
料理を提供していただいたのは、肥後橋のフレンチレストラン「サトゥール」の山下シェフ。
このオフ会の為に、お店を休業してきたとか。
本当にありがたい話ですじゃ。

オートキャンプ場に椅子とテーブルを用意して、机にはちゃんと、テーブルクロス。
P9283531
↑こんな感じで食事をしました。途中で雨が降ったので、こうやって、屋根をつけてもらいました。
 かなり目立っていたので、周りからの注目度も抜群です。

お料理は、シェフがお店である程度仕上げたものを炭火で、その場で仕上げてだしてもらうスタイルです。
まずは、オードブルです。
Photo_2
Photo_3
↑前菜は、カツオのたたきのサワークリームと、鱧のベリーソース、サンマのカルパッチョ風味です。

鱧にかかっているのは、梅肉?っと思って食べると、酸味と少しの甘味のあるベリーのソースです。
確かにフレンチで、梅肉は出さないですね〜、意外な取り合わせにでんちゃんもびっくりです。
しかし、これがとても鱧にあっているとの事。
また、カツオのたたきも肉厚で、サワークリームとの相性抜群ですよと、でんでんがいっていました。
前菜から、かなりのパンチが効いたものが出てきましたとの事。
また、パンは靫公園にある名店、「タケウチ」のもの。
ここのパンってすご〜い(゚д゚)ウマーなそうなんだ。

さて、次は、なんと姿のままでてきた立派なスズキです。
Photo_4
↑かなり大きな立派なスズキです。
そのまま、万願寺唐辛子などの野菜とともにローストされています。
こちらのシェフはお魚料理が得意との事。
なんとも豪快な料理ですね。
味付けは塩胡椒のみなんでしょうか?
余計な味付けのない、スズキの美味しさを素直に味わえる料理だったとの事。
でんちゃんもお魚が好きなので、食べたかったです。

次はアスパラガスです。
アスパラガスは、オーストラリアのもので、かなり大きめです。
Photo_5
↑アスパラガスと、帆立貝のクリームソースと共にいただきます。
アスパラガスは、塩で味付けしただけとのこと。
しかし、このまま食べてもこりこりとした食感の甘味のある、アスパラガスだそうです。
これを帆立貝のクリームと合わせると、絶品との事。
帆立貝も甘味があり、噛めば噛むほど味がでる。

でんちゃんも食べたいなあ。
料理はまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でんでんとかのんが最近食べたスイーツ

でんちゃんです。
最近は朝晩が涼しいを通り越して、寒くなってきましたね。
でんちゃんは毛皮をきているので、丁度いい感じの気候ですね。
Photo_2

さて、でんでんとかのんが飼い犬に内緒で色々なスイーツを食べているという事が発覚しました。
けしからん話です。
まず、豊中の名店「エフラット」のロールケーキです。
P9193422
↑柔らかいので、こんな感じで梱包されています。
P9193423
↑こんなロールケーキです。
かの「堂島ロール」と並び称されるケーキですが、お味の方はどうだったのでしょうか?
生地が柔らかくふわふわ。玉子の黄身の味がするとの事。
堂島ロールは薄い生地にたっぷりクリームというケーキですが、エフラットのロールケーキは、
たっぷり生地に少しのクリームという正反対のケーキ。
堂島ロールはあまり食べるとくどいけど、エフラットの方は、生地が多く食べ飽きない味です。
でんでんもかのんもこちらの方が好きだといっていました。

次は、テレビチャンピオンのチャンピオンで有名な、三田の「エス・コヤマ」のバームクーヘンです。
かのんが阪急百貨店のメールマガジンからお取り寄せしました。
P9073336
↑玉子にこだわりのある、バームクーヘンです。
見た目はしっかりとしていますが、食感はしっとり、玉子のうまみと、甘過ぎない丁度いい感じの甘さが絶妙。
今まで食べたバームクーヘンの中では、最も美味しいとでんでんが絶賛していました。

でんでんとかのんは美味しい物食べているなあ。
でんちゃんにもお裾分けしてね。(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹田慈姑を広める会

でんちゃんです。
Photo
↑誰か私の噂をしているのか、くしゃみが出てきます。

P9213442
↑吹田市内の会館で行われました。

さて、でんでんとかのんが、吹田ブランド創出研究会に参加しました。
これは、吹田ブランドとは、市の知名度の向上、製品の競争力強化と、
地域経済の活性をはかる事が目的だそうです。
その一環で、吹田くわいを吹田を代表する京野菜のような、ブランド野菜にしようという運動です。

参加者は、吹田慈姑保存会、吹田慈姑の生産者、大学生から、関西大学、大阪学院大学の教授や関係者、
吹田高校の先生、地元吹田で和菓子店を営まれている「象屋」さんや、
吹田で今や名店の仲間入りのパン屋さん「ミル・ヴィラージュ」のシェフ、
毛馬きゅうり復活運動推進委員会、天王寺蕪の会の方、青年会議所のメンバー、何だかすごい人ばかり。
というでんでんも昔は漬物職人で、なにわの伝統野菜である、天王寺蕪や、毛馬きゅうり、田辺大根、
また、なにわブランド野菜である、水茄子などのお漬物を前職でせせっと、つくっていましたとさ。
なので、野菜に対する関心とか知識は少しはあるようですね。

かのんは、レポータの他、研究員としての活躍をしていたり、頑張っているあるよ。
微力ながら二人とも力になれると思うよ〜。ヽ( ´ ▽ )ノ

P9213444
↑吹田くわい保存会の北村会長も来られていましたよ。

さて、この会では、吹田くわいを皆さんに知ってもらい、食べていただき、将来的には量産し、
吹田を代表する食べ物にしたいとの事です。
例えばでんちゃんの住んでいる柏原市は、ぶどうで有名ですが、ただ、柏原市というだけでは、
奈良の橿原市?と、間違われる事があります。
ですが、ぶどうやワイン特産地の柏原市というと、ああ、っと、大勢の人が納得してくれます。
それと同じように、吹田といえば、くわいといってもらえるように、でんちゃんも柏原の地から、
微力ながら応援するあるよ。
また、年末には大きなイベントを企画されているようです。
でんちゃんも参加したいなあ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しいコロッケ

でんちゃんです。
Photo
秋ですね。
秋といえば、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋ですが、皆さんの秋はどんな秋でしょうか?
ちなみに私は、食欲とお散歩の秋です。
↑飼い主注*君は年中そうやがな。
さて、我が飼い主達も食欲の秋のようだ。

でんでんが、豊中市の庄内にコロッケを買いに行ったようだ。
庄内といえば、「豊南市場」があるところで有名。
でんでんの自宅からもそう遠くはないそうだ。
その豊南市場の前にあるお肉屋さん、「サルーンふじ」で販売されているコロッケ。
こちらは何度となく、マスコミに取り上げられていたので、知っている人も多いと思う。
ここは老舗のお肉屋さんのようで、結構年季が入った店構えだそうだ。
お店の前で揚物を売っていて、コロッケの他に、メンチカツや、海老フライなども売っているとの事。
コロッケは一個70円というリーズナブルな価格。
早速家で食べたそうだ。
Photo_2
↑美味しそうなコロッケですね。

家に帰る頃にはすっかりと冷えてしまったようですが、しかし、このコロッケは冷えても美味いそうだ。
外はさくさくの衣で、中はしっかりとした味付けがされている、じゃがいもとタマネギと、ちょこっと入っている、
和牛の美味さがしみ出ていますとの事。
冷えてもこれだけ美味しいのだから、揚げたてはもっと美味いんでしょうね。
今度でんちゃん宅へ来るときは、コロッケお土産に買ってこいよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つちやさんにいったよ〜お食事編〜

さて、天麩羅を食べ終えたでんでんとかのんは、次の料理は酢の物です。
これは天麩羅の後にあっさりとしたものを味わっていただきたいという思いで、
出されています。
Photo_2
↑剣先烏賊と、若布、無花果と、生姜を使った酢の物です。
酢はマイルドに出汁でわっているので、そんなにきつくはありません。
酢が苦手なでんでんも出汁を飲み干したほどです。
烏賊がこれまた、新鮮で甘くて、噛めば噛むほど味がでます。
無花果を合わせてくるところは、秋らしくていいですね。
食事。
Photo_3
↑やっぱり日本人はご飯ですね〜。
これに赤だしと、香の物、ちりめんじゃこの有馬煮がつきます。
ちなみにこちらで出されているお米は、鮒を田に放ち、育てているお米だそうです。
鮒が害虫を食べるので、無農薬で栽培が出来るという事です。
鮒、なかなかやるね〜。
でんでん「でんちゃんも見習えよ」
Dscf0001
↑そして最後は、デザート。
デザートはヨーグルトゼリーに、黄金桃のコンポートにアプリコットソースをかけたもの。
ちょっと、洋風な感じですね。
これでお食事は終わり。
料理長との楽しい会話と、鮮やかな料理の数々。
これだけ味わえて、2800円とは大変お得じゃないでしょうか?
それに、食材も産地にこだわり、食器や、見せ方もとことんこだわった、お店です。
皆さんも是非、行ってみるワン。

でんちゃん「でんでんとかのんだけこんな豪華な食事をしてずるいワン。
               こんどはでんちゃんもつれていってね。」
でんでん「でんちゃんは犬なので、入れません。残念」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つちやさんにいったよ〜天麩羅編〜

続きです。
さて、次は天麩羅ですよ。
まずは、とうもろこしの天麩羅です。
Photo_2
↑北海道産とうもろこしの天麩羅です。
これは包丁で身をそいで、それを平たくしてあげています。
丁寧な仕事をしていますね。
とても、甘くて、ほくほくとのこと。
熱を通す事によりさらに甘味をましたとうもろこしは絶品との事。
そのまま食べても美味しいですが、お塩を少し付けるとさらに甘味が感じられ、
味わい深いとの事です。
ちなみにお塩は、沖縄宮古島の塩、瀬戸内海の塩、モンゴルの岩塩と出していただけます。
後、ポン酢もありますので、お好みでという事です。
ちなみにでんでんはきめの細かいマイルドな味の宮古島の塩がお気に入りだそうです。
Photo_3
↑さらに次は明石でとれたきすの天麩羅です。
これはあみで捕ったきすではなく、釣り上げたきすだそうです。
大きく立派なきすのため、開いてあげているそうです。
ちなみに小さなきすの場合は、いったん開いて中を掃除てから、また閉じてあげるそうです。
そうして方が、食べたときにしっかりとした食感があるからだそうです。
Photo
↑淡路産鱧の天麩羅です。骨切りもしっかりしているので、骨が当たる事がありません。
湯引きでのぷりぷりとした食感の鱧もいいですが、天麩羅で揚げたほくほくとした鱧も絶品ですね〜っと、
でんでんがのたまっていました。
これも塩をつけて食べると美味しいよ〜っと、いっていました。
Photo_4
↑次はアスパラガスです。
こうやってお魚と野菜など、交互に出していただけるので、飽きずに食べられるのがいいですね。
アスパラガスは一本を三等分にして、置き方がおしゃれですね。
熱を通す事によって、アスパラガスの甘味がまし、さらに美味しくなります。
これもそのまま食べるか、少し塩をつけてどうぞとの事。
Photo_5
↑レアにあげられた帆立貝柱です。
これは本来はお刺し身でも食べられる程新鮮なホタテの為、あまり揚げ過ぎずに外だけ熱が通り、
中身は生です。絶妙な揚げ具合ですね〜。見事!!
これもそのまま食べても美味しいけど、お塩を少し付けると甘味がますよとの事。
Photo_6
↑出雲産の椎茸。椎茸って思うかもしれないけど、出雲産の椎茸は、笠が肉厚で、
香りもいいとの事です。一度食べると椎茸の概念が変わりますとの事。
Photo_7
↑子鯛のゆかりあげ子鯛のお腹の部分に柔らかい身を、シソの葉に包んであげています。
これは塩よりもポン酢があいますとの事。
Photo_8
↑あまり一般にはなじみのない魚、マゴチの天麩羅です。
コチは堤防などで海釣りをする人にはおなじみの魚ですね。
平べったいちょっと、不細工な顔をしたお魚ですが、味は絶品です。
渋いところを出してきますね〜っと、でんでん。
Photo
↑そして、最後に丸十。これは薩摩藩の家紋と、サツマイモを揚げるときに十字の切り込みを入れる事から、
それが薩摩藩の家門に似ているという事から、来ていそうです。
徳島産の大変糖度の高い、鳴門金時です。
これもそのままでも十分いけますが、やはり塩をちょっとつけると、さらに甘味がまして美味しいですとの事。
でんちゃんも話を聞いていると、涎が止まんないあるよ。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つちやさんにいったよ

でんちゃんです。
残暑が厳しいですね。
もう少しすれば、涼しくなりそうですので、皆さん体調などを崩さずに参りましょう。

Photo
↑夏はぐっすりと睡眠をとる事も大事です。

さて、でんでんとかのんが江坂にまだオープンしてまもない、「つちや」さんへ行ってきたようだ。
こちらは天麩羅を中心とした、割烹というスタイルのお店だそうです。
古民家をイメージした、建物は中に入ると、Barかと見間違う空間。
カウンターメインのこちらのお店は、カウンター10席、お座敷4席程度のお店の面積としては、
席数が少なく、その分、広々と空間がとられたゆったりとしたお店だそうだ。
これは、オーナ料理長の土阪さんがゆったりとした、非日常な空間のお店を造りたいという願いで、
お店を造るときは、店内をすべてフル改装したらしいです。
でんでんいわく、しゃんと背筋が伸びるような空間だという事。

さて、まずは「先付」です。
Photo_2
↑これは、カマスの生寿司と、赤いのが近江蒟蒻、大幸茄子、を加減酢に浸けたもの。
上に乗っているのは、生春巻きをパリパリに揚げて、刻んだもの。
見た目も鮮やかな、さっぱりとした味のさわやかな逸品だそうです。
柔らかい茄子、しっかりとした生寿司、蒟蒻のぷるぷる感に、生春巻きの皮のぱりぱりという食感が、
アクセントになっているそうです。

八寸です。
1
↑まずは箱に入れられてこんな形ででます。
上に乗っているのは、柿の葉と、紅葉です。
秋らしくていいですね。

さて、葉をよかすとこんな感じの盛りつけになっています。
Photo_3
↑左下から、胡麻和え、幸水梨と栗麩、芝海老、カシューナッツが入っています。
ごまだれに梨を合わせるのは意外な組み合わせですが、これが以外にあうという事です。
左上、田舎湯葉の山葵じょうゆです。
普通の湯葉よりもしっかりとした食感が味わえますとの事。
右上、鱧子玉、本榎木、木の芽。鱧子玉のプチプチとした食感が非常によいとの事。
で、右下が、スモークサーモンの湯玉包み鬼灯見立てです。
最初、柿の実か何かと思ったそうですが、食べてみると、スモークサーモンの風味がぶわっと、
口の中に広がるので、驚いたとの事です。

八寸までで、これだけ手が込んでいて、しかも材料も料理長自身が仕入れ、
厳選されているとの事。
殆どが国産で産地もしっかりと言えるとの事です。すごいですね〜。
でんでん曰く、料理長のこだわりには脱帽、と料理に対する並々ならぬ熱意を感じましたとの事。

で、次はお待ちかねの天麩羅です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

柏原市のぶどう狩りイベント其の二

さて、ぶどう狩りイベントの続きです。
ぶどう狩りを終えたでんでん一行は、今度はイベント会場の方へ行きました。
イベント会場では、ブドウの皮飛ばし大会や染色体験、勾玉つくりなどの楽しいイベントが、
開催されていました。
2
↑染色体験です。子供たちでイパーイです。
Photo_3
↑布をこんな感じで染められます。色とりどりですね〜。
SUTVの市民レポータのお二人も楽しんでいたようです。
Photo_5
↑柏原市の特産品も売っていましたよ。柏原ワインです。
Photo_4
↑柏原市の市長さんもご挨拶されていました。
また、抽選会もあり、でんでんとかのんは、なんと、ぶどうがあたったそうです。
ベリーエーです。肉厚でとてもおいしいぶどうですね。
Photo_6
↑これがあたりました。

またお土産にワインもかったそう。
お料理なんかに使うそうですよ。
Photo_8
↑世にも珍しい柏原ワインです。

様々なイベントがあり、とても楽しいイベントだったとの事。
でんちゃんもいきたかったな〜。

さて、イベントが終わった後に、でんでんとかのんがでんちゃん宅にきました。
ここで、なんと、でんちゃんにと、「ル・シュクレクール」のパンを差し入れてくれました。
おそらく柏原市犬で初めてシュクレのパンを食べた犬になったと思います。
でんでんとかのんがいう通り、とても(°д°)ウマーなパンで、感激です。
思わず(°д°)ウマー(°д°)ウマー(°д°)ウマー(°д°)ウマーを連発してしまいました。
その後、かのんと大和川に散歩に行ったよ。
Photo_7
↑かのんと散歩中です。

でんちゃんも楽しかったワン。
今度は10月4日に花火があるので、みんな見に来るアルヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏原の葡萄狩りイベント

でんちゃんの住む柏原市は、今年で市制50周年を迎えます。
そんな50周年を記念して、今年大々的に開催されたのが、
「ふるさと柏原ぶどう狩りツアー」というイベントです。
そんなわけで、柏原市の市犬レポーターであるでんちゃんが、
そのイベントの模様をお送りします。

今回わざわざ吹田から、でんでんとその嫁のかのんと、
かのんのSUTV市民レポーター仲間の村崎さんと岡本さんが、来てくれました。
遠いところ、乙って感じですね。

P9063303
↑今回参加してくれた、SUTV市民レポーターの岡本さんと、村崎さんです。
 村崎さんは「ウィークリー吹田」にも出演されましたよ。
P9063282
↑普段は柏原市内を循環するバスとして利用されていますが、
   今回はイベント会場まで送迎するバスとして大活躍です。
さて、イベント会場で受け付けをすませると、ぶどう畑にいきます。
なんと、フルオープンカーで送迎していただけたそう。
P9063287
↑フルオープンカーこと、トラックの荷台に乗って送迎してくれます。
なかなかスリルがあっていいとの事。
P9063284
↑SUTVの市民レポータの岡本さんいわく、風がすがすがしくって気持ちがいいそうです。
Photo
↑ぶどう畑はこんな緑あふれる場所にあります。
P9063318
↑ぶどう畑の外観です。
P9063289
↑ベリーAという品種のぶどうです。
このぶどうは肉厚で、歯ごたえがあり、種もなく食べやすい。
また、果汁がじゅわっと溢れて甘くて大変美味だそうです。
Photo_2
↑ハサミと皮入れを貸してくれます。
P9063290
↑足下が悪くて、滑りやすいので注意との事です。
P9063292
↑今回来てくださった、SUTVの市民レポータのお二人も愉しんでいただけて、何よりという感じですね。
さて、ぶどうなんですが、これまた、一房食べると、結構お腹がいっぱいになるそうです。
ぶどうはみかけよりもお腹に溜まると、でんでんがいっておりました。
一房くらいしか食べられなかったそうです。

さて、ぶどう狩りを終えると、イベント会場へまたフルオープンカーで移動したそうだ。
当日は天気も良く、風がすがすがしくって、いい感じだったそうだ。
イベント会場では様々なイベントが行われていたそうです。
次回へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »