« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

シロデラブルのクリスマスケーキ

でんちゃんのお友達わんちゃんです。
Photo
でんちゃんと同じドックフードアナリストです。
いつもでんちゃには、悪の秘密結社キャットフードアナリストから守ってもらっています。
今日は、多忙なでんちゃんに変わって、今回ブログを担当します。
宜しくお願いします。

今回は、クリスマスケーキの話です。
かのんが応援している江坂の「シロデラブル」という、ケーキ屋さんのクリスマスケーキのお話です。
オープンして、約半年で今回は初めてのクリスマスとなります。
今回は、看板メニューのメープルシロップのケーキはないそうです。
チラシを見る限り割とスタンダードなメニューで勝負されるそうです。
あの阪急の名店、「五感」仕込みのケーキなので、期待は出来ますね〜。
でんちゃんが差し入れしてくれないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーグル

ねこちゃんです。
Photo
↑でんちゃん先輩のマフラーをかりたのですが、大きいですね。
最近、でんでんが柏原へ来たときによく買っている食べ物があります。
それは、ベーグルです。
Photo_2
↑ドーナツみたいですね。
柏原駅前にある、スーパー「サンプラザ」の前で販売されています。
「SYSOUER BAGEL」さんというお店です。
ベーグルと一緒に、朝どりの新鮮お野菜などの販売もされています。
ベーグルは、チョコレート、ブルーベリー等が入ったデザート系から、チーズやトマト等が入ったものなど多彩。
ベーグルはパンと違って途中でゆでるという工程を経ている為、とてもモチモチして歯ごたえがいいそうです。
とても、美味しいので、かのんのお土産にしても喜ばれたそうです。
今度は、猫ちゃんにもわけてね〜。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレヌーボーの解禁日

ねこちゃんです。
Photo
本日は、ボンゴレヌーボーの解禁日でした。(でんでん注:ボジョレヌーボーの間違いです)
本日は、でんちゃん先輩と、そのことで持ちきりでした。
でも、ねこちゃんはまだ未成年なので、お酒を飲み事が出来ません。
残念です〜。(でんでん注:でんちゃんもお犬なのでお酒を飲み事は出来ません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブノワにいったよ〜其の二〜

でんちゃんです。
Dscf0003

前回は、ぬこちゃんにグルメレポートを担当してもらいました。
今回は、でんちゃんが担当します。
まずは、前菜です。
でんでんは、「牛肉と香味野菜の冷製・ポトフのゼリー寄せ。
Photo_2
↑ポトフを固めています。イメージ的には煮こごりな感じですね。
かのんは、「農家の野菜とフルーツのサラダ」をオーダー。
Pb113896
↑この通りボール一杯に出てきます。すごい迫力ですね〜。
ポトフは、イメージ的には煮こごりな感じで、ちょっと、和風な味わいだそうです。
サラダは、すべて国産の野菜と、フルーツで、ドレッシングの酸味がやや濃いかな?
という感じだったそう。
Pb113898_2
↑パンは肥後橋の「タカギ」のパンです。
香ばしい香りの良い、パンで、でんでんは4つ、かのんは5つも食べたそうです。
かのん食べ過ぎたよ〜。
さて、メインは、かのんは「日高沖でとれたサーモン銀聖のグリル ソースベアルネーーズ」。
Pb113903
↑サーモンです。香ばしく焼いてあります。隣はマスタード。
Pb113904
↑マッシュポテトをソースのようにかけて食べます。
なんとも、ビストロポイカジュアルな料理ですね。
付け合わせのマッシュポテトがきめ細かくて、なめらかですとの事。
これとサーモンの相性が抜群。
ボリュームも満点だそうですよ。
でんでんは、「宮崎産豚ロースのプレゼ 人参 九条葱」。
Pb113902
↑このようにルクルーゼのお鍋に入れられて登場。
Pb113907
↑このように綺麗にお皿に盛りつけてくれます。
豚肉がとても香ばしくて、それに肉がとても柔らかい。
人参は甘く、九条葱がアクセントになっていて、飽きのこない味になっているとの事。
また、どちらの料理も、テーブルに運ばれてきてからも、一工夫があったりして、
演出的にもこっていますね〜。
どちらもとても美味だったとの事。
食後は、ショコラと飲み物です。
でんでんは珈琲、かのんはハーブティーです。
Photo_3
これで二人で食べて、お水を頼んで、7000円ちょっとなので、ビストロというジャンルを考えると、
若干高いような気もしますが、この雰囲気とサービスと、展望を考えれば妥当なお値段じゃないでしょうか?
また、いきたいなあ、でんでんもかのんも大満足でした。
ただ、予約を取るのが大変なんだな〜っと、でんでんがもうしておりました。
でんちゃんも行きたいなあ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブノワにいったよ

ぬこちゃんです。
でんちゃん先輩から、今回初めてのグルメレポートを仰せ使いました。
頑張るニャー!!
2

でんでんとかのんがあの、アラン・シャペルプロデュースの関西初出店となる、

LE COMPTOIR de BENOIT」へいったようだ。

西梅田の新スポット、「ブリーゼ・ブリーゼ」の最上階33階にあるビストロだ。

オープン当初よりすごい人気で、今現在予約をとるのも大変なほど、

賑わっているそうだ。

Pb113888

↑なかなか荘厳な入り口ですね。

Pb113925

↑店内こんなカジュアルな感じです。

Pb113920

↑店内からは、大阪の景色が展望できます。

真っ正面の淀川の花火もよく見えるでしょうね〜。

さて、今回はお昼のコースで、前菜1+メイン1+珈琲等のお飲物か、

前菜の代わりにデザートがつくコース2600円をオーダー。

でんでんかのんは、デザートは頼まずに、前菜を付けていただきました。

まず、お食事前にこんなのが出てきます。

Pb113893

かりかりのパンにあさつき、木の実のオイル等が入った、

サワーチーズをたっぷりと付けて食べます。

ぱりぱりと香ばしいパン、(肥後橋のブーランジェタカギのパンだそうです)

に爽やかな少し酸味のある、サワーチーズが爽やかな味わいとのこと。

まずは、スナック感覚でばりばりといただける一品だそうです。

でんでんとかのんは、お酒が飲めないので、お水を頼みました。 Pb113894

↑ガス入りのミネラルウォーターです。

軽い飲み口で、お食事とも合わせやすいとの事です。

お食事前にこんなのが出てくると、否が応でも、お食事に対する期待が高まりますね。
さて、次回はいよいよお食事のご紹介ですよ。
お楽しみに〜。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにわの伝統野菜イベント〜其の三〜

でんちゃんです。
Photo
↑お散歩に行く前に、はしゃいでいます。
前回は、宿敵キャットフードアナリストとの戦いや、パトロールがてらのお散歩が忙しく、
代理のぬこさんに手伝ってもらいました。
ありがとうぬこさん。
と、いうわけで、なにわの伝統野菜イベントのお話です。

大阪に住んでいる人でも意外に知らないんじゃないかと思うけど、大阪には地場の伝統野菜という物があります。
代表的な物としては、勝間南京、天王寺蕪、金時人参、毛馬胡瓜、金時人参、玉造黒門瓜、大阪しろな等。
以外に大阪の地場の野菜というのは多いですね。
そんな中で、今回のイベントでクローズアップされていたのが、勝間南京と、天王寺蕪、田辺大根です。
天王寺蕪はでんでんも漬け物屋さんで働いていた頃、漬け物として製造していたそうです。
ちなみにこの天王寺蕪というのが、野沢菜の原型というのを知っている人は少ないんじゃないかな?
元々、長野県で、天王寺蕪として栽培した物が、土や気候の関係で、野沢菜になってしまったという、
嘘のような本当の話がある。
ちなみに今では、天王寺蕪は、河南町や松原等で一部つくられているだけのようだ。
出来る地域の土によって、葉が発達したり、頭の部分が発達したりと、まちまちのようだ。
Pb023785
↑これが天王寺蕪です。
今回のイベントでは、天王寺蕪を使ったシチューが100円で食べられたそうだ。
とてもクリーミーで蕪の頭もゴロゴロと入っている。
意外にシチューとの相性は抜群だったそうだ。
Pb023780
↑天王寺蕪のシチューです。
でんちゃんも一度食べてみたい物である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにわの伝統野菜のイベント〜其の二〜

みなさんはじめまして。
Photo
でんちゃんがお散歩で忙しいので、代理を務めさせていただきます。
ねこちゃんです。
キャットフードコーディネーター、野草マイスターの資格を持ち、
マタタビを広める会の会員もしています。
皆さんよろしく〜。

さて、前回の続きです。
でんでんとかのんとその友達のMさんと一緒になにわの食のイベントに行ったようだ。
展示には、でんちゃんの地元である、柏原市の堅下ワインフーズの柏原ワインや、
寿屋食品さんの柏原ワインを使ったノンアルコールのスパークリングワインも展示されていたようだ。
Pb023794
↑寿屋さんはラムネも出していますよ。

また、試食してとても美味しかったので、
「アトリエコマイ」さんのなにわの伝統野菜を使ったシフォンケーキも購入したそうだ。
ちなみに、天王寺蕪と菊菜のシフォンケーキがあったそうだ。
Pb023779
↑シフォンケーキの試食です。
とても柔らかくて、ふわふわで、甘さ控えめだそうです。
生産者の方も健康的で、体に良いサラダ感覚のシフォンケーキを目指しているだけあって、
とても食べやすく優しい味がするようです。
Pb023797
↑このように紙コップに入っています。
なにわの伝統野菜勝間南京を使った世にも珍しい、グミキャンディもあります。
Pb023795
↑グミキャンディです。
これは、勝馬南京の甘さが生かされた、グミキャンディだそうです。
変わってますね、ねこちゃんも食べたいです。
でんでん今度買ってきてね。
皆さん、なにわの伝統野菜を使って色々な食べ物を開発されているようです。
まだまだ、いっぱいあったそうですよ、レポートはまだ、続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにわの伝統野菜のイベントに行ってきたよ。

でんちゃんです。
Photo

でんでんとかのんが、なにわの特産品のイベントに行ってきたようだ。
場所は、谷町四丁目にあるNHKホール。
会場は大勢の人で賑わっていました。
Photo_2
↑会場は盛況です。

なにわの伝統野菜や、柏原市のぶどう、羽曳野のいちぢく、泉州の魚介等、
なにわの特産品が数々出店されていたよう。
Pb023761
↑バターや、チーズ等の試食もありましたよ。
能勢の牧場でつくられた牛乳や、チーズ、バターなどの試食もあったようです。
大阪府内に牧場とかあるんですね〜。
でんちゃんは乳製品が好きなので、食べたかったなあ。
牛乳等は、市販品にはない濃厚さだったそうです。
Pb023765
↑牛乳の試飲コーナです。
Pb023766
↑お隣は、河内鴨の薫製や鴨肉が売っています。
河内の特産品である、鴨肉です。
ご飯やビールのお供に。
生肉は、鴨鍋とかすると、美味しそうですね。
鴨は大和川にたくさんいるので、捕まえようと思うのですが、
いつも逃げられます。(←そんなの捕まえてはいけません でんでん談)

Pb023771
↑羽曳野の特産品のいちぢくを使った、いちぢくジャムです。
J:COM制作の大阪、河内のええやんを紹介する、ケーブルテレビ番組、
「ええやん!」でも、紹介されたいちぢくジャムです。
添加物をいっさい使わずに、地元のいちぢくと国産のレモンを使って、
作った手作りのジャムです。
優しい甘さの大変美味しいジャムだそうです。

Photo_3
↑こちらは松原の野菜です。
こちらも「ええやん」で紹介されいていた、
松原の野菜「まったら愛っ娘」です。
Pb023776
↑野菜たっぷりの「こいさん汁」というのも食べてみました。

これは勝間南京や田辺大根、天王寺蕪等のなにわの伝統野菜がたっぷりのお味噌汁です。
Pb023777
↑やさいたっぷりで美味しそうですね。

味付けは薄めで、野菜のうまみが特に感じられるようになっているとの事。
野菜の甘みと、苦みと、様々な味が感じられます。
大変美味しゅうございましたとの事です。
まだまだ展示は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »