« 神戸元町へいったよ~ | トップページ | モザイクに行ったよ~ »

神戸南京町へ行ったアルヨ

でんちゃんです。


↑大和川を散歩しています。
後ろに見えるのは、単線の近鉄道明寺線です。
小松未歩さんのMTVの撮影などにも使われましたよ。
水面がきらきらしていてとてもきれいですね。

でんでんとかのんが、南京町へ行ったそうだ。
平日にもかかわらず、すごい人です。
子供たちが多いので、おそらく修学旅行なんでしょうか?
ものすごくにぎやかだったとの事です。


↑南京町の門ですよ~。

時前に大丸のおねえさんから聞いた、お奨めのぶたまん屋さん、
「老詳記」へいったそうだ。


↑場所はちょうど中華街の中程になります。


↑ちょうど広場があり、その前あたりです。

いつも行列が出来ているそうです。
でんでんたちはちょうどすいている時間に入れました。
こちらのお店はなんと、元祖ぶたまんといわれているお店で、
創業は大正4年というからすごく歴史があります。
元々は、天津包子(テンチンパオツー)と呼ばれていたものを、
味・名称共に日本人になじむものにしようとして生み出されたものらしいです。
「ぶたまん」という呼び名の発祥のお店だそうです。

↑以前魔法のレストランでも紹介されていました。


↑お店で食べる場合は、3個オーダーしないといけませんよ。
ぶたまんですが、まずは何もつけずに頂きましたが、
皮がふっくらとしていて甘みがあり、
中は、味のついた具がジューシーです。
なんでも、皮を天然酵母で発酵させているとか。


↑何もつけて食べなくても十分おいしいですが、
マスタードを少しつけて食べるといいですよとのこと。
これ何と、一つ90円です。
安いですね~。
南京町へ行ったら、絶対に食べてほしい一品だとの事。dog


↑大満足でうろうろとしていると、フルーツ屋さんを見かけました。
三木商店さんです。
美味しそうなカットフルーツを売っていますよ。

↑珍しい沖縄産のドラゴンフルーツというのを買って食べました。
キウィに近い味だそうです。

さらにうろうろとしていると、面白いおじさんを発見しました。

この金色の器ですが、とっての部分をこすると、
振動で、水がばしゃばしゃと波打ちます。


↑おじさんいわく、きれいな心でないと、水がばしゃばしゃしないとか。
でんでんもかのんも挑戦しましたが、


↑ぜんぜん水が波立たなかったとのこと。
二人とも邪念だらけなんだねえ~。


↑なんと、このおじさん、「よ~いドン」の人気コーナー、
「となりの人間国宝さん」のコーナーで、人間国宝に認定されたようで、
人間国宝さんの認定書といっしょに記念撮影です。
おじさんどうもありがとワン。dog


↑こちら廣記商行の社長さんです。
南京町へ行ったら、是非よってくださいワン。


↑可愛いぶたさんと、ぱんださんの饅頭も売っていたよ。

南京町はとても楽しげなところアルネ~。
でんちゃんも行ってみたいアルヨ。dog

|

« 神戸元町へいったよ~ | トップページ | モザイクに行ったよ~ »

よ~いどん★となりの人間国宝さん」カテゴリの記事

グルメ中華料理」カテゴリの記事

神戸」カテゴリの記事

コメント

南京町のぶたまんは20年位前までは神戸へ行く度に買って帰りましたが(それも10個 20個の単位で)冷えても美味しいので子ども等が喜んで何個でも食べていたことを思い出します 当時50円だったと記憶していますが90円にまで値上げされていたとは・・
時の流れのふしぎさと“美味いものは普遍である”と改めて思いました

投稿: 吹田ぼ~い | 2009年11月 2日 (月) 13時24分

吹田ぼ~いさん、こんばんは。
当時は50円だったんですか、安いですね。
昔と変わらぬ味で、今でもすごい行列が出来ているお店です。
また、食べたいなあ。

投稿: でんでん | 2009年11月 4日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490312/32032450

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸南京町へ行ったアルヨ:

« 神戸元町へいったよ~ | トップページ | モザイクに行ったよ~ »