« 不二家のミルキーロール食べたアルヨ | トップページ | 新嘗祭 »

ボジョレヌーボーの解禁日

でんちゃんです。
本日午前零時にボンゴレヌーボーが解禁されましたよ。

でんでん注「それは、ボジョレヌーボーの間違いです」
ちなみにボジョレヌーボーとは、フランスブルゴーニュ地方南部の、
丘陵地帯である、ボジョレーで生産される赤ワインの中でも、
11月に出荷される新酒のことをボジョレヌーボーというんだよ。



↑ねこちゃんと本日解禁のボンゴレヌーボーの話題で盛り上がっています。
でも、これからの日米関係を考える事も大切です。

ちなみに、世界中の現地時間で11月の第3木曜日に解禁されるのが、
ならわしとなっているんだワン。
今年は出来も非常によいとされ、
円高、航空コストの低下、また容器がガラス瓶から、
ペットボトルに変わった環境にもやさしいパッケージもあります。
お値段もフルボトルで2000円前後、ハーフなら1500円前後、
と大変リーズナブルな価格になっているアルヨ。

さて、でんでんとかのんも早速、
ボンゴレヌーボー(でんでん注ボジョレーヌーボーだって)を楽しんだそうだよ。
かのんが、千里中央の阪急百貨店で買ってきたんだって。

↑メゾン・ジョゼフ・ドルーアンさんがつくった、
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー2009です。
フルーティーでスパイシーなワインだそうです。
香りがとても良いそうですよ。
ボンゴレに合う、お総菜やさんのRF1でクリームパスタと、
ローストビーフサラダを買って一緒に楽しんだようだよ。
二人とも、食べながら飲んでも、グラス一杯ででフラフラになったそうだ。
二人とも弱いなあ~。

翌日は、白を試しました。
かのんが阪神百貨店で買ってきたよ~。
毎日飲むんだね~。そんな飲んで大丈夫かいな?


↑とても珍しい白のボジョレーヌーボーです。
マコン・ヴィラージュ・ヌーボー2009です。
マコンとは、白という意味だワン。

まず、阪神百貨店のチーズショップで白カビのチーズ「サンタンドレ」を買って、


↑このサンタンドレって、リンゴとかにつけて食べてもとっても、
美味しいらしいですワン。

大阪ハービスにある、ブルディガラで、パンを買い、


↑ルヴァン・ナチューレという天然酵母のパンです。
これにサンタンドレを塗って食べます。
ワインにとても合うそうだ。


↑カンヌ・ヴェルジュフロマージュです。
ワインにつけたクランベリーと、
クリームチーズが入っています。
こちらも相性抜群です。
こちらでワインを楽しんだそうだよ~。
かのんチョイスは、なかなかのものですなあ。

でんちゃんやねこさんもボンゴレーヌーボーを飲みたいなあ。
犬猫は、残念ながらワインを飲む事ができません。

|

« 不二家のミルキーロール食べたアルヨ | トップページ | 新嘗祭 »

グルメワイン」カテゴリの記事

コメント

でんでんさんこんにちは。
フードアナリストのぽんたです。
豪華なボジョレーヌーボーでいいですね。
フードアナリストのつきあいは、思いやりが欠けてる大御所がワインを絶賛する人が多いので、アレルギー持ちは苦労します。
皆さんの要望に圧され、お酒の弱いお二人が、ワイン講座を担当された苦労がいかされていますね。
お体第一に考えて、美食道を突き進んでください。
応援しています。

投稿: ぽんた | 2009年11月22日 (日) 13時29分

ぽんたさん、こんにちは。
応援ありがとうございます。

はい、初めてボジョレーヌーボーをお祝いしてみましたが、
二人とも酔ってふらふらだったので、自宅でよかったです。

資格を持っている人が何でも知ってるわけではないので、
そういう人とは距離をあけるといいですよ。

ぽんたさんもがんばってください。

投稿: でんでん | 2009年11月25日 (水) 13時10分

はじめまして。
ワインの話題に飛びついてしまいました。
本来ならワインに対してのコメントを書かないといけないのでしょうが、カンヌ・ヴェルジュフロマージュというのがあまりに美味しそうでたまりません!!
ハービスで購入できるのでしょうか?一度足を運んでみます。

投稿: フルフル | 2009年12月 1日 (火) 14時23分

フルフルさんはじめまして。
書き込みありがとうございます。
別にワインに対するレスじゃなくても大丈夫ですよ。
カンヌ・ヴェルジュフロマージュは梅田ハービスにあります、「ブルディガラ」というお店で売っていますよ。
是非食べてみてください。

投稿: でんでん | 2009年12月 1日 (火) 18時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレヌーボーの解禁日:

« 不二家のミルキーロール食べたアルヨ | トップページ | 新嘗祭 »