« 情熱うどん山斗 | トップページ | 吹田くわいの試食会in千里金蘭大学1 »

ピンクのカレー

ねこさんです。
節分ということで、
また、鬼の面を被されました。


↑なんかこのお面なかなか外れないにゃ。
このままデモンズになりそうで怖いですにゃ。
でも、でんでんには世話になっているからなあ。
今年で最後だよ、来年はやらないよ~。
それと、でんちゃん先輩にもやらせろよ~。

でんでん注 でんちゃんにはお面が小さすぎて、入りません。
      ねこさんがぴったりなんだよ。
      だから、ねこさんがやるんだよ。
      来年も宜しく~。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

でんちゃんです。


↑でんちゃん「豆まきが終わった後、私からもお願いしました。
      ねこさんぶちぎれで、口を聞いてくれません。
      へそを曲げてしまって、レポートを書いてくれませんので、
      私が代わりに書きます。」



でんでんとかのんが、ピンクのカレーを食べたらしいよ。
阪急のキッチンエールでご当地カレーの特集で売られていましたよ。


↑本当、全部ピンク色ですね。
なんだか、あんまり美味しそうじゃないなあ。

このピンク色の秘密は、

↑名前のごとく、山形産のさくらんぼを使ったカレーなのです。
ピンク色の秘密は天然色素のラック色素(赤色B)です。
化学調味料や着色料を使っているわけではありません。
たらこや、水練り製品、フルーツ牛乳の着色にも使われています。
ラック色素とは、カイガラムシ科ラックカイガラムシカメムシ目・ヨコバイ亜目の昆虫の総称で、そのむ昆虫が分泌する樹脂状物質です。
でんでんが勤めていたお漬物屋さんでは使っていなかったけど、
他社では、しば漬けなどの着色にも使われていますワン。


↑ちゃんと、さくらんぼの果肉も入っていますよ。
なんかあんまり合いそうにないアルヨ。

でんでんいわく、見た目とは違い、大変スパイシーで甘みもあり、
口当たりもなめらかなカレーらしいよ。
激(゚Д゚)ウマイアルヨ!とのこと。
また、さくらんぼの果肉も良いアクセントになって、
甘味と旨味と、辛さのバランスが丁度良いとのこと。
これはおすすめですよと、でんでんがいっておりました。

購入は下記のURLで。
http://www.gotouya.jp/

|

« 情熱うどん山斗 | トップページ | 吹田くわいの試食会in千里金蘭大学1 »

家ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのカレー:

« 情熱うどん山斗 | トップページ | 吹田くわいの試食会in千里金蘭大学1 »