« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

坦々麺を食べたよ

でんちゃんです。


人間界では、領海侵犯でえらい大騒ぎになっていますが、
犬猫界では、領土問題も、領海侵犯もありません。
写真は犬猫界で最近流行っている領海侵犯ごっこです。

さて、でんでんが坦々麺を食べに行ったそうだよ。
中華厨房 担担というお店です。
天王寺のルシアスというビルにあるそうだよ。
坦々麺がうりの中華料理店です。
水野真紀の魔法のレストランでも紹介されていましたよ。


↑でんでんはトマト坦々麺を食べたよ。
写真では分かりづらいけど、
ものすごく大きな器で出てくるアルヨ。


↑こちらはトマトを使った坦々麺で、辛さもそこそこで食べやすいそうです。
粉チーズなども振ってあり、ちょっと、
イタリアンな風味の創作坦々麺です。

         
テーブルには最近はやりの食べるラー油が常備してあります。
御飯のお供として食べるのもいいらしいですが、
ちょっと、ラーメンに入れて食べると、美味しいらしいですよ。
皆も坦々麺食べてみるアルヨ!

店名       中華厨房 担担
TEL     06-4397-2220

住所     大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1
    あべのルシアス B1F

営業時間     11:00~23:00(L.O.22:30)

定休日     元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パウンドケーキを食べたよ

でんちゃんです。


↑夕刻でんでんと一緒に散歩したよ。

 
とっても、お空がきれいあるね~。dogheart

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

かのんが、パウンドケーキを買ってきました。
兵庫県三田にあります、超人気店のエスコヤマの黒豆のパウンドケーキです。


↑見た目とても豪華なパッケージで高級感があり、
おみやげに持っていくと、喜ばれそうですね。
ちなみに価格はなんと、2600円もするアルヨ!
すごい値段だね~。dog


↑とても豪華なパウンドケーキですね~。


↑蓋の裏箱にはねこちゃんが描かれていますよ。
なんと、ビンテージケーキですよ。dog


↑中には黒豆がこれでもかというくらい入っているアルヨ。
とても、甘いので、日本茶と合いそうですとのこと。
もう少ししっとり感があるといいんだけどなあ。
と、いっておりました。dogsweat01

でんでん、かのんがお中元、お歳暮で頂いてから大好きになった、
ジョエル・ロブションです。


↑パウンドケーキを食べたアルヨ。
上品なお味で、生地もしっとりとしている、
大変うまいアルヨと、いっていたアルヨとのこと。dog

番外編

ヌガーです。
ソフトキャラメルの一種らしいですよ。
身近なところでは、チロルチョコレートの中に入っているのが、
ヌガーですね。

生キャラメルのような触感に、ピスタチオなどが入っています。



これは、卵白を泡立てたものを混ぜる、
Nougat de Montélimar、ヌガー・ド・モンテリマールにあたるものですね。
食感が軽く、とても食べやすいそうですよ。

でんでん、かのんへ、あんまり甘いものばかり食べ過ぎちゃ駄目だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YSへ行ったよ~福島編~

でんちゃんです。


↑人間界の与党の代表選は現役の首相が征しましたが、
犬猫界の代表選も現役のでんちゃんが征しました。
しかし、またまた負けてしまったクロさんは、
ますます落ち込みが激しくなったようです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、でんでんが福島にあるフランス料理 Y’Sへ行ってきたそうだ。
福島の聖天商店街にありますよ。

シェフは「ラ・ベガス」などで修行された若手の新進気鋭のシェフです。
否が応にも期待が高まりますね。

お店は横に長く、主にカウンターで構成されていますので、
一人でも入りやすいそうだ。

ランチは、ワンプレートのランチアルヨ!


↑ひとつのプレートに生ハムが乗ったサラダ、スペイン風オムレツ、スープ、
自家製パン、メインが乗っていますよ。
それと食後にコーヒーがつきます。
これで、1050円アルヨ!
とてもお得ですねえ。
別料金で、デザートもつけられますよ~。


↑お皿の上が玉手箱みたいですね~。


料理が運ばれてきて、プレートに乗った料理の多さに驚かされるそうです。
しかもそれのどれもがめっちゃうまいアルヨ!!とのこと。

メインが二種類から選べます。


↑鶏を一度焼いて蒸したもの。
鶏肉を大変手間をかけて調理されていますよ。
一度蒸してから焼いているので、お肉がとても柔らかくとろける食感。
味はとても素朴な感じだけど、癖になるおいしさアルヨ。


↑豚肉のすね肉の煮込みです。
こちらもよく煮込まれているので、大変食べやすいとのこと。
ちょっと、塩味がきつい感じしますが、
パンとかと一緒にいただくと、ちょうどいいアルヨとのこと。

全体的に大味な感じだけど、
この価格でこのボリュームは他では味わえませんね。
駅からも結構離れているけど、人気があるのが頷ける感じもしますね。
今度は、かのんと一緒に行くといっていましたよ。
でんちゃんも一緒に行きたいなあ~。

店名     フランス料理 Y’S
TEL     06-6453-1177

住所     大阪府大阪市福島区鷺洲2-7-14

営業時間    
12:00~13:30(L.O)

18:00~22:00(L.O)

定休日     水曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JA大阪中河内 柏原地区JAまつりへ行ったアルヨ 其の二

でんでんが柏原市のJAのお祭りへいったよ。


↑でんちゃんも行きたかったけど、日中歩行禁止例が発動されているので、
表へ行けません。
早く涼しくならないかなあ。dogsweat02

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


さて、前回まだ書いていなかったけど、
柏原市といえば、ぶどうの産地ですね。
昭和初期は全国でもナンバー1の出荷量を誇る産地だったのですよ。
今はずいぶん出荷量が減りましたが、それでも大阪を代表する、
ぶどうの産地ですよ。
今の季節はぶどう狩りなども盛んに行われているよ。dog

そんなぶどうが、展示されていました。
それも数十種類!!
すべて柏原市で栽培されているそうです。
それらが試食できたそうです。
試食してアンケートをとられていたそうですよ。
もちろんでんでんは食べたそうですよ。

     
柏原を代表するぶどといえば、柏原本ぶどうといわれる、甲州種です。
日本では古くから栽培されており、紫ぶどうともいわれていました。
ワインなどの原料に使われることが多いですね。


デラウェアはアメリカデラウェア州で栽培されていたぶどう。
日本には1872年(明治5年)に初めて輸入されたアルヨ。
ジベレリン処理された種なしぶどうで、
粒が紫色で、粒が小さくとても甘味があります。

         
欧米雑種のマスカット・ベリーA、糖度が20度以上と高く、
粒が黒く、大きく肉厚で、大変美味なぶどうですよ。

柏原市で主に栽培されているぶどうで、
柏原市に住んでいたら一度は食べたことがあるものばかりですね。

他に、ピオーネ、マスカット、紅富士などが栽培されていますね。
今回は、柏原市でこんなのも栽培されていたのかと、
驚くべきものもありました。
いくつか紹介しますよ。


↑ロザリオビアンコです。
白色ヨーロッパ品種で大粒で果汁が多く、
とてもジューシで爽やかな食べごたえだそうです。
皮と果肉は分離はしにくいので、皮のままどうぞとのこと。

安芸クイーン、紅瑞宝です。
安芸クイーンは本来、美しい赤色をしているそうです。
気候に寒暖の差がないと、緑と薄い赤色のマダラになってしまうそうです。
ちょっと、気候のため見事赤にはなっていないけど、
味は酸味と甘味のバランスも良く、ジューシーでとても旨いアルヨとのこと。

紅瑞宝は、紅富士と同じ欧米雑種で、紅富士と同じ種類のぶどうだそうです。
糖度が高くとてもジューシーアルヨ。

特にでんでんが食べて印象深かったのは、
シャインマスカットだったそうだ。
なんと、糖度は17~20度以上という大変甘いぶどうです。

口にいれた瞬間、甘味が口の中でじゅわ~っと、広がります。
とってもうまいアルヨ!!とのこと。dog


↑まだまだ色々なぶどうがあるよ。
柏原市に食べに来てね~。

ちなみにぶどうは皮のまま食べました。
皮の部分に近いほうが甘く、ポリフェーノールが豊富なので、
食べないのはもったいないといっていましたよ。

でんちゃんにもおみやげ欲しかったなあ。dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA大阪中河内 柏原地区JAまつりへ行ったアルヨ

でんちゃんです。


↑9月に入っても、猛暑が一向に収まる気配がありません。
犬、猫も毛皮を着ているようなものなので、
しかも地面に近く歩いているので、
人間様より熱中症に罹りやすいです。
危険なので、太陽が出てからの散歩は控えるよう、
日中散歩禁止令を発動しました。dog

さて、でんでんが柏原へ来たときにちょど、
JA大阪中河内 柏原地区JAまつりを柏原市役所前で開催していたよ。

JAというのは、全国農業協同組合連合会のことアルヨ。
     

    
柏原市で農業に従事されている生産者の方々が、
自慢の農産物や特産品などを出品されていますよ。

柏原市といえば、ワインです。

↑柏原市の高尾山頂にある、比賣比古ワイナリーの比賣比古ワインです。
こちらは、辰巳琢郎さんのブログでも紹介されていますよ。
こちらはなんと、ミニゴルフ場の敷地内に、ぶどう畑があるそうです。
ワインの製造は、ゴルフ場の片隅でされているとか。dogsweat01


↑今や大阪を代表するワイナリーといえば、堅下ワイナリーですね。
最近は、「水野真紀の魔法のレストラン」で、橋本大阪府知事が、
たこ焼きに合うシャンパーン「タコシャン」などを紹介されていましたね。
でんでんが何種類か、試飲をさせていただきましたが、
ぶどうの香りと味がしっかりとして、フルーティーで爽やかな味わいと、
絶賛していたアルヨ。でんちゃんものみたいなあ~。dognote

婦人会では、こんな隠し玉もあったよ。

    
ぶどうを使ったジャムです。
クラッカにつけての試食だったそうです。
種類は二種類。
まずはデラウェアと、

サマーブラックのジャムです。
食べた感じ、甘みが強いのは、デラウェアのジャムで、
サマーブラックのジャムは酸味が強いそうです。
でんでん的には、デラウェアが好みだそうです。
ヨーグルト等に入れた食べるとおいそうですと、でんでんがいっていたアルヨ。
販売を検討されているらしいので、みかけれらたら是非、どうぞ。dog

次回へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の三

でんちゃんです。


↑久しぶりにブログに戻ってきました。
残暑が厳しいざんしょと、ともだちと話しています。

さて、続きアルヨ。


↑桜会シェフ満田氏が用意しているのは、野菜蒸しです。
まずは、長いも蒸しです。

 
↑普通に蒸したものと、油蒸しを食べ比べてみたそうだよ。
どちらも、軽くお塩を振って食べるアルヨ。
素材の味を邪魔しない、野菜の味をダイレクトに味わえるそうです。

 
↑今度はジャガイモ、インカの目覚めです。
普通に蒸したものと、土の中で蒸したものの二種類ですよ。
土蒸の方は、土の味があとから、口の中で香るらしいよ。
ジャガイモが甘みがありとっても美味しいそうだ。

さて、次はのらさん提供の、野菜蒸の数々です。

↑とうもろこしは、片方は、スーパーで普通に買ったもの。
もう一方は、獄きみという糖度の高い品種です。
さて、どちらが、どちらかわかるアルカ?


↑野菜がこれだけご用意してくださいました。
のらさんありがとアルヨ!!

↑南京も一度にこれだけのものを食べ比べる機会はなかなかないですね。


↑上の南京の元はこんな形、色をしています。
通常良く見る南京というのは、
右から三番目や四番目の様な色形をしているものが多いですね。
南京といってもさまざまな色形味のものがあるんですね~。

他にさつまいもも食べ比べましたよ。


↑フルーツトマトと、つるむらさきです。
つるむらさきは、ちょっと、オクラの様なぬめっとした食感のある、
野菜ですよ。

野菜を一度にこれだけ食べるという機会も珍しいですね。
でんでんは食べ過ぎて、しばらく野菜は食べたくないほど食べたそうだ。
皆様お疲れだったアルヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の二

鴨さんです。


↑前回のサギさんと、同じ恩地川ですごしています。
最近は、恩地川も水質が良くなって、うれしい限りです。chick
皆さんも川を大事にするカモよ。
今回は、カモ組みがのっとりに来ました。



さて、前回の続きです。
  
上西さんです。
能勢で定年をされてから農業をされています。
農家の苦労話を色々と聞かせていただいたカモ。

農業は自然との闘いです。
特に今年は異常気象で、毎日暑い日が続きますが、
そんな気候に左右され、いのししなどの害獣、虫、病気、
さまざまなリスクと戦わなければなりません。
まるで、ICUに入っているようだと、
野菜たちをそう表現されていたカモよ。
刻々と野菜の生育状況は変わっていきます。
それだけ、農業という仕事は大変な仕事なんですね。chicksweat01


今回イカス資料を作っていただけました。
上のほうは農園の紹介、能勢は自然豊かないいところですね。
こんな大自然の中、農業をされているんですね。

一番下に写っているのは、左から、いのしし、鹿、
ラスカル(でんでん注 アライグマです!!)です。
こいつらが、畑を荒らします。
特にラスカルは、雑食性で何でも食べるので、困りものだとか。
元々外来種で、誰かがペットで飼われていたものが、逃げ出したり、
捨てられたりしたものが増えているんですね。
国内でも広く繁殖して、あちらこちらで被害が出ています。
ラスカル、わるい奴ですね~。chickimpact

↑上西さんの水田です。
ミルキー・クイーンを植えられているらしいですよ。
他の稲よりも、発育が早く、すでに刈り入れの時期だとか。
当日も稲刈りを途中でほったらかして、来たそうですよ。
また、帰ってから稲刈りの続きをしたいとおっしゃっていたそう。

帰り際にでんでんとかのんが、少しお話したそうだけど、
農業は大変だけど楽しいとおっしゃっていました。
まさに自然との知恵比べって感じですね。
とても生き生きとしたいい表情をされていたそうカモ。

さて、次はいよいよ満田シェフの料理の試食ですよ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

そのころ、でんちゃんたちは……。


↑ともだちの提唱する、三匹による政権運営、
トロイカウニ体制に異を唱えたクロさん幹事長が、
代表選を挑んできました。
でんちゃん達の運命はいかに……。dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の一

サギさんです。


最近は、恩智川も水質が良くなってきて、お魚が豊富にいるサギよ。
そんなお魚を食べるために、
はるばる八尾市の恩智川へやってきましたよ~。
そしたら偶然こちらのブログを見つけましたので、
でんちゃんがいない間にのっとりに来ましたよ。chick

さて、でんでんとかのんが、家庭料理食育研究会へ行ったそうサギ。


↑映画「20世紀少年」にも出てくる万博公園の前です。
緑と近代都市が融合したような場所ですね。


↑場所は、おなじみの「住まいのショールームDILIPA」さんですサギ。

今回のテーマは「野菜の魅力」です。
「野菜ソムリエの店 のら」を千里中央で出店されている、
ドクター・オブ・ジ・アース代表取締役河村 賢造氏の野菜の講義、
能勢で実際に農業を営まれている、田尻農産の上西さんをお招きして、
農業の現場のお話をして頂きましたサギよ。
ミシュラン受賞「桜会」シェフ満田さんによる、
野菜の試食もありますよ。chick


↑講義中の河村さんです。
野菜の美味しさの構成要素をプロの目から解説して頂いたそうです。



美味しさのの要素には、水、土、肥料、気候、季節などさまざまな様さが絡み、
農業の奥深さを感じたと、でんでんがいっていたサギよ。


↑大阪の農業の現状も解説していただきました。
現在でもこのような状況だそうです。
農家人口の実際は税金対策などでやっている人も少なからずいるので、
もっと悲惨なものかと。
30歳未満の農業人口が60人というのも、驚きですね。
大阪は、土地の値段が高いし、さまざまな要素に左右される、
不安定な業種だし、なかなか専業農家は難しいですな~。
サギさんも大阪の農業を応援しないといけないなあ。chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トゥルヌッソル」へ行ったよ。

ともだちです。


↑毎日暑いですね。
特に動物達は、毛皮を着ているようなものなので、
人間よりももっと暑いよ。
また、人間と比べて、地面との距離が近いので、
体感温度が10度は違いますので、
動物達のお散歩の際には、熱中症に気をつけてくださいね。
早く涼しくなってほしいですね。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

江坂に突如として現れたおしゃれな空間。
回りはスーパーやオフィスビルという立地らしいけど、
そこだけ別空間って感じらしいです。
「トゥルヌッソル」フランス語でひまわりって意味らしいです。

  
店内はとっても落ち着いた空間です。
ここが街中だって事を忘れさせてくれるらしいですよ。

今回は、ディナーを頂いたそうだよ。
ディナーコース2800円をいたただきました。

まずは前菜、「帆立貝柱と彩り野菜のタルタル メランジェサラダ添え」


↑野菜がたっぷりと添えられた、タルタルです。
今の季節にぴったりの涼しげな前菜ですね。
帆立貝柱のタルタルがとろとろです。
それに野菜のしゃきしゃき感と、相性が抜群です。
ヘルシーな女性に喜ばれそうな前菜ですね。


↑サツマイモの冷製ポタージュです。
これがなかなか面白い味だそうで、最初飲むと普通のポタージュなんですが、
後からサツマイモの甘さと味がじわ~っと、やってくる。
大変爽やかな風味のスープだそうです。

  
こちらのパンはすべて手作りです。
お店で焼いておられとのこと。
大変美味しいので、ついついお代わりしてしまうとか。
丸いフランスパンと、
ドライトマトのパンと、
レーズン胡桃のパンはバターなしでも食べられますよ。

そして、メインです。

↑茶美豚のロース肉のステーキ 白いんげん豆のトマト煮ですよ。
お肉がとても香ばしくて、柔らかいそうです。
お肉の下に下に白いんげんがしっかりと入っているそうですよ。
結構ボリュームがあるらしいです。

そして、デザートです。

↑いちぢくと、アイスクリームです。
いちぢくを焼いているので、香ばしく、甘みもあり、酸味もあり、
飽きない味わいだそうです。
ここのまで食べると、おなかがパンパン。
このお値段で、この量は、CPは最高に良いそうですよ。

料理は全体的に、ある意味スタンダードなもので、
とりわけ斬新さがあるわけではないですが、
一品一品が丁寧にしっかりと作られているので、
シェフの料理に対する真摯さが伝わってくるそうです。
また、誰にでも食べやすく、オススメしやすい味ですね。
ランチは、なんと、1200円からあるそうで、
気軽に食べに行けるお値段ですね。
お店の雰囲気も、サービスも、シェフもすごく気さくな方だそうです。
みなさんも是非いってみましょう。


店名       トゥルヌッソル
TEL     06-6318-6133
住所     大阪府吹田市江坂町1-11-2

営業時間     11:00~21:00
定休日     不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

となりの人間国宝さんが、柏原へやってきたよ ~其の二~

でんちゃんです。


↑いつもの面子で集まっています。
クロさんの編み出した必殺技の餌食になりました。
クロさんは選挙に負けて以来、なんだか猫格が変わってしまいました。dogsweat01

さて、続きですよ。
円さん、今度はでんちゃん宅の近く、太平寺まで来られました。
こちらはでんちゃんの散歩コースでもあります。dog


↑太平寺はの町並みは、昔のまんま。
タイムスリップしたような感覚にとらわれますよ。


↑こちらが番組内でも紹介されていた、カタシモワインフーズさんです。


↑こちらの貯蔵庫は、登録有形文化財に認定されているアルヨ。

ワイン作りにはぶどうが欠かせませんが、
柏原市はぶどうの産地として有名で、ぶどう栽培の歴史も古いです。

柏原でのぶどう栽培の歴史を解説すると、
大阪で栽培されているぶどうの歴史は実は大変古く、
今から300年近く前までさかのぼるといわれているアルヨ。
当時栽培されていたものは、甲州種で「紫ぶどう」と呼ばれていた種だそうです。
明治20年頃までは、家屋の日陰樹として栽培されていたそうですよ。


現在柏原市で主に栽培されている甲州ぶどうは、明治11年頃から。
沢田村(現藤井寺市)に設けた指導園で育成した苗木を、
堅下村平野(現柏原市)の中野喜平氏が、
栽培に成功したのがきっかけになって普及したそうです。
これが現在の「堅下本ぶどう」と呼ばれているものです。

戦前はぶどう栽培が盛んで、昭和3年~10年には、山梨県を抜き、
全国で一番のぶどうの産地だったそうアルヨ。

しかし、昭和30年代からの住宅地や産業の拡大、
他府県産ぶどうの入荷に押され、農地縮小傾向になっています。
たしかにでんでんが子供のころと比べると、畑が大分減ったねと、
いっておりました。

そんな柏原のぶどうを使った、
柏原ワインや河内ワインの製造元の堅下ワインフーズさんは、
西日本で最も古いワイナリーです。dog

明治初期、ワイン作りに生涯をかけた高井作次郎氏が、
欧州の技術を使わずに、
現在のサ ントリーの日本酒製造の技術の支援を受けながら、
ワイン製造を始めたのがはじまりといわれています。
今でも、欧州とは違う日本独自の製造法で、
日本人の為の、和食にあうワイン製造をされているアルヨ。

番組中、4代目である、高井利洋氏が柏原市の美しい風景と、
ぶどうを残すのが夢と語っておられました。


柏原市のシンボルである、高尾山の風景は大阪屈指の美しさですね。
人間国宝さんに認定されていました。

でんちゃんも微力ながら柏原市のいいところをレポートするアルヨ。

さて、番組内では、円さんのお土産の、
柏原市のぶどうを、パネラー皆さんで美味しく食べていらっしゃいました。
伊代ちゃんも、ほっしゃん、仮面ライダー555さん(でんでん注 半田健人君)も、
美味しく食べられていたよ。
ワイン好きの石原さんは、ワインが飲みたいとおっしゃてましたが。dogsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »