« 【京都東山】2011三十三間堂を散策 | トップページ | 漬物教室で講師を務めたアルヨ »

京漬物探訪

かもめーずです。

↑神崎川の吹田市側でたむろしていますよ。
こちらで、かもめの学校を主宰しています。
吹田市から大阪市の町を眺めながらレクチャーを受けています。
たまに人間達がパンくずなどをくれます。
お食事も出来て、勉強も出来て一石二鳥ですなあ。
でも、暖かくなったら、海に戻るんだよ。
今回は、ブログをのっとりに来たよ~

さて、でんでんとかのんは、参拝後、
京都の某農家さんから、珍しい野菜を仕入たキュー。

果たしてこれはなんじゃらほい?

読者の皆さんに問題です。

【問題】

この京野菜の正式名称を答えよ。



難易度★★★☆☆

【解答】

文末のリンクを押してね。



そんなわけで、京都の玄関口にあるデパート
伊勢丹さんの有名京漬物売場、野菜売場の皆さんにも、
同じクイズを出してみました。

正解者は、野菜売場の方だけでした。
さすがですキュー。

売り場の皆さんの反応は首を傾げていて、
「これは大根じゃない蕪?」

「聖護院大根とは形が違いすぎるし・・?」などと、
よくわからない様子だったそうです。

ちょっと、難しかったかな?

さて、売り場で珍しいものを見つけました

       
なんと、水で戻るお漬物です。
「菜乾」という商品です。
どうして水に戻るかというと、フリーズドライ製法で加工されたお漬物で、
そのままご飯に掛けて、ふりかけ感覚で味わう事もできるし、
そのまま食べてお酒のおつまみに、水で戻してお漬物へと変わります。

      

売り場では、イケメソのお兄さんが、商品を紹介していただきました。
色々試食もさせていただいたようですキュー。

関西では、京都伊勢丹ぐらいでしか、手に入らないそうです。
ホームページで通販もしているので、興味のある方はどうぞ
「をいしおす」
さすが、京都は珍しいものがありますね~。
漬物もいっぱい試食して、良い勉強と刺激になったそうです。

さて、クイズの答えです。
下をクリックしてくださいね。

Image37

|

« 【京都東山】2011三十三間堂を散策 | トップページ | 漬物教室で講師を務めたアルヨ »

京都」カテゴリの記事

漬物」カテゴリの記事

コメント

先日はお店にきていただいてありがとうございました!写真まで掲載していただいてお恥ずかしい限りです(^^)
菜乾楽しんでくださいね。
そしてまた来てください( ̄^ ̄)ゞ

投稿: 鈴木 | 2011年1月19日 (水) 02時49分

鈴木さん
書き込みありがとうございます。
また、ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
菜乾自宅で楽しんでいます。
京都だけではなく、是非、大阪でも売り出してください。
宜しくお願いします~。

投稿: でんでん | 2011年1月21日 (金) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京漬物探訪:

« 【京都東山】2011三十三間堂を散策 | トップページ | 漬物教室で講師を務めたアルヨ »