« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

街ぶら玉造編 ~其の一~

でんちゃんです。


↑賃貸でも、5畳のスペースを独占して優雅な生活をおくっている私と

狭くても持ち家のももちゃんとでは、どちらが安泰なのかな?

でんでんがタワーマンションを見に行ったそうですよ。
でんちゃんも一緒に住めるくらい稼げるようになったのかな?dog

でんでん注「犬は余計な心配をしなくていいです」



さて、でんでんとかのんが玉造の駅前にあるマンションギャラリーで、
マンション選びのポイントを教えてもらったアルヨ。


↑玉造って言えば、大阪一の文教地区として有名ですね。
また、戦国武将真田幸村とも関わりの深い土地アルヨ。


↑玉造の駅中には、とても珍しい、駅ナカ吉野家があるよ~。

まずマンション選びのポイントは

一に立地、二に立地、三四がなくて五に立地だそうです。
それだけ立地が大切だそうです。
なぜならマンションというものを資産という形で見たとき、
減価償却が少なければ少ないほど、いいわけです。
そのためには、どのようなエリアに建てられているか?
駅近く、学区、利便性、環境が良いところがいいわけです。
逆に、駅から遠く、利便性もあまりよくないところは人気がないわけです。
ニーズに合わないところは、
マンションとしての価値もすぐに下がってしまうそうだ。

かつて、高度成長期の頃、新興住宅街といわれた、
千里ニュータウンがなぜ廃れたかというと、
当時若かった人が歳をとり、元々駅から遠く、利便性が悪いうえ、
人の行き来もない陸の孤島のようになってしまったそうアルヨ。

最近の千里地区は、新築マンションがたくさん建っているけど
利便性の改善ができないと、いくら環境が良くても、
今と同じ事がループされるだけとの事。

今回見に行った玉造のマンションは駅近く、大阪随一の文教地区、
利便性抜群、環境もよく歴史情緒あふれる下町なんだ。
近くの日の出商店街は、作家の故中島らもの短編小説、
「日の出通り商店街いきいきデー」の舞台になったところ。


スーパー、病院、銀行、生活に必要な施設も全て近くにあり、
オサレなお店、有名店が軒を連ねる地区アルヨ。
将来性のある街ですね~。
やはり安い物件というのはそれだけ理由があり、
確かに買った時は安くても、価値も急激に下がっていくような建物では、
将来にわたって、資産価値もない。
一戸建てのように、土地という資産がないので、
やはりマンション選びは、立地というのがすごい大事アルヨ、とのこと。

次に大事なのは、売主
当然のことながら、ちゃんとした会社を選ばなければダメ。
売主をオーケストラの指揮者に例えていらっしゃったそうだよ。
売主が決まれば、その下の施工会社、管理会社も決まってしまう。
つまりは優秀な指揮者の下、優秀な演奏者がいて、
すばらしい音楽が奏でられるがごとく、
不動産は、しっかりした売主がいて初めて、いい物件になるアルヨ。



最後に、コンセプト
いかに自分のライフスタイルに合った、マンション選びをするかですなあ。
住みたい町、仕事との兼ね合い、様々な要素があるので、
これは人それぞれですな。

と、マンション選びのポイントを確認してきました。
とても勉強になったと、でんでんがいっていたアルヨ。

でんちゃんもモデルルームに行きたいなあ。dog

でんでん注「犬はモデルルームには入れません。残念」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタイン

でんちゃんです。
バレンタインデーです。
バレンタインといっても、ウルトラマンに出てくる宇宙人ではありません。dog

でんでん注「それはバルタン星人ですよ」

なんでも、女の人が男の人にチョコレートをあげる日だそうだ。
でんでんもかのんにもらったそうだ。
でんちゃんもあげたいけど、犬はチョコレートを買いにいけません。
残念。dogsweat01

さて、バレンタインデーはなんと、大雪でした。


↑すごい雪が積もっているアルヨ。

さて、かのんから貰ったのは、
ラ・メゾン・ドゥショコラのチョコレートです。


↑オサレなパッケージですね。
フランスで作られたチョコレートですよ。
 
↑見た目とてもカラフルでかわいらしいですなあ。
見た目だけではない、チョコレートも滑らかで、
めっちゃうまいあるよ、とのこと。

雪のバレンタインもいいものですなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴディバセミナー~其の二~

ネコーズです。

↑ねこかーちゃんと、ねこかーちゃんのともだちです。
でんちゃんから、徳川埋蔵金発掘の資金援助を要請されましたが、
そんなのこの辺に埋まっているわけないニャ~。
大体、徳川って江戸幕府でしょ。
大阪とは何の縁も所縁もないじゃないか~。
確かに掘れば古墳は出てくるかもしれないけど、
埋蔵金じゃないニャ~。
さて、今回はブログをのっとりに来たよ。cat


↑荷積みされたカカオは、そのままではチョコレートの原料に出来ないので、
一度洗浄するよ。
そして乾燥するニャ~。
乾燥後粉砕し、豆の皮と中身を分けて焙煎します。
これが上の写真の状態ですニャ。


↑粉末状態のカカオ。
これがチョコレートの状態になります。
ちなみになめてみると非常に苦いらしいニャ。


↑お味見で頂いた、ゴディバのチョコレート。
ちなみに数字は、右から85、72、50、ホワイトチョコレート。
数字はカカオの含有量、大きいほど多いよ。
85パーセントは苦みばしった、大人の味だそうだ。
でんでんは50パーセントがお気に入りらしいニャ。


↑ホワイトチョコレートです。
クリーミーで口どけも良く、大変うまいそうニャ。
牛乳が入っているので、猫でも食べられそうですね。


↑ゴディバのバレンタインのチョコレート「デュオゴディバ」。
グリーンアップルガナッシュ以外に全部で4種類があるニャ~。

女子は男子にチョコレートを送るニャ~。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴディバセミナー ~其の一~

鹿太郎改め、DJSIKAです。


↑でんちゃんから徳川埋蔵金を発掘する為の資金援助をもちかれらました。
埋蔵金が発掘されれば、
世界初の鹿ラッパーとしてデビューさせてくれるとの事で、
協力する事にしました。
そんなわけで資金を稼ぐため、ブログ執筆の仕事をする事にしました。
みんなよろしく!チェケラ!!

さて、でんでんとかのんが、阪急百貨店で開催されている、
バレンタインフェアに行ってきたそうだ。
10階の特設会場は、人でごった返していたそうだYO!


↑どこもかしこもこんな状態だそうです。


↑期間中こんなイベントが開かれていましたYO!
DJSIKAも参加したかったです。
でんでんとかのんは、ゴディバのセミナーに参加したそうだ。


↑会場の一角にイベントスペースがありますYO!


↑ゴディバエグゼクティブシェフのヤニック・シュヴォローさんが、
今回のセミナーの講師ですイェー。
なかなかイケメソですね~。
昨年からゴディバにはいられて、メニュー開発をされていますYO!
パリのタイユヴァンなどで修行し、現在来日8年目で、
昨年からゴディバに。
輝かしい経歴をもたれているシェフです。

  
チョコレートの原料となる、カカオです。
カカオの原産国は、赤道直下よりも南の国だYO!!
熱い国でしか、とれないんだよね。
ちなみに主な原産国は、ガーナ、コートジボワール、
これで全世界の50パーセント以上を占めるらしいよ。

カカオの種類は三種類あります。
中南米原産のcriollo、南米アマゾン原産のForestero、
混種のTrinitarioがあります。

南米アマゾン原産のForesteroが、
全世界シェアの70パーセント以上になるYO!


↑上の写真のカカオは茶色い色をしているけど、
元のカカオの身というのは、白色をしているよ。
カカオの実と空のカカオに分けて、
バナナの皮をかぶせて発酵させます。
カカオの実は三段階の発酵後、色が変わりチョコレートの色、
茶色になるよイェー!

でも、工程はそれだけでは終わらないYO!
チョコレート作りはなかなか手間がかかるんだね~。

続くYO!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BISTRO BACCHUS (ビストロ バキュース)に行ったよ

ワラビーです。

↑某専門学校で、柵に入れられています。
隣には、アルパカ君や鴨太郎、文鳥がいます
ご飯の干草は食べ放題で、至れり尽くせりの生活をしています。
でも、たまには広い大地で駆けずり回りたいなあ。

さて、今回ブログ執筆の依頼が、動物委員会から来たよ。
腕の見せ所ですね。

さて、でんでんとかのんという人間が大阪市西区の新町にやってきたよ。
何でもお仕事の帰りという事です。
ここらへんはビジネス街なので日曜日はとっても静かなんだよ。
私達にも会いに来てくれましたよ。
でんでんはここらへんをたまに徘徊しているので、何度か見たことがあるよ。
かのんははじめてだな。

新町の「BISTRO BACCHUS (ビストロ バキュース)」へ行ったそうだよ。
でんでんは以前行った事があるらしく、
今回はかのんと共に行ったそうだよ。



お昼のランチは1000円というリーズナブルなランチがあります。
これに別料金でテリーヌなどの前菜やスープ、デザートなどをプラスして、
好みのコースに仕立てることが出来ますよ。
でんでん、かのんはランチに、スープとデザートをプラスしたよ。

まずはサラダです。

↑みずみずしいサラダです。
赤い野菜は紅心大根です。
とても甘くて、美味しいお野菜だそうですよ。
レンコンは徳島のレンコンらしいですよ。
でんでんが以前行った時は、
バターナッツが入っていたりと珍しい野菜が入っているのがいいですね。


↑パンは谷町六丁目にあるIENAのパンです。
でんでんかのんも大好きなパン屋さんのパンが食べられると、
大感激でしたよ。


↑聖護院大根のスープです。
聖護院といえば、京野菜です。
聖護院大根をすりつぶしたスープはとても濃厚で、
大根の甘みやかすかな苦味が出ていて、
大変美味なスープだそうです。


↑さて、本日のメインです。
鱈のピカタトマト風味 冬野菜のクリーム煮 です。
鱈とクリームで煮られた冬野菜の相性が抜群で、
メッチャウマイアルヨ~!!(゚Д゚)ウマー!
とのことです。


↑でんでんのデザートの栗のブリュレ、かのんは小豆入りのブリュレです。
表面をガスバナーで炙ってあるので、かりかりで、
中はとろ~っとしているそうです。
食事の〆にほっこリとできるデザートらしいよ。

食事も大変美味しくて、シェフもメッチャ気さくな人なので、
楽しい時間がすごせますよ。
何度も通いたくなるお店ですといっていました。

店名     BISTRO BACCHUS (ビストロ バキュース)
TEL     06-6535-2355
住所     大阪府大阪市西区新町2-3-13

営業時間    
11:30~14:00(LO)

17:30~21:00(LO)

定休日     月曜日(月1不定休)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恐怖の節分

でんちゃんです。

      
2月3日といえば、犬猫たちにとっては、恐怖の日である。
飼い主に選ばれた動物達が、
このデモンズの仮面をかぶらなければいけないアルヨ!
昨年は、ねこさんにかぶってもらいましたが、
今年は私しかかぶる動物がいません。


↑と、いうわけで私がかぶりました。
デモンズにならないか不安だったですが、
大丈夫だったアルヨ。

でんでん注「デモンズの仮面じゃなくて、鬼の面です。
      デモンズになんかならないので大丈夫ですよ」


さて、無事だった事だし、ブログのお仕事に戻るアルヨ。
でんでんとかのんが、縁起を担いで、恵方巻を食べたアルヨ。


↑でんでんは、ちょっと変わった巻き寿司です。
なんと、具にカツが使われています。
勝と掛け合わせですが、寿司飯と以外にも合うようです。
勝の他にキャベツが具として入ってるそうですよ。
ちなみに加古川の名物らしいよ。



↑泉仙の恵方巻寿司
新撰組ゆかりの京都壬生寺で、厄除け祈願のご祈祷をされた、
焼き海苔を使用した縁起の良い巻き寿司アルヨ。


道頓堀今井の「出世そば」というのを食べたそうだよ。
これはお店では食べられない、物販のみのおそばだそうだ。
出世そばの由来は、写真の通り、
旦那さんや芸人さんが「名を上げる」のごろあわせで、
「菜」と「おあげさん」の入ったそばを好んで食べたことから来ているらしいよ。

   
↑こんなセットになっててます。
作るのは簡単ですよ。
さすが、出汁の今井というだけあって、出汁がメッチャうまいらしいです。
でんでんもこれを食べて出世するアルヨ!

でんでん注「でんちゃんにいわれたくはありません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんで給食情報交換会へ行ったアルヨ~其の三~

でんちゃんです。


↑徳川埋蔵金は、このアスファルトの下に埋まっているそうです。
さすがにコンクリートは、犬の力ではなんともなりません。
これは重機などを使って掘るしかなさそうアルネ~。

さて、続きです。


↑さて、どうしても気になるのは食べ残し。
殆ど、食べ残しはないようですね~。
皆えらいアルネ~。dognote

でんでんが子供のころにも食べ残しというものがありましたが、
どうしても不人気メニューというのは、残る傾向にあるようです。
アンケート結果では、
好き嫌いがるあるので、残してしまうというのが多いですね。
後は、時間がない、量が多いというのが理由になっているアルヨ。

でんでんが子供のころは、給食が余ると、
人気メニューは皆で取りあいだったそうだよ。
後、病気などで学校休んだ人に、
コッペパンや牛乳を届けたりなんてものがありましたけど、
今でもそんなのあるのかな?っと、でんでんがいっていましたよ。


↑さて、食べ残しをなくすにはどうしたらよいのか?
児童の皆さん色々と意見を出しているね~。
やっぱり食べ物を残すのはもったいないので、出来るだけ、
食べ残しはしないほうがいいアルネ~。


↑さて、次は地産池消に関してですが、
地元で取れた野菜やお米を給食に使うと、
どんな効果があるのかとのアンケートで、
より安全な給食になるというのが、多数でした。
実際給食に使われているのは、例えば今回参加されたJA北河内では、
農薬や化学肥料を大幅に削減した、
大阪エコ農産物」に指定されたものを使っているらしいよ。
でんちゃんの地元の柏原市でも、給食で柏原市で作られた、
みかんやぶどうが給食に登場するらしいですよ。
出所がしっかりしているものって、すごく安心ですね。dog


↑最近の学校では、食育の時間というものが学校で盛り込まれていたりと、
学校教育でも食の重要性を訴えていますね。
成美小学校さんではお米作りや芋掘り、もちつき、脱脂粉乳などで、
農業体験や伝統食体験をしているみたいですね。
でんでんが子供のころは、芋掘り体験や中学生になってからだけど、
学校の畑で野菜を栽培するという体験はしたそうだけど、
食育という授業はなかったし、
なかなか食に関して学ぶ機会も少なかったそうですよ。

その店でいうと、今の子供達は恵まれているね~。
これを機会に皆さんも給食に関心をもつアルヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »