« ありがとう でんちゃん | トップページ | 国際料理で対決 »

でんちゃんの初七日

ももちゃんです。


↑でんでんが一人で来るから、おかしいと思ったんだ。
でんちゃんが亡くなったと聞かされましたcrying

とても悲しいけど、でんちゃんの為にも、
このブログは続けなくっちゃいけないし、
ももちゃんも微力ながら頑張るよ。


↑でんでんにモンブランのお菓子をもらいました。
でんちゃんも食べたかっただろうなあ。

でんでん注「でんちゃんはこの間独り占めしていたから、
      いつもでんちゃんと遊んでくれていた、
      ももちゃんにおすそ分けです」

さて、でんちゃんが亡くなって最初の一週間が過ぎました。
人間界では亡くなってから7日目の事を初七日といいます。
でんちゃんは、あの世でゆっくりと休んでいるかな??


その頃、あの世では……


でんちゃんです。
地上界から旅立って七日目に、三途の川のほとりに到着しました。
そこには、案内役になっていた、ねこさんが迎えてくれました。

これからの私のスケジュールをお伝えするアルヨ。
どうやら、すぐに天国にいけるかどうか決まるわけでも
守護霊になれるわけではないそうです。
仏教に従って、動物も人間と同じ道を経て、旅立つとの事でした。

まず、地上界で体と魂が別々になった日から7日目に
お裁きという名のテストがありました。
激流の三途の川なのか、
緩流の三途の川なのか、
どんな流れの川を渡るか決まる日が、初七日でした。

この間、初七日のお裁きを無事終え、
ねこさんの案内により、緩やかな流れ
三途の川を渡ることになりました。

体調を崩しながらも、悲しみをこらえて、
毎日拝んでくれた、でんでんかのんのお陰です。
ありがとうdogshine

これから七日ごとにもまた、お裁きという名のテストがあり、
合計七回繰り返されます。

その中でも三十五日目のお裁きが、最も怖い日です。
その日は、閻魔大王thunderがお裁きをされます。
閻魔大王から、悪いお裁きを受ける事がないよう、
でんでんかのんそして皆さんもお祈りお願いします。

四十九日目に三途の川を渡りきり、移住先が決まります。

その事を、人間界では、「四十九日」「満中陰(まんちゅういん)というのだと、
ねこさんに教えてもらいました。

ねこさんは、私を天国に連れて行くため、
人間界での私の悪事をお裁きの時に弁護してくれたり
守護霊になる勉強を教えてくれています。

守護霊になって、天国に行けるのか
そうでない霊になって、地上界をさまようのか
決まるのは、
お裁きの結果+私が生前に徳を積んだ質と数+研修の結果次第アルヨ~。
厳しいな~。

そんなこんなで私は、柴犬の血を引くので、柴組の研修生になりました。
なぜか犬が教官ではなく、猫が教官なんです。

指導教官はねこさん後輩アルヨdog

毎日忙しくすごしています。
ねこさんは地上界では、後輩だったけど、こちらでは先輩です。
ねこさん後輩だけど、先輩です。なんかややこしいなあdogsweat01


ねこちゃんですcat
案内役と自称教官を兼任しています。
先輩を早く一人前の守護霊にするべく、びしばしとしごくにニャ~。
でんでんとかのんの悲しみを癒し、心身共に元気になってもらう為にも、
先輩にも頑張ってもらわないとニャ~。

お世話になった人が多すぎて、ねこちゃんだけでは、
なかなか、でんでんとかのんを守りきれないので、
でんちゃんには、二人の面倒を専任で見てもらわないとなあ。

|

« ありがとう でんちゃん | トップページ | 国際料理で対決 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/490312/41376239

この記事へのトラックバック一覧です: でんちゃんの初七日:

« ありがとう でんちゃん | トップページ | 国際料理で対決 »