« トゥルヌッソルでフレンチを食べたよ | トップページ | ボジョレーヌーヴォー2011解禁! ~其の二~ »

ボジョレーヌーヴォー2011 解禁!!~其の一~

ここは こぬこ幼稚園です。


↑とらおときじおのこぬこコンビの、今トレンディな話題は
ボジョレーヌーヴォー解禁日と大阪市長、知事のW選挙です。

でも、猫には選挙権も無いし、未成猫なのでお酒も飲めないし、
猫には全く関係の無い話なんだなあ

**********************************************************

さて、でんでん宅でも、今年も飲めないくせに、
ボジョレーヌーヴォーを買ったそうですよ


11/17 18:30前   大阪梅田の阪神百貨店のワイン売り場です。
人気の高いボジョレーが次々と売切れて行きます。
すごいにゃ~

かのんは、人気のボジョレーを二本何とかGETしたよ。

昨年と同じ銘柄のワインだけど、
今年は下の3項目をクリアしている品質にチャレンジ

樹齢が古い=濃厚な色と味
シリアルナンバー付=世界にたったのワインの証
ヴィラージュ=ボジョレーより一つ上の格付。
           ボジョレー地区の中で、他の地区よりも肥沃な土壌などで
           恵まれた地域で収穫される葡萄から生まれたワイン

 2010年ボジョレーヌーボーで飲んだワインは、こちらをクリック

**********************************************************

メゾン・ジョセフ・ドルーアン ボジョレ ヴィラージュ ヌーヴォー2011
 ヴィエイユ・ヴィーニュ

こちらのワインの樹齢は、40年以上のものです。
フランスワインでは、一番高い格付けに値するAOCですが、
有機ワイン(オーガニック)ではありません

ネットやワインショップなどの説明では、
下記のように販売されているのをよく見かけるにゃ~。

**************************************************

食品表示に誤りがある説明

農薬や化学肥料、除草剤は一切使わない
有機農法で育てられた、ぶどうを使っています。

**************************************************

実は、この説明には、食品表示違法が含まれているんだよ

つまり、ジョゼフ・ドルーアンのワインのどこを見ても、
有機認証マークがないのに、どうしてよく目にするのだろうか
理由を阪神百貨店の店員さんに聞いてみました。

国が決めた基準でなく、ジョゼフドルーアンの会社の基準で、
有機農法と言っているだけです。
販売する側が誤って、「自社の基準」の説明を省いているケースもある。

問屋さんが商品知識がないお店の担当者に、
「有機ワイン」「オーガニックワイン」と誇大表現で売り込んでくる事があっても、
消費者からクレームや責任問題が発生するまで、
そのままスルーをした方が、売上があがりやすいと判断する悪徳な例がある。
と、説明してくれました。

もっと、わかりやすく言うと、
自称
で、有機農法と言っているだけです。

正式には、ドルーアンのワインは、
「有機ワイン」・「オーガニックワイン」ではありません。

フランスの食品で、法的に許されている
「オーガニック」・「有機」と表現して販売してもいいのは
平成23年11月現在では、↓のマークが入っているものだけだよ

       Rable_2    

日本の農家にも、有機JAS認証を受けてなくても、
オーガニック・有機といって販売している事があるよね

大阪府の北摂の某市では、
税収UPをしたいと考えている行政側の一部の人や関係者が、
食品表示を違反する事をわかっていながら、
有機認証を受けていない農家に、補助金・メディア露出・名誉を与えて
「有機」「オーガニック」と消費者に推奨させ、野菜を販売させています。

税収UPの為に、農家を使って、お店や消費者が
「有機野菜」「オーガニック」と嘘の口コミが広がるのを
待っている事例があります。

行政側や関係者は責任を取らずに、
農家・飲食店・市民に発言した責任を押し付ける仕組みになってるのですよ。

正しい食品表示の見方を知らないって怖いですね~

**********************************************************

 ルイテット ボジョレ ヴィラージュ キュヴェ サントネール

こちらのぶどうの樹齢は、100年以上との事

実も濃い色の果実なので、ワインの色も味も濃厚なんだよ。
でも、タンニンが少ないので飲みやすいよ。





どうして、こんなに古い樹で作られたかというと、次のようなエピソードがあったからだよ。
一本の木から二房しか取れないので、生産者が限られている、貴重なワインです。
だから、この木の価値を知らない地元の他の生産者達は抜いてしまって、
たくさん実が付く新しい樹に植え替えをしてしまうそうです。
そこで、ルイテットは、
農家に保証金を払って、
新しいに植え替えをしないようにお願いした結果、
今でも生産は維持されています。

       
なんと、最後の一本は、かのんがGETしたらしいよ   

本当は、去年と同様のシリアルナンバーが無い
ルイテットを買おうと思ったんだけど、
あまりの売れ行きの良さに、こちらにしたんだって。
ちなみに、この時、普通のルイテットの残は、6本でした。
ドルーアンのシリアルナンバーものよりも早く完売していたよ。
かのん乙。

**********************************************************

阪神百貨店のワイン売り場の店員さんのアドバイス

~ボジョレーヌーヴォーと相性の良い食べ物~

・肉:鶏肉
・スイーツ:ショコラ
 生クリームのスイーツは合わないので、やめたほうがいいらしいよ。

**********************************************************

今回は、2011年ボジョレーヌーヴォーの解禁日当日の
ワイン売り場レポートだけで、疲れちゃいました

味の感想と一緒に食べたものは、次回のお楽しみニャ。

またね~

|

« トゥルヌッソルでフレンチを食べたよ | トップページ | ボジョレーヌーヴォー2011解禁! ~其の二~ »

百貨店」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレーヌーヴォー2011 解禁!!~其の一~:

« トゥルヌッソルでフレンチを食べたよ | トップページ | ボジョレーヌーヴォー2011解禁! ~其の二~ »