« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

【京都東山】 養源院・七条甘春堂 おまけ編

ぶちたろうです。

   
いち早く動物少年院から、出所しました。
きじたろうおやびんが出所するまでに、
「雉寅組」の構成員をある程度集めたくって、
猫たちを勧誘していますが、なかなか集まりません。
このままでは構成員が、ぶちたろうとおやびんだけになってしまいますsweat01

守護霊ねこさん注
「そりゃ、そんな怪しい勧誘の仕方じゃ、集まらないにゃ~」


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆



さて、でんでんとかのんが京都へ行ったそうだ。
法住寺で大根炊きを食べた後、
お隣にある養源院というお寺に行ったそうだよ。

場所は、三十三間堂の東向かいにあります。
養源院の寺名は、浅井長政の院号からとられたそうですよ。




徳川家ゆかりのお寺で、血天井というオドオドロしい天井が有名だそうだ。
血天井とは、伏見城の戦いで、鳥居元忠以下1000人余りが城を死守し、
最後には、皆自害したそうだ。
天井まで血が飛んだという意味ではありません。
その廊下の板の間を、供養のために、天井としたものらしいよ。
武将達の遺体は。、残暑の残る8月から9月中旬まで放置されていたので
いくら洗っても血の跡が取れなかったと言われています。
そのため、今も生々しい血の痕があちこちに残っているそうだ。
こわいですね~sweat01



↑なぜか鳥居に石がいっぱい積んであります。
なぜなんざんしょ?


impact貞子impactが出てきそうな井戸もありますよdash


↑本堂です。
 徳川家の家紋が飾られていますね。


↑庭園で珍しいしきびの花を見つけました。
 きれいだにゃ~heart02

特別拝観をしているみたいなので、
今度は時間を取ってゆっくり行ってみよう♪


養源院

京都市東山区七条通東大路西入ル三十三間堂廻り町656

京阪本線「七条」下車、徒歩
JR京都駅より京都市営バス「博物館三十三間堂前」下車


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆


↑さて帰りに三十三間堂に来た時は必ず来る、
七条甘春堂へいったそうだ。
かのんはぜんざいのセット、でんでんは寒いのに、
抹茶パフェを食べたそうだよ。

     
おいしそうだね~。

こちらでほっこりとした後は、帰路についたそうだ。

七条甘春堂

アクセス:
京阪本線「七条」下車、徒歩
JR京都駅より京都市営バス「博物館三十三間堂前」下車


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆


↑鷹さんもご挨拶をしてくれています。
京都はいい所だにゃ~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大阪市淀川区】絶品うどん★白庵を食べたよ(ステマじゃ無いよ)

ことらです。ひさしぶりだにゃ~。
追い出されたおうちに戻る事ができました。


↑最近ダイエットに成功して、元の体型に戻りました。
猫らしくすばやく動けるようにもなりました。
これまでのダイエット経験を活かして、
「ことらのダイエット教室」を開いたところ、大成功heart04
座布団を重ねてくつろげる身分になりました。

次は今流行のステルスマーケティングというのに興味津々だニャ。
調べてみると、イランに墜落した、ステルス機の模型を売る仕事で、
イランで大繁盛らしいニャ。

守護霊でんちゃん注「ちょっと、違うような気がするアルヨ」

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

さて、でんでんとかのんが、ミナミから神崎川に移転してきた、
「白庵」さんへ行ったニャ。


↑元は松屋町筋の日本橋に近いところに、
お店を構えていらっしゃいましたニャ。


↑神崎川駅前にあります。すごく便利なところです。

でんでんかのん宅から自転車でいける距離です。
いつでも行ける場所に名店が移転してくれて
うれしいといっておりましたニャcatshine


↑芸能人のサインがいっぱいです。
 有名人もいっぱい訪れるお店です。

*****************************************

↑かのんはこちらで人気ナンバー2の
ちくたま天ぶっかけを食べたそうです。


↑ちくわはとろ~りホクホクに仕上げられて、卵は半熟なんだそう。
それをしっかりとしたコシがあり、モチモチとしたうどんと絡めると、
それは絶品なんだそうだ。

*****************************************


↑でんでんは鶏天ぶっかけうどんです。
大きな鶏天一つ約50グラムあるそうです。
4つも入っていますニャ。
それに麺が260gです。


↑鶏肉はジューシーで噛めば肉汁がじゅわ~っと溢れるそうニャ。
うどんもモチモチコシがあり、食べ応え充分。
お腹がパンパンになるほどニャ。
メッチャウマイアルよ(゚Д゚)ウマー!なんだそうだ。

*****************************************

近くなので、うどんが食べたくなればいつでもいける、
良いお店が移転してくださいましたにゃcatshine

関連ランキング:うどん | 神崎川駅三国駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012冬の北海道物産大会★うめだ阪急に行ったよ

カモメの序名産です。


↑今年も海から神崎川をさかのぼって、江坂までやってきました。
今年もカモメの学校を開催中です。

今年のテーマは、橋本大阪新市長と、
松井大阪府知事が提唱する大阪都構想についてです。
大阪市の改革は、確実に動き出していますよsign01

小市民のかのんにも、ある依頼がありましたよ~。
TVで見てるよりリアルだったので、機会があったら、またお知らせします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

さて、かのんが、うめだ阪急で開催されていた
冬の北海道物産大会へ行ったそうだ。

今回もあまりにもおいしかったので、開催中に数回通ったそうだよ。
いろいろ買った中で、特によかったものだけを紹介します
heart04 

**********************************************************

豊平館



10時と18時各30個数量限定のお得な弁当を、
1,050円のお弁当などを求めて 大勢の人でにぎわっていますねsign03
一緒に並んで待ってでも、買ったよ。
かのんが北海道物産展にやってきたお目当ての食材でした。
その場で買って、イートスペースでお食事している人もいたよ。


↑並んでまで買ったのは、「豊平館」さんの北海道ステーキミニ弁当ですsign03



とにかくお肉が柔らかくて、肉汁がジューシーでお口の中で、ふわ~っと広がる。
ソーセージもすごく美味しいらしいよ。
一緒についていたコーンの甘みもお肉と相性抜群です。
かのん曰く、しびれる味だそうですsign03

ちょっと贅沢だけど大満足した晩御飯になったそうだ。

**********************************************************

十勝しんむら牧場

牛さんのミルクを使用した食材です。

Tmpimg1201232137n1

↑ミルクジャムでおなじみのお店ですtaurus
今回の目玉は、新発売のシナモンでしたが
試食の時においしいけれど、使い方が限られている事に気がつき、
調理にも使えるプレーンを買ったんだって。
ミルクジャムも買って帰ったそうですよ。


↑キティちゃんのミルクジャムもあったよ。
キティちゃんも牛さんのかぶりものでPR活動をしているよ。
ご苦労さんだねsweat01


↑十勝しんむら牧場の「ミルクドック」

パンの上にミルクジャムと生クリームがかかっているのに
甘すぎずあっさりしすぎずの丁度良い味にheart04
ミルクの優しい風味が、お口の中に溶け込むそうです。

メッチャウマイアルよ(゚Д゚)ウマー!っといっておりました。

**********************************************************

とみたメロンハウス

初日はお昼間だったので、ランチがわりにイベントスペースの椅子で
店内で食べた時、おいしかったので、来店するたびに買って帰ってきてたよ。

夕方18時半頃、最終の焼き上がりの待ち時間にあたった
かのんは並んでまでGETしたんだって。

  

18時半頃は、70個しか作れないとの事でした。
次の日は最終日で18時に会場が終了になるから来れないので、
焼き上がりまでも長蛇の列を作っていたよ。


↑とみたメロンハウスの「ダブルクリームメロンパン」
中には濃厚なメロンクリームメロン生クリームが二種類入っています。
今まで食べた事の無い、メロンの味が濃厚に感じたのが印象的でした。
これを食べると今までのメロンパンは何だったのか?
という感じになるくらい別物なんだそうです。
濃厚クリームで生地はしっとりと食べ応えのあるメロンパンだそうですよ。

メッチャウマイアルよ(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー! 
っといっておりました。

**********************************************************

お豆腐工房 めめ

Tmpimg1201232138n2

もちもちのおやきのお店です。
Tmpimg1201232138n1

おうちにも持って帰っていましたが、あつあつの方が断然おいしいので
会場の椅子に座って、購入後すぐに食べることをおすすめします。

**********************************************************

海鮮

海鮮の弁当やさんも気になるところですが、
チラシには掲載されていない もう一つの海鮮弁当の楽しみ方をご紹介します。
今回はバイキング形式で選りすぐりの海鮮をGETsign03

↑最終日の1日前に買った海鮮は、
いくら・ほたて・つけわさび・数の子&にしんです。

北海道物産展に行くと、かのんは毎回、海鮮屋さんに立ち寄るんだって。
試食後、好きなものだけをチョイスして、
でんでん家は二人暮らしなので、4種類の海鮮を50gずつ買って
おうちでオリジナル海鮮丼にして食べたそうだよ。

へたなお店で外食するよりも、リーズナブルでお味も大満足でしたgood

メッチャウマイアルよ(゚Д゚)ウマー!(゚Д゚)ウマー!
っといっておりました。

**********************************************************

北海道はおいしどーsign03 っと、でんでんかのんも言っていました。
毎回大満足できるフェアを開催される阪急さんはすごいですねsign03

毎年うめだ阪急さんでの北海道物産展は年3回開催するそうです。
が、2012年は改装工事の為、春の北海道物産展は中止されるとの事です。

次回の北海道物産展は秋になるんだね~。待ちきれないな~。
1階や地下1階のイベントスペースで縮小しても継続して欲しいなって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【京都東山】 法住寺で大根焚きを食べて無病息災!

ハト次郎実吉です。

↑最近の人間界では、消費税率引き上げの話が話題になっています。
そのことに関してお友達のハト伊衛門君とお話をしていましたが、
彼は人間界の話題には全く関心が無いようです。
人間界が不景気になったら、京都に観光に来る人も減り、
私達のご飯がもらえるのも少なくなるかもしれないのにsweat01

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★


さて、でんでんとかのんが京都へやってきたそうですよ。


↑三十三間堂のすぐお隣にある、法住寺です。
三十三間堂の千体の観音様に並んでいる向きが、
このお寺に平行になっているので、パワーを感じますねshine

こちらでは毎年成人の日に、大根炊きをされています。


↑無病息災を祈願した大根焚きです。
新年からこれを食べると、病気に見舞われず、平穏に暮らせるよ。

こちらは、サザエさんの作者である長谷川町子さんとゆかりのあるお寺なんだよ。
ご本人の直筆の作品が、お寺の中に展示されているよ。

長谷川町子さんと法住寺の関係は、こちらをクリックすると見れるよ。




平安時代中期に藤原為光によって創設されたお寺です。
  ご本尊様は、不動明王が祭られています。


大根焚き700円也のチケットには、護摩木もついていますよ。


  
↑大釜で薪を使って、大根とおあげさんを煮込んでいます。
  ちなみに大根とおあげさんは味付けが違うので、
 別々の釜で煮ているんだよ。

 
↑チケットと引き換えに温かい大根焚きをいただきましょう。
湯気が出ていてすごくおいしそうですねsign03


↑薄味だけど、よく味がしみこんでいて、大根もとても柔らかくて、
メッチャウマイアルクポー(゚Д゚)ウマー!な大根炊きです。


↑新潟魚沼産コシヒカリを使ったおにぎりと一緒に食べました。
ちなみにおにぎりは二つ入って、300円です。
具材は、南高梅の梅干ですよ。


↑こちらでなんと、菊川太夫さんがお手伝いに来られていました。
お写真をとらせていただいたそうです。(撮影掲載許可済)

毎年、赤穂浪士四十七士が吉良邸に討ち入りした12月14日
法住寺で恒例の義士会法要が行われています。

その時に、菊川太夫さんが、江戸時代に花街として栄えた島原の伝統を再現した、
「花魁道中」を奉納されているそうです。

そのようなご縁もあり、今回お手伝いに見えられていたそうです。
花魁姿の菊川太夫さんは、
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/111215/wlf11121510210004-l1.htm
で見られるよ。
http://www.youtube.com/watch?v=JXCBjcPgtPs

とてもお上品な立ち振る舞いと、京言葉でお話して下さいましたshine
彼女に会えて、とてもラッキーだったsign03
と、でんでん、かのんがいっておりました。

今年は良い事がありそうだね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【京都東山】 三十三間堂へお参りに行ったアルヨ

ハト次郎ですchick


↑でんでんとかのんが、毎度おなじみの京都の三十三間堂へ来たよ。
ハト次郎が京阪七条駅まで、お出迎えをしていますぽsign03


↑今回はJR京都駅からきたそうです。
JR京都駅から徒歩20分くらいです。


↑京都駅前には、京都のランドマークである、京都タワーがありま。
これは、ろうそくをイメージして作られとか、聞いた事がアルポ。


↑徒歩だけではなくてバスで行く事も可能アルポ。
今回は京都の町を探索がてら、歩いていったぽ。

  
↑三十三間堂、正式名称は蓮華王院本堂というアルポ。
本堂が間面記法で「三十三間四面」となることに由来するそうだ。(昔の表記だよ)
元は後白河上皇の離宮内に創建した仏堂だったんだって。
本尊は千手観音ですぽ。
後白河上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて、
この建物を建てたことから、
今、NHKのドラマでやっている平清盛とも縁深い建物です。
毎年、無料観覧の日は、大勢の人が訪れます。


↑無料観覧の他に、通し矢の大会も行われていますぽ。


↑こちらが本堂です。
この中で千体の観音様や仏像がみられます。
また、頭痛封じの祈祷である「かじかのおかじ」もしていただけるアルポ。
堂中は撮影禁止ですdanger
なので、是非、皆さん一度足を運ばれて見られると、良いアルポsign03


↑弓矢を持った女子が大勢いますね。
弓矢でゴルゴでもするのでしょうかsign02

守護霊ねこさん注「違います。これでハトを撃つのニャ~」

ひゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~、怖いぽ!!

守護霊でんちゃん注「そんな事はしません。ちゃんと的を撃つアルヨ」


↑今年成人を迎える射手が弓を引きます。


↑ここが的です。
ハトさんたちは誤って入らないようにしましょう。




↑朱塗りの門です。

さて、ここを出た後は、法住寺へ大根炊きを食べに行ったそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良のご当地ラーメンを食べたアルヨ

きじおです。

↑こぬこ幼稚園のきじおです。
ちょいちょい登場する、とらお君とは、よきライバル同士で、
お互い切磋琢磨しています。
将来は二人で日本を背負ってたつような猫になりたいですニャgood

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、でんでんとかのんが奈良へ行った続きですよ。

↑近鉄奈良駅では、遷都君がお出迎えしてくれますよ。
皆も一緒に写真をとるニャ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さて、初詣の帰りに折角奈良まで来たのだから、
奈良らしいものを食べようと色々なお店を回って見つけたのがここです。

つけめん・らーめん元喜神さんですにゃ。

↑ラーメン屋さんが奈良らしい?


↑こちらは大阪ではあまり見かけない、鶏白湯スープのお店です。
奈良ではポプュラーなのかな?
気になるメニューがあったそうです。
それは「大仏ラーメン」しょうゆ味です。
なんでも毎日二十食限定だとか。
食べたかったけどその日は品切れ。

他に奈良らしいメニューとして、店員さんのオススメで、
飛鳥豆乳ラーメンというのを頼んだそうだ。
果たして、豆乳とラーメンは合うのか?


↑スープは大和肉鶏の鶏がら、若丸鶏、昆布、
野菜などを白濁するまで煮込んだスープベがベースだそうです。

野菜は殆どが奈良の地元の野菜を使っているそうです。

豆乳は、奈良の飛鳥で名物の豆乳鍋からヒントを得たそうですよ。


↑大和鶏が入っていますよ。
柔らかくておいしいそうです。


↑特筆すべきはこのスープ。
濃厚でクリーミーなスープは口に入れた瞬間ふわ~っと、
広がる風味がたまらないそうです。
濃厚なポタージュスープを飲んでいるかのような、上品な味。

メッチャウマイアルよ~(゚Д゚)ウマー!っといっておりました。
ここ最近食べたラーメンでは、
間違いなくナンバーワンのうまさだそうです。

奈良へ行った時は是非食べてもらいたいラーメンどすなあ。

関連ランキング:ラーメン | 近鉄奈良駅奈良駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宮戎へ行ったアルヨ

今春、鹿小学校へ入学する、しかおです。
今は鹿幼稚園の年長です。


↑鹿幼稚園を3月で卒業し、
今春から難関だった鹿小学校へ入学する事になりました。
そこは将来を担って立つ鹿達を養成するエリート養成学校です。
入学前の課題でブログを執筆する事になりました。up



さて、でんでんとかのんが今宮戎へ行ったそうだ。
二人が行った日は宵戎でした。

crown十日戎とは

江戸期の大阪は商業の町として繁栄を遂げていたそうです。
その頃、今宮戎神社も大阪の商業を護る神様として、
篤く崇敬されるようになりました。
十日戎の行事もこの頃から賑わいをみせたそうです。
明治時代、それまでの問丸が雑喉場の魚市場、材木商組合、麻苧商組合、
蝋商組合、漆商組合、金物商組合等が講社を結成し、
十日戎はより一層盛んになりました。
今では年の最初のお祭りとして十日戎の三日間に、
約百万人を超える参詣者がこられるそうですよ。

すごいね~。
本番は十日戎なんだよ。

↑一番の最寄駅は南海今宮戎駅です。
ちょっと遠いけど、大国町、難波、新今宮からも歩いてこれます。


↑今宮戎へ続く道です。
人大杉sign03


↑やっと鳥居の前まで着ました。
ここまで来るのにも一苦労だったそうです。
更にここから入場制限していますsweat01


↑更に境内もこの騒ぎである。
人が多すぎて、進む事もままならない状況だったそうです。
人の整理をする、湾岸署のおまわりさんも大変そうだsweat01

守護霊ねこさん注「今宮だから湾岸署の管轄じゃないにゃ」


↑古笹納所もすぐにいっぱいになりますので、


↑このようにえべっさんのはっぴをきた警備員さんが
  換えの箱を運んできてくれますgood


↑本殿に近づいてお祈りをしようにも、人が多すぎて近づけません。
なので、皆遠くからお金を投げてる人が多くみられます。
(お賽銭を離れた場所から投げると人に当たったり、非常に危険ですので、
遠くから投げないで下さい)


なので、お参りどころではなかったそうだ。
でも、かのんは果敢にも特攻して本殿の前に行きお祈りをしたそうだ。えらいね~。
ゆっくり心を込めて落ち着いてお祈りをするというより、
お賽銭を入れるだけで精一杯だったそうだ。
お賽銭にたどり着くまでに、おしくらまんじゅうをしにいったみたいだったと
汗をかき、髪の毛がくちゃくちゃになりながら、でんでんのもとに帰ってきたwobbly
かのん乙

守護霊ねこさん注「神様 でんでんかのんに福を捧げてあげてくださいにゃ」

今宮戎神社は、
天照皇大神・事代主命・外三神を奉斎しています。
創建は推古天皇の時代に聖徳太子が四天王寺を建立されたとき、
同地西方の鎮護としてお祀りされたのが始めと伝えられています。

また、今宮戎のある場所が平安時代には海岸線沿いだったこともあり、
海辺で物資の集まりやすい場所だった事もあり、交易も盛んになり、
いつしか商売の神様として、信奉されるようになったそうです。


↑笹は無料でいただけます。
これに交通安全と戎くじの札は無償でついてきます。



↑こんなきれいなお姉さんたちが、お出迎え。
shine福娘shineです。

 
↑皆さん笑顔が素敵ですねheart04
福娘の肩書きは、就職やお見合いに有利といわれています。


↑子宝をつけて自分だけのオリジナルの笹を作ろう。
子宝の値段は、一つ 千五百円~二千円と高額です。
付けすぎるとお金がたくさんかかりますよsweat01
予算に限りのあるでんでんとかのんは、熊手に子宝をつけたそうですよ。


↑お帰り口も大混雑です。
とにかく人だらけでとても疲れたそうです。
お参りに来た皆さん 商売繁盛のご利益がありますようにsign03

********************************************************

昨年はいろいろあった上に本業が忙しくなってきたので
なにわの伝統野菜の漬物教室が思うようにできなかったけど
今年はもっとできるといいなって、でんでんかのんが申しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣に春日大社へ行ったアルヨ~其の伍~

鹿ジャーナリスのペンネームSIKA56こと、
鹿五十六です。
奈良公園で起こった事件をスクープしています。



鹿事件簿。
ヤギでも無いのに、紙を食べている鹿がいました。

お正月、紙を食べている鹿を発見した、でんでんかのんと、どこかのおばさんは、
やめさせようとしましたが、最後まで食べてしまったとのことです。

調べに対してこの鹿は、
「むしゃむしゃしてやった。今は後悔していない」と、供述しているそうです。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

さて、でんでんとかのんが、春日大社に参拝にこられたそうだ。


↑毎年たくさんの人間でごった返している、春日大社です。
今年も例年にも増して参拝者が相次いでこられています。
今年は辰年、いい年になるといいですね。


↑皆さんお金を投げられて、祈りを捧げていらっしゃいます。


↑これが春日大社名物の鹿みくじです。
鹿の形をした木彫りの人形の口におみくじが結ばれています。


↑なかなかかわいらしいですね。

ちなみにでんでんの運勢は、「ぴょん吉」でしたとのこと。


↑天皇家の紋章が提燈についています。



↑金色のカンテラが並ぶ幻想的な空間です。


↑お神酒の振る舞い酒です。
金粉も少し入っているそうです。


↑気がつけばあたりは真っ暗になっていたそうです。

↑普段夜間は活動しない鹿ですが、お正月や特別な期間は、
シフトを組んで動いています。
夜勤の鹿たちが観光客をお見送りしています。


↑夜の奈良博物館の貯蔵庫もライトアップされて、美しいです。


↑五重塔もライトアップされています。
昼間とはまた一味違う町の雰囲気を味わえていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣に春日大社へ行ったアルヨ~其の四~

鹿ラッパーのDJSIKA事、管鹿太郎ですYosign03いぇーsign03

↑でんでんとかのんが奈良公園へ来るという事で、魂のラップで、
歓迎しているYOsign03




↑二の鳥居の前までやってきたYosign01
ここで古神様をもっていたら、奉納していってねチェケラnote


↑SAKEもたくさん奉納されてあるYOsign01
鹿一郎もSAKEを飲みたいチェケラsign02

でんでん注「鹿はお酒を飲んではいけません。あっ。去年も書いてたっけ」


↑春日大社は世界遺産ですYosign03
春日大社の解説は、昨年のブログ記事を参照にしてくれYOsign03

春日大社にお祭りしている神様に関して知りたい人はここをクリックしてね

由緒をラップで解説すると、

note今からおよそ1300年前にYO!note
奈良に都ができた頃にイェーsign01
日本の国の繁栄と国民の幸せを願ってYOsign01
遠く鹿島神宮から武甕槌命(タケミカヅチノミコト)様を
神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)
にお迎えしたんだYOsign01YOsign01YOsign01
そして天平の文化華やかなる神護景雲2年(768年)11月9日に、
称徳天皇の勅命により左大臣藤原永手によってさ、
中腹となる今の地に壮麗な社殿を造営して香取神宮から経津主命様、
また枚岡神社から天児屋根命様・比売神様の尊い神々様をお招きし、
noteあわせてお祀り申しあげたのが始まりなんだぜーsign03yeasign03

守護霊でんちゃん注「なんかバチがあたりそうアルネdogsweat01


↑式年造替というのは、お社を20年に一度立て替えることだYOsign01
そのことによって、強い御神威のご発揚を願うそうなんだ、チェケラsign01


↑立派な狛犬がお出迎え。
今年は夕方から来たので、昼間とは少し雰囲気の違う春日が楽しめるねsign03


↑鹿の像がありますYOsign03
昔悪い事をして、メデューサに石にされた仲間らしいですYOsign01
怖いねえ~。

でんでん注「そんなわけありません。それは都市伝説です。
      あっ去年もおんなじこと書いたか」

この鹿の像の下が手洗い場になっています。


↑手洗い所で、手と口をゆすぎます。
こうやって身を清めないと、神社に入る事ができないんだYOsign03


↑春日大社へ続く道です。
昨年はものすごく混んでいたけど、今年は人影もまばらで、
ゆったりと景色を楽しんだらしいYOsign03


↑いよいよ本殿に着きました。
いよいよお参りするYOsign03

続くYOOOOsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣に春日大社へ行ったアルヨ~其の参~

しがない鹿公務員の管鹿一郎です。


↑最近流行の行政改革とかで、今まで所属していた、
まちづくり事業部が縮小となりました。
そのため公園整備課に人事異動の辞令がでて、配置転換となりました。
毎日、公園の美化の為に、掃除をしたり、
ゴミを捨てる人間を見かけると注意を促したりしています。
なかなか大変な仕事だよ。

でんちゃん注「可愛そうに左遷されたアルネ~」

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

さて、でんでんとかのんが奈良へ来たそうです。


↑ここが春日大社の一の鳥居となります。
道路を横断しないといけないので、車には気をつけましょう。

dangerドライバーの方へ
これは奈良独自の交通標識です。
「鹿横断注意」です。
特に奈良公園周辺は鹿の仲間達がたくさんいるので、
ドライバーの方は徐行運転で気をつけてお願いします。

↑たいていの仲間は人間達になれていて友好的です。
そのため可愛いからといって、
人間が食べているご飯やお菓子を鹿に上げてはいけません。
鹿にご飯をあげたい人は、「鹿せんべい(DEER FOOD)」を買いましょう。

鹿せんべいは、鹿の保護に取り組む、
「奈良の鹿愛護会」のお墨付きをもらった六社でしか製造できないのです。
材料は米ぬかと、小麦粉のみです。
かき混ぜた材料を鉄板ではさみ焼いています。


↑鹿せんべい、150円で販売しています。


↑鹿せんべいの売り上げは、鹿の保護に使われます。


↑さっそくかのんがせんべいをあげに行きました。


ものすごい勢いで、鹿がせんべいを奪いに来るので、
かのんと女の子もビビっていたそうです。
行儀の悪い仲間達だなあ。

↑小鹿たちも一生懸命食べています。


↑ちなみに鹿一郎たちがいるところは、「セントラルの森」といいます。
鹿の楽園です。
ここでは、箕面の鹿のように鉄砲で撃たれて、
燻製にされる事もありません。


↑ちなみに柵内に進入してはいけません。
煙草も遠慮してねnosmoking


↑こうして鹿達と触れ合いましょう。


↑進むにつれて、鳥居や灯篭があります。
だんだんと聖域に近くなってきたという感じですね。


↑立派な灯篭です。
いよいよ次回は本殿におまいりするよ。
続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣に春日大社へ行ったアルヨ~其の二~

菅鹿子ですYOsign03
旦那の鹿太郎は、現在,鹿ラッパーのDJSIKAとして、
鹿界で大人気ですチェケラsign03


↑昨年 ガトードボワで買ったお菓子を持ち歩いていた、
かのんという人間を発見したYOsign01


↑今年はなんと、奈良の大人気店「中谷堂」のよもぎ餅を持ち歩いていました。
ほしかったので、かのんにおねだりしたけど、
「お餅が喉に詰まると大変だから 鹿せんべいをあげる」と言われたわimpact
鹿せんべいしかくれなかったYOOOOOO~dash
残念sweat02

でんでん注:当たり前です.
        かのんは鹿さんの身を守る為に安全な物をあげただけです。





さて、でんでんとかのんが奈良へ来ましたYOsign03


↑近鉄奈良駅からならそんなに遠くない、猿沢池周辺は、
よいお散歩コースです。


↑猿沢の池のお隣には、観光案内図もありますので、参考にしていって,YO。


↑さて、ここから先へ進むと、私達鹿の仲間達がいっぱいいます。
鹿達に対する注意書きが書いているので、熟読してね。


↑時にてんぱった仲間が、
人間に対して危害を加えたりすることがあるかもしれません。
鹿に近づく時には、充分注意してねチェケラ。


↑また、奈良公園周辺の自動販売機では、なんと、募金が出来るんだYO!!
私達鹿の愛護活動の為にも、募金宜しくイェーsign03


↑奈良には、私達の仲間を保護している活動をしている人間がいるYO!!
鹿愛護に関することは書きホームページを参考にしてチェケラ。
http://naradeer.com/




しばらく歩くと、五重塔が見えますよ。
ならは昔ながらの寺社仏閣と、美しい自然が残る町です。
道中の景色を色々と楽しんで行ってね。


続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣は春日大社に行ったアルヨ~其の壱~

鹿鍋一郎@なら湾岸署所属の警察鹿ですflag

↑春日大社へ続く道で、人間達が何かを悪さをしないよう、
見張っています。
私達の仲間をいじめるなど、悪さをしている人間を見かけると、
頭突きで一撃し成敗します。

大晦日からお正月にかけて、春日大社へ続く道は大賑わいです。
事件もたくさん起きるので、鹿警察も大忙しですsweat01

でんちゃん注「奈良湾岸署って、奈良には海は無いアルヨ~」

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、でんでんとかのんという人間が、
美味しい物を持ってやってくるということで、灯篭前で張り込みをしていました。
今回はその行動をレポートしますよ。


↑近鉄電車に乗って、大阪から奈良へやってきたようです。


↑春日大社へ行くには、「ひがしむき商店街」を通っていくのが良いです。

↑商店街を通り抜けると、なにやら人だかりが出来ています。
すわsign01事件かsign02っと思いきや、なんとsign03


中谷堂というお餅屋さんの前で大行列が出来ていたそうです。
そこで何か大事件が発生しているのかと思いきや、


↑こちらの名物のよもぎ餅を買いに来るお客さんでごった返していたのでした。

なぜよもぎ餅で行列が出来ているのかsign02
それは製法にこだわりがあります。

↑餅をつくスピードが尋常じゃない早さです。
とにかく早いsign03目にも留まらぬ早業で、お餅を仕上げていきます。
最初は、二人で杵でもちをついていきます。


↑ある程度つくと、一人が杵、一人が返しを担当します。
つくほうも返すほうもすごいスピードなので、見ている方は、
間違って杵で返しをしている人の手を叩かないかひやひやしますが、
そこは阿吽の呼吸ができているのか、見事にお餅を仕上げていきます。

こちらのお店はなんと、「テレビチャンピオン」の餅つき王選手権で優勝し、
数々のメディアへ出演されているお店でもありますtv

↑お餅がつきあがりました。
製法だけではなく、素材にもこだわりがあり、
もち米は佐賀県産の「ひよくもち」を使用し、
餡に使用する小豆は北海道十勝産、きな粉は国産のひきたてを使用し、
よもぎは、愛媛県宇和島産のやわらかい新芽のみを使用しているそうだ。


↑つきたてをそのままいただけますよ。
出来上がったよもぎ餅は、とても柔らかく餡も甘すぎず、
あっさりしすぎずの絶妙な味わいです。
メッチャウマイアルシカ(゚Д゚)ウマーsign03っといっていましたよ。
あまりにも美味しいので、もう一つずつ買って食べたそうだよ。


↑あまりにも美味しいので、お土産にも買って帰ったそうです。

         
価格はご覧の通りです。
8ケ以上まとめて買うとお徳ですね。


↑お土産用にこんなイカス紙袋に入れてもらったそうですよ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


↑中谷堂を右手にして山側へ進むと、右手に猿沢池が見えます。
ここから春日大社は更に約30分歩きます。

続きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年のご挨拶アルヨ★創作おせち料理

カモナベーズ@八尾竹淵支部です。


↑平野川で悠々と泳いでいます。
平野川も水質が良くなり、たくさんの水鳥が戻って来ているカモ~。
鴨さんたちもここでのんびりと冬の間を過ごしているよ。
皆も川にはゴミを捨てないで、キレイにしてねsign03

***************************************************************
他の動物達から、新年のご挨拶カモ~!!


↑寅一郎ぞな。
新年早々食べまくっています。
最近太ってきてからだが重くなってきたので、
今年はダイエットしないといけませんなあ。

***************************************************************


↑きじたろうです。
明けましてめでたいにゃ~。
早くムショから出て自由になりたいですにゃ。

***************************************************************


↑こぬこ幼稚園の経済担当教授のミッケーです。
今年もエリートねこを養成して、
よりよくねこ界の発展に努めたいと思っております。

***************************************************************


↑ももちゃんです。
明けましておめでとうございます。
犬を代表してご挨拶です。

今年もでんちゃん日記を宜しくお願いします。

***************************************************************

さて、でんでんとかのんがおせち料理を作ったらしいカモ~。



今年はかのんがちょっとした創作おせちを作ってみました。
でんでんはお手伝いをしたんだってnotes

ほとんど大阪産の野菜でそろえたそうです。

本当はなにわの伝統野菜の家庭菜園講座で学んできた成果を発揮して
でんでんが家庭菜園をしている天王寺蕪と田辺大根を
おせち料理の材料として使う予定でしたが、まだ成熟していませんでした。

そこで、農家さんから頂いた野菜やお店で調達した
大阪産の野菜でおせちを作ったそうです。

作った創作おせちは、数日にわけて紹介します。

かのんの創作おせち料理と正月小物【其の壱】fuji

【創作おせち料理】

・お雑煮
:野菜も大阪産だけを使用し、白味噌で関西風にしたんだカモ~

・黒豆(丹波の黒豆)  
・語呂合わせ:まめに働けますように まめ=健康・丈夫の意味 
・意味:健康に暮らせますように

・ごまめ
:胡桃とごまめをマーマレード和えにしました。
   いわしは高級肥料として使われていました。
   肥料にいわしを使うと農作物が豊作になった事から  五穀豊穣の意味があるんだよ。
  でんでん宅の天王寺蕪と田辺大根が豊作になりますようにshine

・黒豆と柚子のチーズケーキ(丹波の黒豆と箕面の柚子)
  おせちスイーツとして作ったそうです。

【正月小物】

・箸袋
爪楊枝入れ付きなんて粋だカモ~

お店で買ったもの

・伊達巻(手前の白いお皿にある黄色の渦巻き)

  伊達巻の形が巻物の形に似ている
  ↓
  江戸時代は学問・文化の書き物を巻物に書いていた。
 ↓
  現代は学問や趣味やお稽古事の成就を祈願の意味がある 。

・菊水巻(奥のお皿の渦巻き:烏賊の昆布巻き)
・語呂合わせ:昆布=こんぶ→よろこんぶ→喜ぶ 

***************************************************************

お正月って感じでいいカモ~。創作おせちの続きは今度ご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »