« 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中速報【2012/10/29】 | トップページ | 【大阪市北区】デニッシュハート@阪急梅田店 »

【大阪市北区】阪急百貨店ハム工房ジローさん

シャム次郎です


秋の陽気の良い日なので眠いです。
とても眠いけど、ブログを頑張って担当するにゃ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

でんでんとかのんが阪急百貨店へ行ってきたそうだ。



阪急百貨店の地下食料品売場をうろうろしているとハム屋さんを発見しました。

ハムソーセージ食べたいなあ~ハムソーセージ美味しそう~

神奈川県、湘南茅ヶ崎にあるハム工房ジローです。

なんと店頭でハムを切り分けてくれます。

美味しそうなハムですね~。
この画像を見ているだけで、よだれが出ます


ハム工房ジローの歴史

ハム工房ジローはとても歴史ある工房で、
ソーセージやハムを作り始めるきっかけは、
1914年第一次世界大戦頃まで遡ります。
大戦の最中中国の青島を陥落させた日本軍は、
その時に多くのドイツ人が捕虜として、
習志野収容所に収容されたそうなんだ。
捕虜の中にはドイツの職人、技師など様々な技能を持つ人かいたんだって。
そんな技能を持つ人たちが、農商務省の要請を受けて、
ドイツのソーセージ作りや洋菓子、
コンデンスミルクなどの講習をしたんだそうだ。
収容所の中からドイツの文化が、広がったんだね。

捕虜達が解放された後も、日本に残るドイツ兵がいたそうです。
その中には、バームクーヘンやドイツ菓子で有名な
カール・ユーハイムさんなどもいらっしゃいました。

そんな日本に残ったドイツ人の中に、
ソーセージ職人のカール・ブッチングハウスさんがいたそうです。
東京目黒にソーセージ工場を設立。
そこに精肉を納めていたのが、ハム工房ジローの先代である、
矢島八郎さんだったそうだ。
当時はどちらかというと敬遠されがちだった、
ハムソーセージを見た瞬間に、
自分もドイツ製法のハム作りをしようと思いたったそうだにゃ。
ソーセージ工場の職人でもなく、
まさに見よう見まねで、ハム作りをはじめた先代の八郎さんは、
試行錯誤を繰り返しているうちに、
カール・ブッチングハウスから直接アドバイスを貰うに到ったそうです。
そして直接その技術を直伝されるまでに到ったそうです。

そして、誕生したのが大正十四年創業のハム工房です。
歴史と伝統あるハムソーセージなんですよ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

ハム、ソーセージについて熱く語ってくれたのが、
矢島大輔さんです。
三代目のお兄さんですが、昔はハムもソーセージも嫌いだったそうです。
お仕事も今のお仕事とは全く無関係な建築業だったそうです。
そんな矢島大輔さんが、この道に入るきっかけになったのが、
京都本店のイノダコーヒーさんがサンドイッチなどに、
ジローさんのハムを使用しているらしく、
イノダコーヒーさんから上記の歴史を知らされて、
感銘を受けて、この道に入られたらしいよ。


そんなわけででんでんかのんも買ったよ、ハム。
お値段はなんと、二枚で500円です

新鮮なうちに当日食べきってということで、二枚だけいただきました。
保存料、化学調味料、増量剤を一切使用されていません。
色もいつも見慣れているハムとは違いますし、
結付材などを一切使用していないのでひび割れもしています。
しかし、本来のハムというのはこれなんですね。

ハムですが、パッケージから出した瞬間にスモークされた香ばしい匂いが、
鼻を刺激します。
食べると、口の中に香りが広がり、
お肉の食感を残した噛み応え、今まで食べていたハムは一体なんだったのか?
というくらいに、別のものという感じでした。
めっさうまいアルヨ(゚Д゚)ウマー!といっていたよ。
久しぶりに感動するくらい美味しい物を食べたと、
でんでんかのんも言っていました。

シャム次郎もハムソーセージ食べたいなあ~

|

« 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中速報【2012/10/29】 | トップページ | 【大阪市北区】デニッシュハート@阪急梅田店 »

グルメ洋食」カテゴリの記事

百貨店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大阪市北区】阪急百貨店ハム工房ジローさん:

« 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中速報【2012/10/29】 | トップページ | 【大阪市北区】デニッシュハート@阪急梅田店 »