« おいなーれ柏原へ行ったアルヨ~其の二~カタシモワイナリー編 | トップページ | 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中【2012/10/21~22】 »

おいなーれ柏原へ行ったアルヨ~太平寺篇~

柏原市@大県支部のおねだり猫のトラミです


今回は、でんちゃん先輩のお散歩コースだった太平寺周辺をご紹介するよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

太平寺


太平寺という名前は、元々はお寺の名前だったといわれているよ。
「続日本書紀」にたびたび登場する、
智識寺は太平寺にに建立されていたといわれています。


大阪でも有数の古民家郡が続く、
まるでタイムスリップしたかのような、
歴史情緒豊かな町並みです。


こんな風景が大阪市内から30分足らずのところにあるのですよ。


大阪ミュージアム構想の「石畳と淡い街灯まちづくり支援事業」
のモデル地区に選定されました。

智識寺に関する由来が書かれています。
智識寺とは、知識と呼ばれた仏教信徒の財物及び労力の寄進によって、
建立された寺院を「知識寺」または「智識寺」といったそうです。
その中でも河内の知識寺は後に「日本三大仏」に数えられた、
奈良の大仏の増援の造顕となった廬舎那仏を安置するなど、
その規模の大きさで知られていたそうですよ


福の神の鬼瓦でしょうか。
立派な鬼瓦ですね。
柏原市は歴史、文化と自然を大事にしている町ですね

一方の大阪市は、でんでんかのんが現在保護活動に取り組んでいる、
渡邊邸解体を許してしまうなど、
文化や歴史に理解がされない町になってしまっています。
橋下市長、松井知事、榊区長、柏原市を見習ってにゃ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

石神社


石神社です。
延喜式神名帳にも記されている式内社で、
旧社格は郷社といわれていたそうです。
祭神の石姫皇女は、宣化天皇の皇女、欽明天皇の皇后であります。
智識寺の東塔の礎石があり、大阪府の文化財に指定されています。
でんちゃん先輩もお参りに来ていた、
非常に由緒正しい神社ですにゃ。


石神社の楠です。
樹齢は700年以上といわれています。
大阪府指定天然記念物です。

柏原市は文化財や、天然記念物の宝庫ですにゃ。

続くよ~。

|

« おいなーれ柏原へ行ったアルヨ~其の二~カタシモワイナリー編 | トップページ | 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中【2012/10/21~22】 »

神社 仏閣」カテゴリの記事

大阪府柏原市」カテゴリの記事

文化遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいなーれ柏原へ行ったアルヨ~太平寺篇~:

« おいなーれ柏原へ行ったアルヨ~其の二~カタシモワイナリー編 | トップページ | 【大阪市淀川区】渡邊邸(渡辺邸)解体中【2012/10/21~22】 »