« 【大阪市北区】阪急北海道物産大会~スイーツ編~ | トップページ | おいな~れで柏原へおいな~れ~カタシモワイナリ~ »

おいな~れで柏原へおいな~れ

幸運を呼ぶ黒猫のクロベエです


ぬこ日新聞の八尾営業所で新聞の配達をしています。
最近はネットの普及で猫界でも新聞の売り上げが落ちています。
そのために配達以外の業務に忙殺されています。
新聞のセールスや、新聞代を払わない猫の取り立てやらで忙しいです。
今日も相方のちびとらと新聞のセールスをしています。

新聞屋さんだけでは、生活がままならないので、ブログを担当します


おいな~れ柏原

10月19日に開催されたおいな~れ柏原では、
柏原市の名所を巡ってその場にいるガイドの方から、
名所の案内を説明してもらうのですよ~。
さあ、今回はプチガイド付きのブログの解説ですよ。

守護霊ガイドねこさん
「今回ガイドを担当するのは守護霊の猫さんですにゃ~




石神社


守護霊ガイドねこさん
「石神社は延喜式神名帳(延長5年(927年)にまとめられた当時「官社」とされていた全国の神社一覧だにゃ)に記されている式内社で、旧社格は郷社というにゃ」


なかなか歴史のある神社だね~。
緑がいっぱいあって、気持ちいいですね。

楠の木

立派な楠の木がありますね。
樹齢はどれくらいなんでしょうか。
いわゆるご神木ってやつなんでしょうね。

守護霊ガイドねこさん
「樹齢700~800年大阪府指定天然記念物になっているのにゃ」



境内から本殿を望みます。
階段が急なので、上り下りに気を付けてくださいね。


御神燈もおいな~れのために特別にともっています。
大抵はお祭りの特に出すものなんですよ。


かつてこの地には知識時というものがあったそうです。


守護霊ガイドねこさん
「知識と呼ばれた仏教信徒の財物及び労力の寄進によって建立された寺院を「知識寺」「智識寺」と呼んだんだにゃ。特に河内の知識寺は後に「日本三大仏」に数えられた廬舎那仏を安置するなど、その規模の大きさで知られていたそうにゃ。落雷で焼失したしまったといわれているよ」



知識寺の東塔の塔心礎石だったとされる手洗い石です。
今も残っています。
こんな歴史遺産が柏原市にはいっぱい残っているのですね。

さてさて次は大平寺カタシモワイナリの紹介に続きますよ~。

|

« 【大阪市北区】阪急北海道物産大会~スイーツ編~ | トップページ | おいな~れで柏原へおいな~れ~カタシモワイナリ~ »

大阪府柏原市」カテゴリの記事

文化遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいな~れで柏原へおいな~れ:

« 【大阪市北区】阪急北海道物産大会~スイーツ編~ | トップページ | おいな~れで柏原へおいな~れ~カタシモワイナリ~ »