« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ボジョレーヌーボが解禁アルヨ

みいたろうや。


日差しが温かい午後の一時昼寝をしていたら、
でんでんにパパラッチされたで。
全く油断も隙も無いのお。

さて、2013年11月21日はトレトレヌーボー解禁の日やってん。

守護霊ねこちゃん注「トレトレじゃねーよ。ボンボリヌーボだろうが」
守護霊伝ちゃん注「いや、だから、ボンホレヌーボだって」

*本当は、ボジョレーヌーボです。



flagボジョレーヌーボ

フランスブルゴーニュ地方のボジョレー地方で作られる、
その年に収穫したブドウで仕込む新酒の事をボジョレーヌーボっていうねん。
直訳すると、ボジョレーの新酒って意味やな。

ボージョレ・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日やねん。
今年は、11月21日やってん。
でも昔は11月11日が解禁日やってん。
なんでかというとボージョレ地方で最も収穫の早いワインが出来あがるのが、
いつもだいたいこの日頃やってん。
この日はサン・マルタンの日という聖人の日やったし、
縁起も良いんでボージョレ・ヌーボーの解禁日にしようという、
ことになったらしいねん。
11月11日がサン・マルタンの日から無名戦士の日に変更されてしもてん。
しゃあないので、その日から一番近い別の聖人の日、サン・タルベールの日、
11月15日に解禁日を移したんや。
しかし、解禁日を固定してしまうと、
年によっては土曜日や日曜日になってしまい、
売れ行きにも大きな影響がでてくんねん。
フランス政府がだした解決策が、
毎年、11月の第3木曜日が解禁日ということになってん。


でんでんかのんたちは、LOUIS JADOIというのを買ったらしいで。
今年のボジョレーのキャッチコピーは、
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」らしいで。
ローストビーフのサラダと一緒に食べたらしいで。
ワインとの相性抜群や。
皆もボンボレヌーボで乾杯やsign03

守護霊ねこちゃん注「だからボンボレじゃねーよ。ボンボコヌーボだろうがsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の参~

DJSIKAこと菅鹿太郎だぜ、イェーチェケラ。


DJのお仕事がオフなので、GOGOBARに踊りに行こうと思っていましたが、
でんでんとかのんがプライベートで遊びに来るということで、
急遽、お仕事モードでお出迎えをする事になりましたYO!!!

大阪で生まれ育ったかのんは仕事に役立たせる為に、
奈良の観光に関する勉強を兼ねて遊びにきているので、
奈良の魅力を観光客に伝えれるレベルに育てなければいけません。

守護霊ねこちゃん注「人間にそんな生意気な事をいうと、鹿鍋にして食われちまうにゃ~」

観光シーズンは、ゆっくりできないYOsign03



さて、でんでんとかのんが奈良ホテルを探索したんだぜ~。
食事を終えて、ホテルの敷地内にある中庭に下りてみたそうだイェー。

欄干

奈良ホテルは 戦後、GHQに接収されたんだYOsign03
米軍から「奈良ホテルの外観全部にペンキを塗れ」という指示が出たそうなんだYOsign03
当時の日本人支配人が、奈良ホテルなどの由来を説明して、難をのがれたんだYOsign03
しかし、ベランダの手すりだけは、神社の鳥居も赤く塗ってあるということで、
了承したそうなんだ。
もとは白木造りだったそうだチェケラ。



flag乃木将軍手植えの松
1911年(明治44年)10月 関西で実施された、
陸軍師団対抗演習での統裁官の任に当たる際に宿泊した乃木将軍が植えたとされている松なんだYOsign03
今は立派な松に成長しているね。

紅葉ちょうど見ごろで美しいね~。

ホテル内に戻りホテルを探索だYOsign03

flag和風シャンデリア

釣り灯篭を模した、とても珍しい和風シャンデリアだYOsign03
「ローマの休日」の主演女優オードリー・ヘップバーンが、
奈良ホテルへ来られた時、このシャンデリアをバックに記念写真を撮ったそうだYOsign03



flagアインシュタイン博士が弾いたピアノ

奈良ホテルのロビーには、かつてアルベルト・アインシュタイン博士が弾いたと
いう米ハリントン社製のピアノがありますYOsign03

博士は1922年12月17日より2泊された、
アインシュタイン博士が弾いたといわれているピアノは、
長らくの間、行方不明だったそうなんだYOsign03

1922年旧国鉄大阪鉄道管理局舎の解体のおり発見されて、
交通博物館に保管されていたものが、このピアノだと確認されたのは、
2008年に博士がピアノを弾いている、
写真の原版を入手した事などによるものだそうだチェケラ。

ピアノは、戦後GHQに接収前に運び出されたものだと推測され、
創業100周年の2009年に約60年ぶりに里帰りを果たしたんだYOsign03

平成の大時計

今上天皇即位の折に、お祝いの意味を込めて、設置した大時計なんだYOsign03
ドイツのウルゴス社製の時計です。
天皇皇后両陛下ご来館の際、
「伝統の奈良ホテルに相応しい置物」とのお言葉を賜ったんだYOsign03
皇后陛下に至っては、15分毎に流れるメロディを特にお気に召されたらしいYOsign03

flag特別食器

ラストエンペラー愛新覚羅溥儀を迎えるにあたって「歓待すべし」と
国の方針したがって、大倉陶園で特別に作らせた食器だそうだYOsign03
ラストエンペラーが実際使用した食器だよイェーnote


このホテルは、長い歴史を持ち、各界の著名人も訪れているんだよチェケラ。
でんでんかのんもここに名前が載るくらい有名になるんだYOsign03

守護霊ねこちゃん注
「総理大臣か大物芸能人か文化人でもならないとのせられないにゃ~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の弐~

菅鹿子ですYOsign03

旦那は、鹿界初のラッパーDJSIKAこと、菅鹿太郎です。
今は、動物協会奈良公園支部の「まちづくり事業部」で
有償ボランティアに関わっています。
かのんは、私達の鹿仲間と一緒にお仕事を手伝いにきてくれているので
よく見かけるけど、今日はでんでんも一緒なんですよね。
何でも結婚記念日でお食事にやってきたとか。
かのんにはよく手伝ってもらっているから、お祝いしなくっちゃ。

flagメインダイニングルーム 三笠

奈良ホテル、メインダイニング三笠の入り口です。
とてもクラシカルな外観ですね。
歴史と伝統を感じますYOsign03


11月22日はいい夫婦の日で、ガラス製の鹿も夫婦そろい済みです。
私も旦那の鹿太郎に連れて来てもらいたいYOsign03

守護霊ねこちゃん注「鹿はレストランに入れないにゃ~。
                          入ると食べられちゃうYOsign03



天井がとても高く、独自のデザインの和風シャンデリア、
内装は壁や床を張り替えた以外はほとんど創業当時のままだそうで、
まさに明治ロマンを感じさせる格調高いレストランですね。


ワインセラーとワゴンもレトロですね。


↑実際に使われていたマントルピース ↑スチーム暖房機


↑川合玉堂              ↑横山大観
かつて日本を代表する日本画家二人の絵が飾ってあります。
このホテルの調度品は、貴重なものが多く、
まるで美術館に来たかのような気分になるといっていたYOsign03




案内されたお席からは、東福寺の五重塔が見えますYOsign03
素晴らしい眺めですね。
因みに五重塔の最上階には、ラスボスが潜んでいるんだYOsign03

守護霊ねこちゃん注「だからそんなものはいないにゃ~sign03


食器は主にNARUMIです。
カトラリーはLUCKYWOODで奈良ホテルの紋章が入っています。


メニューとワインリストです。
こちらも凝った作りですね。



flagミネラルウォーター

でんでんかのんがチョイスしたお飲み物は、
奈良らしいものというわけで、
奈良天川村の天然水「ごろごろ水」をチョイスしてもらいました。


お酒はあまり飲めないので、
ストレート100%果汁ぶどうジュースをオーダーしました。
カタシモワイナリーや河内ワインのぶどうジュースの方がおいしかったな。
グラスの大きさとソムリエさんが注いでくれたジュースの量が
アンバランスなので、2人とも違和感があったんだって。
他にグラスがなかったのかな?


お料理メニュー

maple八重桜maple

maple前菜

前菜はサーモンと帆立貝のサラダ仕立て 柚子風味
北海道産のとろとろのサーモンと帆立貝に、グリーンマリー、クイーンレタス、
ミルクレタス、トマト、はすいも、食用花などが入ったサラダです。
あっさりとした上品なお味にとろとろのサーモンと帆立貝の相性が抜群らしいYOsign03

mapleスープ

中国産アスパラガスの濃厚なポタージュスープですYOsign03
とても濃厚で、中にタピオカが入っています。
ちょっと変わり種のスープですね。

mapleパン

パンはタカギベーカリーの業務用のパンです。
ふわふわしてほんのり甘味があって、とてもおいしいそうです。

因みにお料理にはパンかご飯を選べますよ。

mapleバター

バターは北海道産バターの有塩です。
こちらのバターはとても濃厚でパンとの相性抜群で、
パンをあっというまに食べてしまったそうです。

mapleメイン

豚フィレ肉のソテークリームシャンピニョンソースとトマトフォンデュ
シャンピニオンとは、キノコのマッシュルームのことだYO
トマトフォンデュのソースとデミグラスの参種類のソースが楽しめます。
豚肉はチリ産です。ガルニチュールはすべて国産野菜です。

お魚料理(かのんチョイス)

肴のムースをナッペしたイトヨリのポワレ、エビを添えて
トマト風味のブールブランソース

エシャロットと白ワインを使った、ブールブランソースで頂きます。
イトヨリは長崎産で、エビはブラックタイガーでベトナム産ですよ。

イトヨリだけは長崎産だけど、あとは外国産なんだって。


mapleデザート

スイス産のチョコレートを使った、チョコレートのムースケーキです。
チョコレートが濃厚でまろやか。
フルーツと一緒に頂くと甘さが中和されて程よい感じだそうですYOsign03

mapleコーヒー

飲み物は、コーヒー紅茶、ハーブティーから選べますYOsign03

mapleハーブティー

ハーブティーもあります。
砂糖の入った食器も奈良ホテルのマークが入っていますね。

まるで美術館の中で食事をしているような、素晴らしいホテルです。
奈良ホテルの楽しみ方は、お料理よりも雰囲気重視の方が気に入ると思いますよ。
奈良に来た時はよってみてね~note

関連ランキング:フレンチ | 近鉄奈良駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の壱~

鹿三兄弟の長兄の鹿一乃介ですsign03

写真では一番先頭を歩いています。
写真の二番目が二番目の弟鹿二乃介で、
三番目が一番末っ子の鹿エリックです。
なぜ末っ子だけ洋風の名前を付けられたのか、わかりませんsweat01

さて、でんでんとかのんが奈良まで来るというので、
御飯を探しに行くついでに近鉄奈良駅まで出迎えに行きましたよ。
しかし、人間のまちというのは、初めて来たけど騒々しい所だなあsweat01



11月22日(いい夫婦の日)結婚記念日ということで、
奈良ホテルまでお食事に行ったそうだ。


バスに乗って、奈良ホテルまで。
バスは奈良を巡るのに重要な交通機関ですよsign03



flag奈良ホテル
 
奈良ホテルのバス停です。
ここの前が、奈良ホテルの入り口です。


奈良ホテル入り口です。
自然が豊かな奈良ホテルへようこそ~note






名勝大乗院庭園など、美しい景色が広がります。
空気も清浄で、歩いているだけでも楽しいですよ。


奈良ホテルの外灯は雪洞型の奈良ホテルと鹿のマークが入ったものです。
格好いいね、COOLsign03


とてもクラシカルな外観のホテルです。
こちらが正面玄関になります。
建物は創業当時のままのものだそうです。


奈良ホテルの歴史は古く、日露戦争後、
日本を来訪する外国人観光客が急増したため、
日本政府は外国人宿泊施設整備を支援する政策をとり、
これを機に建造された洋風ホテルで、
1909年(明治42年)10月に営業を開始しました。


天皇皇后両陛下をはじめ、皇太子同妃両殿下、秋篠宮殿下ご夫妻も来館し、
奈良の皇室御用達のホテルになっているのですよ。

各界の著名人も大勢宿泊しており、アルベルト・アインシュタイン博士、
チャールズ・リンドバーグ、愛新覚羅溥儀、ヘレン・ケラー、
マーロン・ブランド、オードリー・ヘップバーン、
ダライ・ラマ14世などが宿泊されているよ。


まさに奈良を代表する、クラシックホテルです。sign03

建物は創業当時のままを維持し、明治、
大正時代にタイムスリップしたような雰囲気を残していますよ。sign03

さて、次は奈良ホテルのメインダイニングである「三笠」でお食事だそうだよ。
贅沢だね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内ワインへ行ったアルヨ~其の参~

八尾駐屯地で猫日新聞の配達をしている、クロベエです。

最近新聞の部数が減っているので、
新聞を取ってくれる猫を探しています。
このままでは猫界のクオリティーペーパーといわれている、
猫日新聞の存続が危うくなりますsign03



flag金食堂




元は古民家を改装されたとのこと。
今の社長さんの祖父が住まれていたのをレストランとしてリニューアル。
ここには決まったシェフがいないので、富田林の寺内町や地元羽曳野、
大阪市内のレストランのシェフを招いて料理を提供したりしているよ。



flag今回のシェフ

今回のシェフはなんと「河内ワイン」の専務であり、
ワインアドバイザーやフランス語で落語をし、ロマネ今亭という芸名まである、
金銅真代さんです。
凄いマルチな才能の持ち主ですね。



flag前菜

前菜の盛り合わせです。
左から、生ハムにチーズと奈良漬けを巻いたもの、
真ん中、河内ワインを使ったパテ、ニシンの燻製です。
お酒のあてに抜群の取り合わせですね。

flag白ワイン

それに合わすのは、
デラウェアを使った、河内ワインの代表的なワインである、
河内葡萄酒(新酒)です。
とてもフルーティーでさわやかな飲み心地だそうです。

flagスープ

かぼちゃのスープです。
濃厚なかぼちゃのスープでメッチャ美味いそうです。

flagパン

パンはホテルに卸している業者さんのパンです。
とてもやわらかくてふわふわしていて、
少し甘味もお食事との相性抜群。

flagお魚

お魚料理はみんな大好き鯛のポワレです。
皮がパリッと仕上げられており、とてもおいしいそうです。
クロベエもお魚大好きなので、見ているだけでよだれが出てきます。
白いソースは、ヴァンブランソースという白ワインで作ったソースです。
ソースのベースの白ワインは勿論河内ワインです。
メッサうまいあるよ(゚Д゚)ウマーsign03とのこと。

flag赤ワイン

さて、お肉の前には赤ワインが出ます。
お肉と合わせて食べましょう。
こちらはなんと、シャルドネ、メルローをつかっているのです。
樽で熟成しているのか、樽の少し焦げたようなにおいがついているのが、
アクセントだそうです。

flagお肉

お肉です。和牛です。
肉汁が滴りレア気味に焼かれており、
食べるとお口の中で肉のジューシーさが広がるそうです。
クロベエはお肉も大好きなので、お話を聞くだけでもたまりません。
ソースは河内ワインの赤と醤油を混ぜたものだそうです。

flagカレー

なぜか全コース終了後にデザートのかわりにカレーです。
こちらにも河内ワインの赤がたっぷりと入った、贅沢なカレーだそうです。
メッサうまいあるよ(゚Д゚)ウマーsign03とのこと。
食べすぎてお腹がいっぱいだそうです。

次はワインセミナーですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内ワインへ行ったアルヨ~其の弐~

さぎの鷺尾ですup

大阪府の羽曳野市は白鳥になった日本武尊が、
降り立ったという伝承があるよ。
白鳥陵という遺跡があるんだよ~。

今回は大人の社会見学という事で、
18歳未満の人は観覧禁止ださぎ~sign03

守護霊ねこちゃん注「ごらっ!!でんちゃんブログは子供こらお年寄りまでご覧いただける良い子のブログだにゃ。決して成人向けじゃないにゃ。いい加減なこと言うんじゃないにゃsign03



flag河内ワイン工場

河内を代表するワイナリーの一つです。


ぶどうを圧搾する機械だよ~。
今は機械でぶどうの果汁を絞るんだよ。


貯蔵タンクです。
ここに新酒が詰まっていますよ。
これだけ飲んだら大変なことになるそうださぎ~。


ワインを貯蔵する樽もあります。
タルトタンクでは、熟成するときに味が変わってくるんだよ。


昔現役で使われていた、日産のミゼットという車ださぎ~。
これでぶどうを輸送していたんだよ。

flagワインセラー

ワインセラーを見学させていただきました。
天板などはワインの樽を使って作られています。


河内ワインシリーズもずらりと展示されています。


河内ワインは梅酒の製造でも、有名です。
なんと日経で紹介されて、七福人のパッケージがいかしますね。

いよいよ次はお食事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内ワインへ行ったアルヨ~其の壱~

みいたろうや。


最近よう冷えるようになったなあ。
冬は寒いから動物達は苦手な季節やねん。
冬眠する動物もおるくらいやからな。
猫も犬も冬は元気いっぱいなんやで。
でも、わては歳やから冬は苦手なんや。
はやく暖かくならへんかなあsweat01



flag竹内街道


でんでんとかのんが羽曳野市の駒ヶ谷にある、
河内ワインという所に行ったそうや。

今回は阪急や阪神などの百貨店でお得にお買い物ができる、
ペルソナカードで関西の人にはなじみ深い、
diamond株式会社ペルソナdiamond主催のイベントやねん。


駅前の道は最古の官道といわれている竹内街道やねん。
日本書紀に、推古天皇21年(613年)の条に「難波(大阪)
より京(飛鳥)に至る大道(おおじ)を置く」と記されてんねんで。

大阪府堺市から東へ向かって、二上山の南麓・竹内峠を越え、
奈良県葛城市の長尾神社付近に至る約26kmの街道のことやで。


灯篭やのぼりもたっているで。


竹内街道沿いは昔ながらの光景が残っているで。
まるで、タイムストリップしたみたいやなあ。

守護霊ねこさん注「ストリップじゃなくてスリップだにゃ」


羽曳野市もお隣の柏原市と並んでぶどうの産地で有名なところやねん。
道にグレープロードって、碑がはめ込んであるで。



flag河内ワイン

以前は、金徳屋洋酒醸造所の社名やってんけど、
平成8年に株式会社河内ワインに社名変更してん。
昭和9年(1934年)に創業して、75年以上の歴史を誇るワイナリーやで。

ところで、河内ワインというけど、実は河内ワインと名前の付く製品は、

カタシモワイナリー:「河内ワイン レギュラー」
            「カタシモ河内ワイン」など
(株)河内ワイン  :「河内ワイン」「河内葡萄酒」など
飛鳥ワイン(株)  :「河内産ワイン」など

三社から出てるんやで。知ってたか~sign02

西日本でも最も古いカタシモワイナリーでは、

現在あるワインメーカーのほとんどが、河内地域(柏原・羽曳野・太子町・八尾)ということもあり、どのメーカーが製造してもそれは、すなわち「河内ワイン」と呼ぶことができるものと考えています。

と、河内ワインブランドに関する考察をしているで~。

詳しくはここを参考や。
http://www.kashiwara-wine.com/kawachiwine/kawachiwine.html


施設内には、ワイン館、ワイン工場、レストランの金食堂という所があるで。



まずは、畑を見せてもろてん。
なんとここの畑では、白ワイン用のシャルドネ、
赤ワインのカベルネ・ソーヴィニヨンといった品種も作っているで。
しかし、河内の土壌に一番適しているのは、
デラウエア(白ワイン)、マスカットベリーA(赤ワイン)
甲州種などのぶどう栽培に適しているんやで。
それらの果汁から作るワインはとてもフルーティーで香りもいいんやでnote

かつて、河内柏原市、羽曳野市はぶどうの産地日本一だった時もあったけど、
時代の流れから高齢化などで戦後からぶどう畑もどんどん減っていき、
今や耕作放棄畑が増えたそうで、耕作放棄が増えると畑が荒れ、
そこから病気が蔓延し、小動物が増え、ごみも捨てられる、草はぼうぼう、
隣の畑にまで影響が出るそうやねん。
それでますます畑が荒れて減っていくと行くという悪循環やそうや。
でも、まだ河内のぶどうの出荷量は北海道に続いて全国第七位なんや。
大阪は隠れぶどう王国やで。

次はみんな大好き工場見学や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古都奈良を散策~其の肆~江戸川へ行ったよ

みいたろうや。


でんでんとかのんが奈良という所へ行ったそうや。
何でもそこは鹿の楽園やそうやねん。
鹿がたくさんいてるらしいねんで~。
わても鹿と仲良くできるかな?




flag江戸川

江戸川という呉服問屋を改装した、お食事処へ行ったそうやで。
ここは江戸前のうなぎ料理を食べさせてくれるお店やねん。
江戸川といっても東京のお店じゃなくて、京都と奈良にお店があるねん。


元は呉服屋さんを改装した建物なんやで。
築百四十年の建物を近鉄が買い取って、改装してお食事処にしたらしいで。


中庭や洋室もあるねん。
洋室は後年建て増しされたものらしいで。


お食事も座敷で頂くことができるんやで。
すごいのおsign03貴族気分やsign03



flag大和牛のステーキ善


でんでんは贅沢に大和牛のステーキをオーダーや。
正倉院展期間限定らしいで。

diamond大和牛ステーキ

鎌倉時代からの銘牛・大和牛やで。
霜降りで美味しそうやな~sign03
これをジュージュー焼いて食うねん。
いい肉なんでレアがええらしいで。
柔らかく、口の中でとろけるらしいで。
肉汁もとてもジューシーらしいで。
わても一回食べてみたいわ。

diamond大和野菜の炊き合わせ

大和野菜の炊き合わせや。
といっても奈良の伝統野菜というわけではなくて、
奈良の農家さんが作ったお野菜やねん。

diamond吸い物

吸い物はすましや。
あっさりとした風味やそうや。

diamond小鉢 香の物

香の物に奈良漬けがつくのが奈良らしいな。

diamond御飯

みんな大好き御飯やで。
ふっくらと炊きあがって、美味しいそうやで。

diamond古代米のスイーツ

ちょっと変わった古代米のスイーツ。
緑色をしているから、何かで色を付けているのかなと思ったら、


なんと緑色のお米なんやで。
これは奈良の飛鳥で取れるそうやねん。
すごいのおsign03



flag大和の地のもんセット

かのんオーダーの大和の地の素材を使ったセットや。
まさに奈良づくしやねん。

diamond大和鶏

大和鶏の塩焼きやで~。

diamond三輪そうめん

奈良といえば、三輪そうめんやね。

diamondうな丼

こちらは奈良の食材じゃないけど、
こちらの名物料理のうなぎやねん。
みいたろうもうなぎ好きやで。

diamondデザート

大和茶団子とわらぞ餅を使ったデザートや。
あっさりとした甘さが食後にピッタリやそうやで。

関連ランキング:うなぎ | 近鉄奈良駅奈良駅京終駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古都奈良を散策~其の参~正倉院展へ行ったよ

ここは鹿刑務所です。
悪さをした鹿が閉じ込められる、鹿専用の刑務所です。


鹿 源三郎です。
人間の食べ物を横取りして食べたら、食べ物窃盗罪で逮捕されました。
だってお腹がが空いていたから~sweat01

ブログを書くと恩赦がつくので、ブログを担当します~。



flag奈良国立博物館

奈良国立博物館へやってまいりました。


ここで第六十五回の正倉院展が開催されています。



flag奈良ショップ

こちらでは奈良名産の食材を使った、
軽食が食べられるフードコートです。


↑大和鶏のからあげ             ↑大和鶏のクリームコロッケ
美味しい大和鶏を使った唐揚げはお肉が噛みごたえがあり、
プルンプルンなんだそうです。
肉汁もジューシーで味が濃くて、美味しいらしいですよ。


ミュージアムレストラン 葉風泰夢(ハーフタイム)

プリンこれがとてもおいしかったそうです。
正倉院展を彩るこのような食べ物も楽しみのうちですね。



flag正倉院とは


正倉院展は勿論内部は撮影禁止です。

正倉院とは
聖武天皇・光明皇后ゆかりの品、天平時代を中心とした多数の美術工芸品、
東大寺の敷地内にあったことから、当時の行政の書類、
東大寺で使用する催事具などが収められているそうです。

ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されていますよ。

正倉院宝庫は北倉(ほくそう)、中倉(ちゅうそう)、南倉(なんそう)という、
三つの倉庫に分かれていて、
北倉は主に聖武天皇・光明皇后ゆかりの品が収められており、
中倉には東大寺の儀式関係品、文書記録、造東大寺司関係品などが、
収められているそうです。


会場の中は大勢の人で賑わっています。
人が多くて展示物も観るのも一苦労だそうです。
天気は悪かったですが、三連休の真ん中なので、
大勢の人で賑わっていました。
必死にノートを取っているお子様もいたそうですよ。

また、正倉院の展示物に関して勝手に解説してくれる、
歴史好きなおじさんもいて、色々と勉強になったそうです。

今回の展示物は10年は同じものが出ないらしいので、
次見られるとしても10年後だそうです。



今回の主な展示物は

one平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)


two鳥毛帖成文書屏風(とりげじょうせいぶんしょのびょうぶ)
 
three鹿草木夾纈屏風(しかくさききょうけちのびょうぶ)

                 
four蘇芳地金銀絵箱(すおうじきんぎんえのはこ)

five投壺(とうこ)

six伎楽面 太孤父(ぎがくめん たいこふ)


seven漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)

eight檜和琴(ひのきのわごん)


nine彩絵長花形几(さいえのちょうはながたき)


onezero花喰鳥刺繍裂残片(はなくいどりのししゅうぎれざんぺん)


各々解説に関しては、
http://www.yomiuri.co.jp/shosoin/2013/treasure/2013/list.htm#t07
参考にしてください。

奈良国立博物館の中庭から見える、八窓庵(茶室)です。
元々は興福寺の大乗院の庭園に建っていたものを博物館へ移築したそうです。
夜の博物館の中庭なかなか美しいですね。

皆さんも是非、お越しやす奈良へ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古都奈良を散策~其の弐~

鹿DJのDJSIKAこと菅 鹿太郎ですYOsign01


でんでんとかのんが、奈良にやってきたよ~。
今、正倉院展で、大勢のお客さんが来ているので、
大賑わいなんだYOsign01チェケラsign02

おかげでお仕事が大忙しで遣り甲斐があるんだよ~。



flag奈良公園

我々鹿たちが主に住んでいるのが、
この奈良公園だYOsign01
奈良公園は太政官布達により明治13年(1880年)2月14日開園したんだYOsign01
大部分が国有地で、奈良県が無償で借用し管理しているんだチェケラ。

flag猿沢池

カメさんがいっぱいいる、猿沢池だYOsign01

flag鹿と遊ぶ時の注意

われわれ鹿たちと接する上で大切な事を案内で看板を建てているので、
見つけたらじっくりと読んでね~。
注意事項を守って、我々仲間たちと楽しいひと時を過ごそうぜチェケラ。

ただ、5月~7月の出産期、9月~11月の発情期は気が荒くなっているので、
注意が必要だYOsign01



flag五重塔

毎度おなじみ東福寺の五重塔です。
一番上まで登れば、ラスボスがいるYOOsign01

守護霊ねこちゃん注「ゲームじゃないんだからそんなもの居ないにゃ~」



flag春日大社参道の鳥居

春日神社へ続く参道の鳥居です。
春日大社へ赴くときは、必ずこの鳥居をくぐりましょう。


仲間たちのたまり場だYOsign01
鹿は春日大社の神の使いであり、
春日大社創建の際、茨城県にある鹿島神宮の祭神、
武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられているYOsign01
奈良公園の鹿は古くから手厚く保護されてきており、
事故も含め、殺めると厳しい刑罰を受けたんだYOsign01
今でも地元の住民は鹿に愛着の念と共に畏敬の念を持っているんだよ。
だから鹿は大事にするんだよ。

奈良公園の鹿は野生による繁殖にもかかわらず、ずいぶん鹿が増えたYOsign01
しかし、明治維新からは手厚い保護への反発から、
戦中から戦後しばらくの間は食糧確保のため狩られ、
その結果頭数が二桁まで激減したという悲しい歴史がありましたYOsign01


現在は奈良市が「財団法人 奈良の鹿愛護会」を作り
保護に努めてくれています。
この鹿は野生鹿として国の天然記念物に定められ、
公園内で鹿の無許可での捕獲や怪我さしたりした人間は死刑なんだYOsign01

守護霊ねこちゃん注「死刑にはなんないけど罰せられるにゃ~」


ご夫婦の後に仲間の鹿がついて回って、御飯をもらおうとしていますnote


スネークしている仲間を見つけましたYOsign01
極秘任務で潜入捜査中なので、邪魔してあげないでよね。



flag浮見堂

浮見堂。池の真ん中に浮かんでいる
春には桜の名所として、日本さくら名所100選に選定されており、
浮見堂周辺で花見を楽しむ人も多いんだYOsign03
なので、春やもうすぐすると紅葉もきれいになるよ。


あいにくの雨だったけど、雨の浮見堂も風情があっていいねgood


ずいぶんと紅葉が広がっています。
もう何週間もすると見頃ですね。

さてさて、次は正倉院展へ行くYOsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古都奈良を散策~其の壱~

菅鹿子です。
旦那は、鹿界初のラッパーDJSIKAこと、菅鹿太郎です。
今は、動物協会奈良公園支部の「まちづくり事業部」に関わっていますnote



私達が住んでいる奈良県にいかにして、
観光収入を増やして賑わうまちづくりをしようと、
人間の観光客に「お・も・て・な・し」の準備をしています。

鹿だけでは限界があるので、奈良県がもっと活気を出すために、
人間にも知恵を貸してもらっています。
かのんにもそのお仕事を手伝ってもらっています。

今日は、でんでんとかのんが、プライベートで遊びに来ます。
とはいっても、かのんは奈良の街の勉強や
観光客から頂くご意見の理解を深める意味も兼ねて、
観光客の視点で偵察するそうです。

2人に思いっきり楽しんでもらえるように、精いっぱいおもてなしをしますYOsign03



flag近鉄奈良駅

今回は近鉄奈良駅から来たらしいよ。

flagひがしむき商店街

近鉄奈良駅を2番出口をでて噴水のそばにあるのが、
「ひがしむき商店街」ですYOsign01

flagリフレ館天平衣装なりきり体験

ひがしむき商店街で、天平衣装に身を包んだお姉さんたちを見つけたYOsign01
なんでも、天平衣装を着て、なりきり体験ができるそうです。
着付け、ヘアメイク、基本料金が2500円です。
観光ガイドなどのオプションプランありますよ。
男性用もありますよ。(料金は1000円だそうです)

*開催時期は10/12(土)~12/8(日)土・日・祝です。  
(撮影掲載済)



flag中谷堂

ひがしむき商店街をでると三条通橋本商店街に出ます。
なにやら、人だかりができていますね~。


奈良へきたら絶対に食べたい、中谷堂のよもぎ餅ですYOsign01


屈強なおじさん2人が、ものすごい勢いで、お餅をついています。
テレビチャンピオンなどのテレビ番組でも紹介されて、
奈良を代表するお店ですね。




余りにも高速で、お餅を突かれるので、残像が見えます。
実際見てみるとすごいです。一見の価値あり。


出来立て、つきたて一番乗りをいただきました。
やっぱりつきたてが一番おいしい、あつあつでお餅も良く伸びて、
のど越しも食感も抜群だそうです。
メッサうまいあるYOsign01(゚Д゚)ウマーsign03とのこと。



flagクロネコならTABI

ここは、宅急便のクロネコヤマトさんが運営している、観光案内所です。
奈良の観光で、行きたいところやオススメのスポットなどで困ったら、
観光に関する事なら、ここで聞きましょう

ちょっとした休憩で無料でお茶を飲んだり、PCで検索、
無料wifiスポットなどもあります。
でんちゃんブログもここで見られますよ~。



flagTABI-JI

現代に足袋をよみがえらせたTABI-JIです。
足袋スニーカー専門店です。
足袋と現代の靴下、スニーカーと和洋のコラボレーションですYOsign01


奈良をモチーフにした、オシャレなデザインの靴下が、ありますね。
外国人の方にも、人気のお店ですYosign01


お店の窓から見える、紅葉したハナミズキの美しさにうっとりしました。
とてもきれいですね~。


奈良でしか買えない足袋靴下なので、
奈良へ行けばお土産にぜひ、どうぞ。
でんでんとかのんもお土産に買ってくれたよ~。

でんでんとかのんは浮見堂へ行ったそうです。
続くよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »