« 奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の参~ | トップページ | 大阪市のイルミネーション »

ボジョレーヌーボが解禁アルヨ

みいたろうや。


日差しが温かい午後の一時昼寝をしていたら、
でんでんにパパラッチされたで。
全く油断も隙も無いのお。

さて、2013年11月21日はトレトレヌーボー解禁の日やってん。

守護霊ねこちゃん注「トレトレじゃねーよ。ボンボリヌーボだろうが」
守護霊伝ちゃん注「いや、だから、ボンホレヌーボだって」

*本当は、ボジョレーヌーボです。



ボジョレーヌーボ

フランスブルゴーニュ地方のボジョレー地方で作られる、
その年に収穫したブドウで仕込む新酒の事をボジョレーヌーボっていうねん。
直訳すると、ボジョレーの新酒って意味やな。

ボージョレ・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日やねん。
今年は、11月21日やってん。
でも昔は11月11日が解禁日やってん。
なんでかというとボージョレ地方で最も収穫の早いワインが出来あがるのが、
いつもだいたいこの日頃やってん。
この日はサン・マルタンの日という聖人の日やったし、
縁起も良いんでボージョレ・ヌーボーの解禁日にしようという、
ことになったらしいねん。
11月11日がサン・マルタンの日から無名戦士の日に変更されてしもてん。
しゃあないので、その日から一番近い別の聖人の日、サン・タルベールの日、
11月15日に解禁日を移したんや。
しかし、解禁日を固定してしまうと、
年によっては土曜日や日曜日になってしまい、
売れ行きにも大きな影響がでてくんねん。
フランス政府がだした解決策が、
毎年、11月の第3木曜日が解禁日ということになってん。


でんでんかのんたちは、LOUIS JADOIというのを買ったらしいで。
今年のボジョレーのキャッチコピーは、
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」らしいで。
ローストビーフのサラダと一緒に食べたらしいで。
ワインとの相性抜群や。
皆もボンボレヌーボで乾杯や

守護霊ねこちゃん注「だからボンボレじゃねーよ。ボンボコヌーボだろうが

|

« 奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の参~ | トップページ | 大阪市のイルミネーション »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレーヌーボが解禁アルヨ:

« 奈良ホテルへ行ったアルヨ~其の参~ | トップページ | 大阪市のイルミネーション »