« 2015年ボジョレーヌーボ―解禁日アルヨ | トップページ | 天橋立に行ったアルヨ~其の弐~ »

天橋立に行ったアルヨ~其の壱~

ねこちゃん二世 チャチャです


人間界は大阪知事、市長のW選挙の話題で持ちきりですが、
動物界でも首相モモちゃん総理の任期満了による、大選挙が行われます。
ねこちゃんは、ももちゃんの意思を継ぎ「犬猫仲良く」政策を前面に打ち出した、
「ともだち党」から出馬します。

デモンズねこちゃん注
「こらぁぁぁぁぁぁ猫が主役の猫主党から出馬しないとは何たることにゃ~


さて、でんでんとかのんが結婚記念日のお祝いで、
丹後地方を日帰り旅行に行ってきたらしいですよ。
JR西日本さんが用意している「かにカニエキスプレス
という日帰りプランを利用したそうです。

かのんが通学していた学校のお友達に、
故郷が舞鶴出身の人がいて
天橋立の魅力を語られ興味を持ったのがきっかけで、
天橋立が記念日の旅行先として選ばれました。

みんな、自分が生まれ育った故郷の魅力は、
他のまちで暮らすことになっても、広報委員のように広めるんだにゃ~



JR新大阪駅

9:04  新大阪駅から「こうのとり3号」に乗りました。
行きは宝塚、三田を経由して、福知山に出ます。
窓から見える景色が山や渓谷が沢山あり、
秋なので山が紅葉しているのが素晴らしかったそうですよ。



JR福知山駅

10:49 JR福知山駅で乗り換えです。
福知山駅~天橋立駅までは、「はしだて1号」に乗っていきます。
車窓からの景色は、高層ビルがなく、ものすご~くのどからしいですよ。
福知山といえば、
織田信長を暗殺した明智光秀が建立した福知山城が車窓から見えます。



JR天橋立駅

11:25 JR天橋立駅に到着しました
新大阪駅~天橋立駅まで、合計2時間20分かかりました。
特急&指定席プランで行きましたが、ちょっと疲れたと言っています。
懐かしい趣きのある駅ですね~。


天橋立駅の反対側のホームに
京都丹後鉄道の観光列車「赤松」が停車していました。
日本海に沿って走る列車らしいですよ。
この列車は、観光客にも人気で、写真をいっぱい撮っている
大勢の人でホームがにぎわっていました

車内のインテリアがとても凝っているんだよ。
とてもおしゃれな電車ですね
列車の横を通って、改札に行く人たちは足を止めて、見ていました。



守護霊ねこちゃん注
「あ、赤松だ格好いいいいい


「海の京都」といわれる天橋立は、日本海に面していますよ。
数々の神話と伝承のある、日本という国のルーツにもなった地方です。
観光の前にまずは腹ごしらえをします



天橋立ホテル

お食事は駅前の「天橋立ホテル」でカニ尽くしのお料理を嗜みます。


天橋立ホテルは海に面しており、裏庭からの景色は絶景です。
レストランからも、海と天橋立がよく見えるそうです。


お食事は「和食ダイニングはしだて」で昼食をしました。


テーブルには、すでにカニさんが鎮座されています。
今から食べられてしまいます。かわいそうだな、
ぱよぱよちーん

天橋立ワイン

結婚記念日9周年にふさわしく、
地元ワイナリー天橋立ワインの「とよおか」で乾杯しました。
美しい黄金色のワインです
天橋立ワインの特徴は、海と山に面した土壌なので、
濃縮課程を使用せず生ブドウを100%使用し、
ミネラルが豊富な独自の風味のワインです。
大阪では飲んだことがなかった、とてもレアで美味らしいです。

お刺身三種盛り

タイ、マグロ、甘海老です。
どれも新鮮で甘みもあってとても美味らしいですよ。
おサカナがおいしそうですよね~。
チャチャも食べたいです

かに入りのちらし寿司

カニ以外の具だくさんで食べ応え抜群
お刺身と一緒に食べたそうです。

かにスキ

ホクホクと体がとても温まります。
カニから出たいいお出汁は後で雑炊として使われますよ。

かに入り茶碗蒸し

茶碗蒸しにも、もちろんカニが入っています。
まさにカニ尽くしですね~。

かに雑炊

〆といえばやっぱり、かに雑炊ですね。
かにのいいお出汁が出た出汁で雑炊をすると
カニの香りと味がご飯は際だそうです。

かにの姿煮

カニさんが丸々一匹出てきます。
カニさんは近海でとれたものではなくて、オホーツク海でとれたものらしいです
カニさん丸々一匹食べるのはとても大変だけどとてもおいしいそうです。
まずは頭の甲羅を外して、中に残っている味噌を食べましょう。
カニさんは味噌が一番おいしいとでんでんが言っております。
俳優の三田村邦彦さんなら甲羅に日本酒を入れて甲羅酒にしそうだな。
あとは足を外して、殻を割って一生懸命食べるのだけど、
食べ慣れていないと汁や身が飛んだりして、
テーブルの上では、人様にはお見せできない残虐行為が繰り広げられていました
「カニさんバラバラ殺蟹事件」と言われ、とても大変なことになったらしい
カニの体の構造は、人間に食べられる想定じゃないから
複雑になっていて、とても食べにくいんだね~。

パンナコッタ

カニ料理を食べた後のデザートには、
お口に入れてさっぱりとできる甘さでほっこりとできます。
優雅ですにゃ~

そんなこんなで二人とも全身がカニ臭くなったので、
昼食後に、ホテルの中にあった温泉に入ってさっぱりとします。

温泉や観光の模様は、其の弐に続きます。

|

« 2015年ボジョレーヌーボ―解禁日アルヨ | トップページ | 天橋立に行ったアルヨ~其の弐~ »

グルメ和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立に行ったアルヨ~其の壱~:

« 2015年ボジョレーヌーボ―解禁日アルヨ | トップページ | 天橋立に行ったアルヨ~其の弐~ »