« 暮れののんきなご挨拶2015年 | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます~其の弐~ »

2016年新年あけましておめでとうございます~其の壱~

あたいの名前は征夷大将軍しまみだよ。


皆様あけましておめでとうございます。
2016年の幕開けです。良い年になるといいね~。
今年は申年なんだって。
戌年はあるのに、なんで猫年はないんだろうね~

地域の守り神みいたろう注
「それはこんないわれがあるんや。
昔々あるところに、神さんがおったそうな。
神さんはそこに住んでいる動物たちに、
1月1日にあいさつに来るように言うたんや。
その日にあいさつに来た動物から、
12番目までに来た動物を年の動物にするっていう話やってん。
所が猫ははうっかりしとって、
いつ神様のところに行けばいいのかを忘れてしまったんや。
困った猫は、ネズミの所に聞きにいってん。

でも、ネズミは意地悪して1日遅い日を教えたんや。
1月1日になって、ネズミは神様のところに1番乗りやってん
ところが、ネズミにだまされて、次の日にやってきた猫は、
12番目までの動物にならへんかった。
やっぱりお猫よしはあかんな。簡単に騙され
よって。
といういわれがあるんやで」

さて、でんでんとかのんの2016年のお正月は、
おケチじゃない、おせち料理
大阪梅田にある阪急百貨店で買って食べたそうだよ。  


季節ごとに変わる阪急百貨店のディスプレイは、
当然お正月仕様になっているよ。めでたいね~
このディスプレイは眺めているだけでも楽しいね~

新春おせち

さてゲットしたのは、京都の料亭の「わらびの里」のおせち料理だよ。

紅白の熨斗紙がめでたいね~。
今年も幸があるように寿なんだよ


箸袋には鶴と亀のエンボス処理をしています。めでたいですね。

 

全23品が一段重詰にぎっしりと詰められているよ。
おいしそうだよね~
さてさて、食材をかのんが気に入っている
山田平安堂のの器に盛り付けたよ


さて、彩りが美しいだけではないんだよ。、
おせち料理には様々なおめでたい意味が隠されています。
一部だけ紹介するね。

栗きんとん
豊かさ勝負運を願うという意味で、
黄金色の財宝に例えられているよ。
そういえば、栗は「勝ち栗」ともいうね。

ごぼう
細く長く幸せにという意味があるよ。
多くの事を望まず、細くとも幸せに生きよという、
清貧の思想の日本人としての謙虚さをあらわしているよね。
細く長く地面に根を張るごぼうは縁起の良い食材として、
宮中のお料理にも使われているそうだよ。

黒豆は、「まめに働かれますように」元気に働けるように
願いを込めて食べるんだよ。

くわいは芽が角が出ているような独自の形状から、
芽が出る=出世するようにとの意味があるんだよ。
しまみん的には出世すると忙しくなるし、体に悪いし、心もすさむし、
人間の総理大臣が女性活躍社会と言っているけど、ほとほどの活躍でいいな。

紅白のめでたいお料理だね~。

紅白は平安を意味してるんだよ
こちらは紅白なますのかわりに、紅鮭小川巻が入っているよ。


数の子子宝に恵まれるようにの願いを込めて
でんでんかのんたちの子宝は私たちなんだって
やった~、うれしいな~

海老は背骨が曲がるまで長寿の願いを込めて、

田作り五穀豊穣の願いを込めて

きゅっと結ばれたかまぼこは永遠を意味する、
千代結びというメビウスの輪のような結び方をされているんだよ。

という意味があるよ。
五感で楽しむだけではなく、
日本人としての心を現す意味もある料理は誠に素晴らしいね~。
こりゃ新年から縁起の宜しい事で


こちらはかのんが阿倍野にある近鉄百貨店本店で買ったものだよ。
滋賀の北島酒造さんのお酒で、絞ったそのままの濁り酒だよ。
幻の地酒といわれている「御代栄」(みよさかえ)新鮮蔵出しの限定品だって。
製造年月も2015年12月になっているよ。新鮮なんだよね
甘くて飲みやすいお酒でお食事にあうらしいよ
これで新年の乾杯をしたんだって

あたいときじ助にもお年玉を待っているよ~。
さあ、でんでんかのん宅へもらいにいこ~
其の弐に続くよ。

|

« 暮れののんきなご挨拶2015年 | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます~其の弐~ »

グルメ和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年新年あけましておめでとうございます~其の壱~:

« 暮れののんきなご挨拶2015年 | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます~其の弐~ »