« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

スパイス講座へ行ったアルヨ

クロネコの黒猫官兵衛です。

かつては、猫新聞社で事件記者を担当していましたが、
その手腕が認められて、「週間文猫」の記者に抜粋されました。
現在、しまみんの側近きじすけの浮気疑惑を追っています。

さて、でんでんとかのんが 
ハウス食品さんが主催した、「スパイス講座」というのに参加しました。
開催場所は「セントラルスクエア 西宮原店」です。



ハウス食品といえば、「バーモントカレー」や「ククレカレー」
「ジャワカレー」などのカレーのルーで有名。
とんがりコーンなどのスナック、「フルーチェ」などのスイーツ、
「ウコンの力」などといった飲料幅広く展開している企業です。

大正2年 (1913年)浦上靖介(うらかみ せいすけ)が大阪市松屋町筋に創業した、
薬種化学原料店「浦上商店」が元になっています。
大正15年 (1926年)に「ホームカレー」の稲田商店を吸収し、
布施市(現、東大阪市)御厨の工場で即席カレー(ホームカレー)
の製造をはじめたのがハウス食品の始まりですね。
そもそもスパイスに精通した会社なんですね。

flag第一章
スパイスの特徴・役割


スパイスの特徴を解説して頂きました。
スパイスの役割には、辛味 匂い消し 色付けがありますね。

one辛味

スパイスの中には、日本料理でもよく用いられるショウガ、
中国料理の麻婆豆腐に使われている山椒、ポピュラーな胡椒など
いわゆるホット系の辛味ハーブ。
お刺身やお寿司につきもののわさび、おでんに合うからし、
いわゆるツーンとするものの二種類があれますよ。

two匂い消し

生魚やお肉の匂い消しの役割もあります。
お肉料理やお魚料理にはとても役に立ちますね。

three色付け

食材への色付けの効果もあります。
ターメリックやサフランをご飯に入れると黄色い色が付きますよね。



flag第二章
MYイタリアンハーブミックス作り


ハーブを調合して、自分だけのオリジナルのハーブを作ります。


イタメシに抜群にあうハーブをレシピを参考に調合します。
ちょっとした理科の実験みたいですね。



flag第三章
カレーについて


次はカレーについて学びました。


カレーの代表的な国はインド、イギリス、日本などですね。
各国ごとに特色があります。
インドをはじめとする東南アジアのカレーは、
サラサラとしたスープに近く、スリランカ、タイなどでは、
カレーにココナッツミルクなどを入れて作りますよ。
これを見る限り 日本のカレーはイギリスのカレーを元にしています。
また、日本ではカレーは独自の進化を遂げています。
和出汁と合わせた和風カレー、本格的なインド風、
「自由軒」が生みの親のドライカレー、うどんと合わせたカレーうどんなど、
日本人の国民食といってもいいんじゃないでしょうか。


そんなカレーにはたくさんのスパイスが使われています。
スパイスの効能を学びました。



flag第四章
MYカレーパウダーづくり


さて、カレーについて学んだあとは、
レシピを参考に自分だけのカレーパウダーを作ります。
配合は好みによって変えましょう。
これで本格的なインドカレー風のカリーが作れますよ。




最後はスパイスハーブを使った料理の試食があります。
これは普通のタコのカルパッチョとスパイスがのったカルパッチョの食べ比べ。
スパイスがある方が香りや味の深みなどが段違いに違うそうです。


普通のケチャップに辛味スパイスで、
簡単な一手間で、いつものケチャップがサルサソースに。


ポテトサラダとカレースパイスを混ぜたポテトサラダで、
全く違う一品に。
スパイスハーブは色々と使えて便利なものですね。




戦利品はジャワカレーとスパイスクッキング調味料、スパイスの解説本など、
自分で調合したハーブを持ち帰ることもできましたよ。

でも、猫はスパイスハーブ苦手なんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帝国ホテルへ行ったアルヨ

私の名前は黒猫のル・クロといいます。

黒猫ばかりを集めた黒い企業の経営をしています。
黒というイメージカラーで良くブラック企業と間違われますが、、
待遇自体はととてもホワイトだと思います。


我々が暮らす帝国ホテル周辺では、人間たちが公園猫をサポートしてくれます。
餌やり、掃除、避妊 TNRなどを実施して頂き 我々も安心して暮らせます。

さて、でんでんとかのんが「帝国ホテル」の「ザ・パーク」というお店で
ランチバイキングを楽しんだよ。



帝国ホテルは日本で初めてバイキングを始めたホテルです。
1958(昭和33)年の夏に帝国ホテルで誕生したそうです。

帝国ホテル伝統の「ローストビーフ」
「オールドファッションポテトサラダ」をはじめ、
多彩なメニューを取り揃えた
「ガーデン・ブッフェ」が伝統の味を受け継いでいるそうです。

flag魚介類のマリネとサラダ

魚介はエビ、イカ、タコなどがゴロゴロ入っています。
サラダは葉物野菜、キュウリ、トマトなど、
ドレッシングも3種類ほどあります。
トマトが甘くて程よい酸味ででんでんがかなり気に入っていたさうです。

flag赤ピーマンのクリームスープ

みるも鮮やかな赤いスープですね。
甘味のあるスープです。

flagスモークサーモン ケッパーとレモンを添えて
flagオールドファッションポテトサラダ
flagチキン、大根と水菜のサラダ仕立て 
ゴマドレッシング

flag白身魚のポワレ 醤油風味のクリームソース
flag野菜入りハンバーグステーキ デミグラスソース


バイキングを食べるコツとしては、
一口サイズの少量をいろんな種類を取るということ。
特に中に野菜がゴロゴロ入ったハンバーグがとても美味しいらしいです。

flag生ハムのオードブル“ラタトゥイユ”と一緒に

ここのバイキングへきたら是非食べてほしいのは、
ポテトサラダとスモークサーモンです。
特にポテトサラダは味付けが最低限で、
ジャガイモの旨味を存分に生かした料理です。

flagローストビーフ 西洋ワサビを添えて

ここのバイキングの名物メニューである、ローストビーフです。
一皿一皿お肉の塊から、切り分けてくれます。



flagパン デニッシュペストリー

パンも充実しています。
ごまのパンとクロワッサンはお食事の時も重宝しますね。
帝国ホテル謹製の発酵バターとの相性も抜群です。


デニッシュといったデザート風のパンもありますよ。

flagフルーツ

キウイ、オレンジ、ブラッドオレンジ、ぶどうがそろいます。
特にぶどうが美味しすぎて、かなり食べたそうです。
皮ごと食べられますよ。

flagフルーツポンチ

バイキングの定番といえば、フルーツポンチですね。
大体どこのバイキングへ行ってもこれはありますね。
フルーツがゴロゴロ入っていて、食べ応え抜群ですね。

flagケーキ各種

ケーキも充実しています。
バイキングでありながら本格的な味です。

flagソフトクリーム

ソフトクリームは濃厚です。

flagコーヒー

食後はコーヒー、紅茶、ハーブディーなどを楽しめます。

flagハーブティー

ハーブティーはミントティーがあります。
食後にはすっきりしますよ。

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 桜ノ宮駅大阪天満宮駅天満駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の弐~

あたいの名前はしまみだよ。


猫は暇そうに見えるかもしれないけど、
その実かなり忙しくって、縄張りの防衛や新しい縄張りの開拓、
街の見守り、治安維持とやる事がたくさんあるんだよね。
まさに猫の手も借りたいほど忙しいよ。
きじ助がいるけどあんまり役に立たないしねsweat01



さて、でんでんとかのんが天王寺動物園へ行った続きだよ。

さて動物園舗めぐるとどこからかドンドンと音が聞こえてくるそう。
音の主はコイツ。
羊の元になったといわれている、ムフロンという動物らしいよ。


ムフロンたちは、南紀白浜アドベンチャーワールドからやってきたんだってsign03


立派な角でバケツに向かって、がんがん頭突きをしているよ。
あたいも頭突きには自信がある方だけど、これには敵わないね。



ここからはあたいたちの仲間である、ネコ科の動物たちが登場だよ。

このきじ助に似た猫ちゃんは、スナドリ猫というんだよ。
あたいらのようないわゆる家ねこと違って、
野生の山猫なんだよ。なかなかいい面構えだね。


ベンガルヤマネコなんだけど、
この子は超恥ずかしがりやで、半分しか姿を見せてくれないよ。


斑点模様が特徴のピューマだよ。


猫科の動物で最強クラスのトラだよ。
うろうろと落ち着きなく歩いていたそうだよ。




中国オオカミは中国出身のおおかみさんですよ。
どこからどう見ても犬にしか見えないね。
日中の友好で中国から贈られたらしいよ。

守護霊でんちゃん注
「オオカミは犬の仲間アルからね」



レッサーパンダ。
パンダといわれているけどタヌキぽいね。
中国では小熊猫と呼ばれているよ
Firefoxと呼ばれている地域もあるらしいよ。
愛嬌のある姿で可愛いね。


夕方閉園間近になると、うさぎさんはもう疲れてねむねむですよ。


ヤギさんも疲れて目がうつろだね。


耳がとても長い耳長ヤギだよ。
耳を引きずって歩いているよ。

デモンズねこちゃん注
「こら~、ヤギどもやる気のないやつはヤギ汁にして食っちまうぞ~」




ゾウさんもいるよ~。
ゾウは大きくて鼻も長いね~。


悠々と過ごしているアザラシとアシカさんだよ。
サギと仲良く暮らしているよ。

いろんな動物がいる天王寺動物園、皆も行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の壱~

あたいの名前はしまみだよ。


毎日夜に、でんでんかのん宅の監視業務をしているよ。
でんでんとかのん宅で、異変があればすぐに駆けつけ三杯できるよう、
きじ助とシフトを組んで対応しているよsign03



flagJR新今宮駅

天王寺動物園の最寄駅は、JR環状線、大和路線 「新今宮駅」なんだよ。
ちなみにこのホームは大和路線だよ。
黒い部分にえべっさんの絵が描いていますよ。

もしくは、大阪市営地下鉄 御堂筋線「動物園前」になるよ。

        
JR新今宮駅の駅スタンプだよ。
この町の特徴は新世界、通天閣、動物園とつながる駅だよ。



flag新世界

天王寺動物園は新世界にあるよ。
新世界は通天閣と串カツ屋さんの街だよ。
殆どの飲食店が串カツ屋さんという全国的にも珍しい街だよ。

でも、残念ながら、地元関西人ってあんまり串カツ食べないんだよね。


派手な看板がひしめく、町全体がテーマパークみたいなところだね。

昔は年配の方で賑わっていた街だけど、
今はナウなヤングやデートを楽しむアベックも多いよ。
街の雰囲気も明るくなり、賑わいある街なんだよ。



flag天王寺動物園

100周年を迎えた天王寺動物園だよ。
100周年を記念して新しい撮影スポットもできていたので写真を撮れるよ。
海外の観光客をお迎えするため、
いろんな言語で歓迎のメッセージが書かれているよ。
皆も写真撮っていってね。


天王寺動物園を入るとすぐにフラミンゴがいるよ


動物以外にもお魚もいます。
写真は、回転寿司などで鯛の代用魚として利用されている「テラピア」だよ。
国内では見た目もタイに似ているからと鯛の代用魚として、
食用に持ち込まれたのだけど、それが野生化して暖かい地方で増えているそう。
東南アジアではとてもポプュラーな食材だそうだよ。
美味しそうだねsign03


恥ずかしがりやで、端っこの方にいるサイだよ。
あんまり近くに寄ってこないらしいよ。
サーヴィス悪いな~。


あべのハルカスとキリンさんです。
都会の中にある動物園なので、こんな光景が見られるんだよね。
これはなかなかナイスショットだよね。


キリンさんはハルカスちゃんとコウヤ君とオスとメスがいるらしいよ。


疲れているのか、寝ているハイエナです。
なんかやる気なさすぎだよね。
一応接客業なんだから、ちょっとは愛想をふりまかないと。


百獣の王ライオンだよ。
お客さんがたくさんいるに関わらずマイペースらしいよ。


ライオンは、ガオウ、ルナ、モナカの三匹がいますよ。
ライオンは迫力アルネ~。

次回へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本町製麺所 天 @新大阪「新なにわ大食堂」

わいの名前はきじ助やnote


かのんに喉撫でてもらったで。気持ちええなあ。
そこはにゃんこのツボやから、うっとりとしてしまうやろnote



改装された、大阪市営地下鉄の御堂筋線新大阪駅の改札でてすぐに、
「新なにわ大食堂」というのができたんや。
でんでんとかのんが行ってきたそうやで。

flag新なにわ大食堂

居酒屋から、スペインバル、和食、うどん屋さんなど、
一杯飲んで食べてというお店が集うところやで。
お昼はお得なランチもあるんやで。

でんでんとかのんはお昼を食べに行ったらしいで。



flagTEN 天

本町が本店の「天」という天ぷらと讃岐うどんの店やで。


でんでんは「豪快天丼」というのが気になったらしいで。
周りの席の特に男性は、これを食べたらしぃで。
やっぱり男はボリュームが重視やのsign03


なんでもここは、出汁にこだわってるらしいで。
なにわらしいの~。

flag贅沢天丼

7種類の天ぷらが入ったまさに贅沢な天丼や。



どれもカラッとあがっていて、サクサクでうまいらしいで。
これで980円やsign03


いい出汁が漂う、お吸い物もついてるんやで。
これはお得や。

flagちくたま天ぶっかけ

かのんは、ちくたま天ぶっかけを食べたそうや。
器から半分くらい、ちく天がはみ出ているでsign03


かなり大きなちくわが入っていてびっくりや。
30センチくらいあるんちゃうか?
持ち上げてもまだ器の中にちく天が入っている状態やで。
かのんだけでは食べきれなかったので、
でんでんが食べるの手伝ったらしいで。


うどんはこしがあり、のど越しもええで。
めっちゃ美味いらしいで。

これはなかなかお得なランチやな~。
食べすぎてお腹がいっぱいになったそうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nIFREL(ニフレル)へ行ったアルヨ~其の参~

わてはワオキツメザルのサル太郎やnote


わては、nIFRELという動物園で働いているんや。
毎日ようさんくる人間のお客さんを喜ばすことが仕事や。
そのために毎日どないしたら人間が喜ぶかすごい研究しているねんで。
どやえらいやろsign02

今回はnIFREL内で軽食が食べられる「EATEATEAT」で食べたものを紹介するで。

・食べられる水

今話題の食べられる水が食べられるんやで。
水って飲み物ちゃうの??という人がいるかもしれないけど、
これは食べる水なんやで。
塩化カルシウムと褐藻類で表面に幕を張って、という作り方が一般的やけど、
こちらのはもうちょっと固まっていて、信玄餅に近い食感らしいで。
味は本当に水やでsweat01

・ワニカレー

ワニカレーといってもほんまもんのワニが入ってるわけちゃうで。
お野菜と鶏肉が入ってるねんで。
何でワニカレーかというとワニの形にご飯をもってるからやで。
ご飯が変わっていて豆ごはんを使ていて、
これがなんか固い独自の触感らしいで。
カレーは甘口なのでお子さんにも食べやすいものになっているねん。


アイスクリームもあるで。
バニラとラムネ味を食べたらしいで。
館内は結構暑かったので、アイスクリームがこれまた、ええ感じやな。


いろんな生き物も見られて、わてら動物もぎょうさんおるんで、
皆も遊びに来てや~sign03



| | コメント (0) | トラックバック (0)

nIFREL(ニフレル)へ行ったアルヨ~其の弐~

わいの名前はきじ助やsweat01


わいは毎日のように、でんでん、かのん宅へ行って、
ドアから顔をのぞかせて挨拶しているんやで。
毎日ドアを開けたらおるんやで~。
どや、えらいやろ。

ねこちゃんデモンズ注
「きじ助、ストーかみたいで、ちょっと怖いにゃ~」


守護天使でんちゃん注
「ねこちゃんのほうが怖いアルヨ~」




でんでんとかのんがnIFRALへ行ったレポートの続きやで。
前回はわいの彼女のしまみんが主に魚類を紹介していたけど、
わいは主に動物を紹介するやで。

・カメレオン

周囲の背景の色に合わせて自分の体の色を変えるんやで。
すごいのお。
わいら猫も周囲の風景に溶け込むような模様をしているんやで。
わいなんかは闇に溶け込んだり、枯葉に溶け込むとあんまりわからなくなるで。
で、敵を油断させて奇襲攻撃をかけるんやで。

・ホワイトタイガー

こちらの目玉である、わいら猫さんの仲間である、
ホワイトタイガーのアクアさんやで。
わいら猫よりも十倍くらい大きいで。
猫もこれくらい大きければ無敵やのにな。
お疲れなんかよう寝とったらしいで。
一応接客業なんで、お客さんに愛想ふりまかなあかんやんsign03


ご飯を食べてからもう一回来たら、うろうろし始めたらしいで。
うわ~、すごい迫力あるな~。


ねこのくせして、水遊びが好きらしいねん。
水の中で気持ちよさそうに泳いでいるんやで。


ちょうどアクアさんがおるスペースの上に通路があって、
通路を歩くアクアさんを下から見ることもできるけど、
水にぬれてたりすると上から水がパタパタ落ちてきて濡れるで気いつけや。
すごい迫力やで。

・イリエワニ

でっかいワニさん大迫力や。
この歯すごいなあ。こんなんに噛まれたらひとたまりもあらへんなあ。
体長は大体3メートルくらいはあったそうや。コワイのお。

・ワオキツネザル

お隣のブースへ行くとワオキツネザルが放し飼いされてるで。
かなり近くで見ることができるそうや。

・カピバラ ワオキツネザル

カピバラとメガネザルの共演も見られるで~。
これはすごい珍しい光景やな。
仲睦まじいな。わいとしまみんみたいやな。

・ケープペンギン

ペンギンさんもおるねん。
ペンギンは昔 鳥やったんやで今でも水中を飛ぶように泳ぐんやで。
格好ええなあ。

・アナホリフクロウ

トイレの標識の上にフクロウがおるで。


鳥はその辺を自由に飛び回っているそうや。
だから、頭上にフン注意という看板が出ているんやで。

・いきものがかかりのヴォーカルの人(カワウソ)

いきものがかかりのヴォーカルの人(吉岡聖恵タソ)にそっくりの、
カワウソもおるやで。かわええのお。

・クジャク

クジャクもそこらへんでうろうろしているんやで。
お客さんの足元で自由に暮らしているんやで。
でんでんとかのんは一緒に写真を撮ったらしいで。

・モモイロペリカン

ペリカンもおるんやで。
ペリカンはくちばしが大きいなあ。
ここではすべての生き物が近くで見られる年。
なかなかの大迫力やな。

・ギニアエボシドリ

色鮮やかな鳥さんやで。
この子も自由に動き回っていて人にも慣れているので、
かなり近くで見られるで。

今までにない斬新な動物園です。
皆も来てみれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nIFREL(ニフレル)へ行ったアルヨ~其の壱~

あたいの名前はしまみだよ。


最近は政治家猫として、征夷大将軍の職をもらって活躍しているよ。
今日も猫界の天下統一のために頑張っているよ。



flagnIFREL(ニフレル)

でんでんとかのんが「nIFREL(ニフレル)」という、
動物やお魚がいっぱいいるところに行ったそうだよ。

吹田の「EXPOCITY」にあるんだよ。
白い特徴的な形をした建物がそうだよ。


開園して数か月しかたっていないけどもうすでに来場者が100万人超えたとか。
すごいね~。


近未来的なゲートをくぐって、中に入ると
水槽が並んでいて中には、お魚やエビなど水の中に住む生き物がいるんだよ。

・シロボシアカモエビ

ガラスかと見紛うばかりのキチン質をもつ
えびせんに入ってそうなエビだね~。美味しそうだね~。

・キイロサンゴハゼ

この黄色い魚は、体に毒をもつんだって。
怖いね~。食べたら駄目だよ。

・スズメダイ

群れで泳いでいます。
可愛いね。これは食べるとおいしいかな??

・テッポウウオ

水を鉄砲のように噴き出して、虫などを撃墜して食べるらしいよ。
賢い魚だね~。
焼き魚にするとおいしそうだよね。


このお魚は、網で焼かれたのかな?
焦げ目のような模様が特徴的だね~。

・ヨツメウオ


水中と地上を両方見渡せる目を持つサカナなんだよ。
水中地上両方みられる便利だね。


人間の皮膚につく老廃物を食べるお魚だよ。
指を入れると老廃物を食べてくれるので、
お肌にいいよ。
あたいもお肌つるつるにしたいなあ。

鴨兵衛
「しまみんは、毛むくじゃらなんだからお肌よりも、
毛並みをきれいにするよう考えたほうがいいカモ」



ハタ(クエ)の仲間だよ。
大きくて迫力ある魚だよ。
お鍋にすると何人前になるのかな?


魚類以外にイソギンチャクもいるよ。
なかなか幻想的だね~。
きれいだけどこれは食べてもあんまりおいしそうじゃないね。


幻想的なクラゲさんです。
海の嫌われ者のクラゲだけど、こうしてみるとなかなか愛嬌があってかわいいね。
これも食べても美味しそうじゃないね。

ねこちゃん後輩デモンズモード
「ごらぁ~、しまみんよ~。食う事ばっかり考えんじゃねえよ」sign03



これはまたカサゴの仲間だけど綺麗な魚だね~。


水玉模様がきれいなエイだよ~。
これは食べると絶対に毒があるよね~。


エイのおなか側は、なんだかコワイ~。

地域の守り神みいたろう注
「エイはしっぽの所に、毒針があるんやで。
刺されたら大変なことになるでsign03


大きなサメも悠々と泳いでいるよ~。
大迫力だね~。サメはかまぼこの原料なんだよ。
「nIFREL」では斬新な展示方法で、観る者の目を楽しませてくれるよ。



リアルにょろにょろの「チンアナゴ」だよ~。
なんかにょろにょろしてかわいいねえ。
ムーミンに出てくるにょろにょろみたいだね。

展示はまだまだ一部だけどみんなもぜひ来館してみてみるんだよ~。
次は動物の紹介だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隆勝 (リュウショウ)へ行ったアルヨ

わいの名前はきじ助や。


最近、気温が急にさむなったり、あつなったりで不安定やな。
わいらにゃんこは、全身毛むくじゃらで、体毛で体温の調整をしているので、
急な気温の変化はかなわんねんな。
早く過ごしやすくなってほしいなあsweat01


つつじの花がきれいに咲いているで~。
でんでんとかのんは子供の頃、つつじの蜜を吸ってたそうなんやで。
貧乏やったから、おやつも食べられへんかったんかなsign02
気の毒なことや。
きれい花やからみんなはマネしたらあかんでsign03



でんでんとかのんが隆勝 というラーメン屋さんへ行ったそうや。
なんでも、「食べログ」というサイトでなかなかの評判なんで、
どんなもんやねんと食べに行ったらしいでsign03

flag麺屋隆勝

JR新大阪駅とJR吹田駅の間にある、JR東淀川駅の近くにあるで。
以前ここは別のラーメン屋さんやったんやけど、
居抜きで入ったそうやで。


お店の前には「俺のスープ」の解説がされているで。
豚骨、鶏ガラ、魚介、野菜などで煮込まれた
すごくこだわりのスープみたいやな。
これは期待が高まるな~。


メヌーはこんな感じやで。
でんでんとかのんはなんと千円越えの「特性つけそば」をオーダーしたそうや。
リッチやな~sign03
わいらのご飯がしょぼくならんかったらええけどsweat01


特製つけ麺は特性というだけあって、
具が全部のせやねん。
全部のせには、煮卵、チャーシュー、メンマがつくんやで。
豪華やな~。
これはお酒のあてにもええかも知れへんな。
でも昼間から飲むわけにはいけへんから、全部ラーメンへ投入やなsweat01


スープが運ばれてきたで~。スープはちょっとトロっとした感じ。
鰹や煮干しのにおいがいい香りやそう。
わいも食ってみたいな~。
スープの中には、魚粉、チャーシュブロック、メンマがゴロゴロ入ってるそうや。
食べ応えも抜群らしいでsign03

スープが自慢のお店だけあって、スープが抜群においしいねんて。


「麺は残しても、スープは飲んでください」
というスープの解説がお店に貼ってあるんやで。
これを読むといかに、このお店のスープがこだわりと手間がかけられているか、
わかるなあ。


麺はもっちりとした太麺で、スープによう絡むそうや。


持ち上げてみたで~。
きれいな色した麺やな~。
これを漬け汁に入れてひたすらすするで~。
途中で、レモンを絞れば、味の風味も変わるで~。


最後はやっぱりスープ割やで。
つけ麺は麺をつけて食べるという性質上どうしてもスープが濃いめになるので、
スープで割って楽しむんやで。
つけ麺はいろいろな楽しみ方ができるのが、ええなあsign03


ご主人はなんと、中国の山東省出身らしいで~。
日本語がかなり達者なので、
普通に話していると中国人とはわからないぐらい達者なんやて。
なんでも元々ホテルのフロントで勤められていたので、
接客せなあかんから一生懸命覚えたそうや。

日本で食べた つけ麺が美味しかったので、
自分もお店をして中国でも広めたいとおっしゃっていたそうや。
たまたま居抜きで、周りにラーメン屋さんが少ないこの場所を選んだそうやけど。
一度失敗している店の後なので、不安もあったそうやけど。
美味しいものを作れば、お客さんが来てくれるということで始めたそうや。
なかなか立派な心意気やな~sign03
海外の人が日本を好きになって、日本で商売をしてくれるのは、
ええことやなあ。

守護霊に戻ったねこちゃん注
「本場の中国人が作る、本場のラーメンだにゃ~


守護天使でんちゃん注
「確かにラーメンのルーツは中国だけど、ラーメンは日本で独自の進化を遂げて、
いま中国では、日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)
または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれているアルヨ。
日本で独自の進化を遂げたもので、つけ麺は日本生まれアルヨ」

関連ランキング:ラーメン | 東淀川駅東三国駅新大阪駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »