« 天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の壱~ | トップページ | 帝国ホテルへ行ったアルヨ »

天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の弐~

あたいの名前はしまみだよ。


猫は暇そうに見えるかもしれないけど、
その実かなり忙しくって、縄張りの防衛や新しい縄張りの開拓、
街の見守り、治安維持とやる事がたくさんあるんだよね。
まさに猫の手も借りたいほど忙しいよ。
きじ助がいるけどあんまり役に立たないしね



さて、でんでんとかのんが天王寺動物園へ行った続きだよ。

さて動物園舗めぐるとどこからかドンドンと音が聞こえてくるそう。
音の主はコイツ。
羊の元になったといわれている、ムフロンという動物らしいよ。


ムフロンたちは、南紀白浜アドベンチャーワールドからやってきたんだって


立派な角でバケツに向かって、がんがん頭突きをしているよ。
あたいも頭突きには自信がある方だけど、これには敵わないね。



ここからはあたいたちの仲間である、ネコ科の動物たちが登場だよ。

このきじ助に似た猫ちゃんは、スナドリ猫というんだよ。
あたいらのようないわゆる家ねこと違って、
野生の山猫なんだよ。なかなかいい面構えだね。


ベンガルヤマネコなんだけど、
この子は超恥ずかしがりやで、半分しか姿を見せてくれないよ。


斑点模様が特徴のピューマだよ。


猫科の動物で最強クラスのトラだよ。
うろうろと落ち着きなく歩いていたそうだよ。




中国オオカミは中国出身のおおかみさんですよ。
どこからどう見ても犬にしか見えないね。
日中の友好で中国から贈られたらしいよ。

守護霊でんちゃん注
「オオカミは犬の仲間アルからね」



レッサーパンダ。
パンダといわれているけどタヌキぽいね。
中国では小熊猫と呼ばれているよ
Firefoxと呼ばれている地域もあるらしいよ。
愛嬌のある姿で可愛いね。


夕方閉園間近になると、うさぎさんはもう疲れてねむねむですよ。


ヤギさんも疲れて目がうつろだね。


耳がとても長い耳長ヤギだよ。
耳を引きずって歩いているよ。

デモンズねこちゃん注
「こら~、ヤギどもやる気のないやつはヤギ汁にして食っちまうぞ~」




ゾウさんもいるよ~。
ゾウは大きくて鼻も長いね~。


悠々と過ごしているアザラシとアシカさんだよ。
サギと仲良く暮らしているよ。

いろんな動物がいる天王寺動物園、皆も行ってみよう。

|

« 天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の壱~ | トップページ | 帝国ホテルへ行ったアルヨ »

大阪市天王寺区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の弐~:

« 天王寺動物園へ行ったアルヨ~其の壱~ | トップページ | 帝国ホテルへ行ったアルヨ »