野菜

なにわの伝統野菜の勉強へ行ったよ

ここは、動物少年院です。
罪を犯した未成年の動物が送られる刑務所です。


↑お魚窃盗罪で逮捕されました、ちびたろうです。
後ろには看守のたまさんが、目を光らせていますので、
脱獄する事ができません。

そこで、反省しているので、早く出たいといいましたら、ブログを書けば、
恩赦がつくとのことなので、今回ブログを書くことにしたにゃご



さて、でんでんがなにわの伝統野菜のセミナーで復習してきたそうだにゃご。

開催場所は、大阪天満橋の「エル・おおさか」ですにゃご。


↑講師は、元 大阪府立食とみどりの総合技術センター、
 農学博士の森下正博先生です。

森下先生といえば、なにわの伝統野菜の立役者です。
博士のお陰で、数々のなにわの伝統野菜の原種が復刻されましたにゃご。

今回は、なにわの伝統野菜の中でも、もっともメジャーな二品、
天王寺蕪と田辺大根のお話です。

ちなみにこのスライドの絵は、古代の大阪で海岸から、
上町大地を見た想像の絵だそうだ。

古代の大阪は、河内湾という海で、
今の石切まで海岸線が迫っていたというにゃご。
それが大和川、淀川などの土砂が堆積し、淡水化し、河内湖になり、
それがさらに、上流からの土砂などで埋め立てられて、
現在の大阪平野になったそうだにゃご。

大阪というのは、大半が元々海だったので、
今でも地質というのが肥沃で、
野菜栽培にうってつけの土地なんだそうだよ。


↑右の人物が森下博士だにゃご~。
 ヴァイオリンを弾くのが趣味だそうで、
 会が始まるまでずっと弾いていたそうだよ


↑最近では、お店や大阪の食品会社さんから、
 様々ななにわの伝統野菜の商品が作られていますにゃご。

ちなみにでんでんは、大阪の食品メーカーで
はじめて、なにわの伝統野菜の漬物を商品化し、
スーパーに流通させた食品会社で勤めていました。
主に使っていたなにわの伝統野菜は、天王寺蕪、田辺大根・・・etcです。

当時は、流通量もすごく少なく、
特に天王寺蕪を仕入れるのが大変で、
しかも、蕪の頭の部分も小さく、皮をむくのが大変だったそうだ。

江戸時代には、美食家として知られているし、
狂歌師の蜀山人は、大阪で食べた、
天王寺蕪や吹田くわいがおいしかった事を思い出して

「思い出る 鱧の骨切りすり流し 吹田くわいに天王寺蕪」

という歌で詠んだほどでしたにゃご。

ちなみに野沢菜は、天王寺蕪が先祖だという説があります。
1756年、野沢温泉村の健命寺の住京都に遊学した際、
天王寺蕪の種子を持ち帰り、それが寒冷地の為、
頭の部分が成長せず、葉が成長し、野沢菜になったという説だ。

しかし、近年の種子表皮細胞や遺伝的研究から、否定されているそうだ。
日本のカブは、大きく分けると西日本主流のアジア系と、
東日本の山間地に多く栽培された、たヨーロッパ系に大別されるにゃご。
天王寺蕪はアジア系であり、野沢菜はヨーロッパ系の特徴が強いのだ



そんな、なにわの伝統野菜も普及活動が進み、
一般に広く知れ渡るようになりました。


↑田辺大根の資料です。
昭和22年頃にも田辺大根が作られていましたが、、
当時と今を比べると大きさや形がずいぶん違いますにゃご。

さて、この後は、なにわの伝統野菜を
自分のお家で植えてみようということで、
育て方も教えてもらったらしいよ。

続く。

場所:大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか

アクセス:地下鉄谷町線「天満橋」駅2番出口
      地下鉄堺筋線「北浜」駅 3番出口
      京阪電車「天満橋」駅 東口より西へ300m
      京阪電車「北浜」駅 30番出口より東へ500m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の三

でんちゃんです。


↑久しぶりにブログに戻ってきました。
残暑が厳しいざんしょと、ともだちと話しています。

さて、続きアルヨ。


↑桜会シェフ満田氏が用意しているのは、野菜蒸しです。
まずは、長いも蒸しです。

 
↑普通に蒸したものと、油蒸しを食べ比べてみたそうだよ。
どちらも、軽くお塩を振って食べるアルヨ。
素材の味を邪魔しない、野菜の味をダイレクトに味わえるそうです。

 
↑今度はジャガイモ、インカの目覚めです。
普通に蒸したものと、土の中で蒸したものの二種類ですよ。
土蒸の方は、土の味があとから、口の中で香るらしいよ。
ジャガイモが甘みがありとっても美味しいそうだ。

さて、次はのらさん提供の、野菜蒸の数々です。

↑とうもろこしは、片方は、スーパーで普通に買ったもの。
もう一方は、獄きみという糖度の高い品種です。
さて、どちらが、どちらかわかるアルカ?


↑野菜がこれだけご用意してくださいました。
のらさんありがとアルヨ!!

↑南京も一度にこれだけのものを食べ比べる機会はなかなかないですね。


↑上の南京の元はこんな形、色をしています。
通常良く見る南京というのは、
右から三番目や四番目の様な色形をしているものが多いですね。
南京といってもさまざまな色形味のものがあるんですね~。

他にさつまいもも食べ比べましたよ。


↑フルーツトマトと、つるむらさきです。
つるむらさきは、ちょっと、オクラの様なぬめっとした食感のある、
野菜ですよ。

野菜を一度にこれだけ食べるという機会も珍しいですね。
でんでんは食べ過ぎて、しばらく野菜は食べたくないほど食べたそうだ。
皆様お疲れだったアルヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の二

鴨さんです。


↑前回のサギさんと、同じ恩地川ですごしています。
最近は、恩地川も水質が良くなって、うれしい限りです。
皆さんも川を大事にするカモよ。
今回は、カモ組みがのっとりに来ました。



さて、前回の続きです。
  
上西さんです。
能勢で定年をされてから農業をされています。
農家の苦労話を色々と聞かせていただいたカモ。

農業は自然との闘いです。
特に今年は異常気象で、毎日暑い日が続きますが、
そんな気候に左右され、いのししなどの害獣、虫、病気、
さまざまなリスクと戦わなければなりません。
まるで、ICUに入っているようだと、
野菜たちをそう表現されていたカモよ。
刻々と野菜の生育状況は変わっていきます。
それだけ、農業という仕事は大変な仕事なんですね。


今回イカス資料を作っていただけました。
上のほうは農園の紹介、能勢は自然豊かないいところですね。
こんな大自然の中、農業をされているんですね。

一番下に写っているのは、左から、いのしし、鹿、
ラスカル(でんでん注 アライグマです!!)です。
こいつらが、畑を荒らします。
特にラスカルは、雑食性で何でも食べるので、困りものだとか。
元々外来種で、誰かがペットで飼われていたものが、逃げ出したり、
捨てられたりしたものが増えているんですね。
国内でも広く繁殖して、あちらこちらで被害が出ています。
ラスカル、わるい奴ですね~。

↑上西さんの水田です。
ミルキー・クイーンを植えられているらしいですよ。
他の稲よりも、発育が早く、すでに刈り入れの時期だとか。
当日も稲刈りを途中でほったらかして、来たそうですよ。
また、帰ってから稲刈りの続きをしたいとおっしゃっていたそう。

帰り際にでんでんとかのんが、少しお話したそうだけど、
農業は大変だけど楽しいとおっしゃっていました。
まさに自然との知恵比べって感じですね。
とても生き生きとしたいい表情をされていたそうカモ。

さて、次はいよいよ満田シェフの料理の試食ですよ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

そのころ、でんちゃんたちは……。


↑ともだちの提唱する、三匹による政権運営、
トロイカウニ体制に異を唱えたクロさん幹事長が、
代表選を挑んできました。
でんちゃん達の運命はいかに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の一

サギさんです。


最近は、恩智川も水質が良くなってきて、お魚が豊富にいるサギよ。
そんなお魚を食べるために、
はるばる八尾市の恩智川へやってきましたよ~。
そしたら偶然こちらのブログを見つけましたので、
でんちゃんがいない間にのっとりに来ましたよ。

さて、でんでんとかのんが、家庭料理食育研究会へ行ったそうサギ。


↑映画「20世紀少年」にも出てくる万博公園の前です。
緑と近代都市が融合したような場所ですね。


↑場所は、おなじみの「住まいのショールームDILIPA」さんですサギ。

今回のテーマは「野菜の魅力」です。
「野菜ソムリエの店 のら」を千里中央で出店されている、
ドクター・オブ・ジ・アース代表取締役河村 賢造氏の野菜の講義、
能勢で実際に農業を営まれている、田尻農産の上西さんをお招きして、
農業の現場のお話をして頂きましたサギよ。
ミシュラン受賞「桜会」シェフ満田さんによる、
野菜の試食もありますよ。


↑講義中の河村さんです。
野菜の美味しさの構成要素をプロの目から解説して頂いたそうです。



美味しさのの要素には、水、土、肥料、気候、季節などさまざまな様さが絡み、
農業の奥深さを感じたと、でんでんがいっていたサギよ。


↑大阪の農業の現状も解説していただきました。
現在でもこのような状況だそうです。
農家人口の実際は税金対策などでやっている人も少なからずいるので、
もっと悲惨なものかと。
30歳未満の農業人口が60人というのも、驚きですね。
大阪は、土地の値段が高いし、さまざまな要素に左右される、
不安定な業種だし、なかなか専業農家は難しいですな~。
サギさんも大阪の農業を応援しないといけないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこを買いに行ったよ

ねこちゃんです。


↑でんちゃん先輩がヨーグルトを盗み食いしようとしていたので、
成敗しました。

でんでんが、しいたけを買いに行ったそうだよ。
以前、門上先生の講演会に行った時に、WTCへ行った時に、
イベントで試食をやっていたそうにゃ。


↑椎茸ジャパンさんの「なにわの椎茸です。


↑シンプルに塩だけで焼いて試食をしていたそうだよ。
美味しそうにゃ~。
肉厚で、薫り高い、食感もぷりぷりで(゚Д゚)ウマイアルヨ!。


↑灌木ではなく、こういった菌床を使った、栽培キットで栽培されているにゃ。
こちらは、最近テレビでも紹介されていて、
関西テレビの人気番組「よ~いドン!」の、
「となりの人間国宝」さんのコーナーでも紹介されていたそうだよ。
豊中の浜にも営業所があり、ここでは車と一緒になぜか、
しいたけが売っているそうにゃ。
でんでんは内から近いので、何度か通りかかって、
以前から知っていましたが、なんともあやしい感じだったそうにゃ。

でんでんは試食したしいたけがあまりにも美味しかったので、
栽培もしている本社へ買いにうかがたそうにゃ。
こちらはなんと、車の整備工場の二階に椎茸栽培プラントがあるそうにゃ。


↑中は、しいたけの販売に適しているように、じめじめしていて、
温度も調節されているそうですだ。
こういったしいたけの栽培セットがいっぱい並べられているそうだ。


↑こんな肉厚で立派なきのこがいっぱい出来ているよ~。
ちなみに100グラム200円です。
どなたでも買う事ができますよ。

ねこちゃんもしいたけを食べたいなあ~。
でんでん注「ねこは肉食なので、しいたけは食べられません」

株式会社椎茸ジャパン     

■住所 : 大阪府豊中市上津島1丁目 10ー32

■TEL: 06-6866-2838

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

なにわの伝統野菜 よ~いどん★となりの人間国宝さん クリスマス グルメうどん グルメお取り寄せ グルメお好み焼き グルメお寿司 グルメそば グルメたこ焼き グルメイタリア料理 グルメインド料理 グルメカレー グルメコーヒー グルメステーキ グルメスリランカ料理 グルメバイキング グルメバリ料理 グルメパン グルメフランス料理 グルメベトナム料理 グルメラーメン グルメワイン グルメ・クッキング グルメ中華料理 グルメ串カツ グルメ和菓子 グルメ和食 グルメ居酒屋 グルメ沖縄料理 グルメ洋菓子 グルメ洋食 グルメ焼肉 グルメ韓国料理 ニュース パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ファーストフード ブロガーイベント ペット マクロビ ミシュラン メディア出演 ユニバーサル・スタジオジャパン ワイン 世界のスイーツ 世界の料理 京都 京都・七条 京都・三条 京都・四条 兵庫県神戸市 吹田くわい 吹田のたけのこ 商店街 喫茶店 大和川 大阪市 大阪市中央区 大阪市北区 大阪市天王寺区 大阪市浪速区 大阪市淀川区 大阪市福島区 大阪市西区 大阪府 島本町 大阪府八尾市 大阪府吹田市 大阪府富田林市 大阪府東大阪市 大阪府柏原市 大阪府池田市 大阪府箕面市 大阪府羽曳野市 大阪府茨木市 大阪府藤井寺市 大阪府豊中市 奈良県 学問・資格 家ごはん 市民農園 心理学 文化・芸術 文化遺産 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 柏原市ぶどう 渡邊邸 漬物 物産展 百貨店 神戸 神社 仏閣 経済・政治・国際 農園 野草 野菜 阪神甲子園 食育