農園

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の三

でんちゃんです。


↑久しぶりにブログに戻ってきました。
残暑が厳しいざんしょと、ともだちと話しています。

さて、続きアルヨ。


↑桜会シェフ満田氏が用意しているのは、野菜蒸しです。
まずは、長いも蒸しです。

 
↑普通に蒸したものと、油蒸しを食べ比べてみたそうだよ。
どちらも、軽くお塩を振って食べるアルヨ。
素材の味を邪魔しない、野菜の味をダイレクトに味わえるそうです。

 
↑今度はジャガイモ、インカの目覚めです。
普通に蒸したものと、土の中で蒸したものの二種類ですよ。
土蒸の方は、土の味があとから、口の中で香るらしいよ。
ジャガイモが甘みがありとっても美味しいそうだ。

さて、次はのらさん提供の、野菜蒸の数々です。

↑とうもろこしは、片方は、スーパーで普通に買ったもの。
もう一方は、獄きみという糖度の高い品種です。
さて、どちらが、どちらかわかるアルカ?


↑野菜がこれだけご用意してくださいました。
のらさんありがとアルヨ!!

↑南京も一度にこれだけのものを食べ比べる機会はなかなかないですね。


↑上の南京の元はこんな形、色をしています。
通常良く見る南京というのは、
右から三番目や四番目の様な色形をしているものが多いですね。
南京といってもさまざまな色形味のものがあるんですね~。

他にさつまいもも食べ比べましたよ。


↑フルーツトマトと、つるむらさきです。
つるむらさきは、ちょっと、オクラの様なぬめっとした食感のある、
野菜ですよ。

野菜を一度にこれだけ食べるという機会も珍しいですね。
でんでんは食べ過ぎて、しばらく野菜は食べたくないほど食べたそうだ。
皆様お疲れだったアルヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の二

鴨さんです。


↑前回のサギさんと、同じ恩地川ですごしています。
最近は、恩地川も水質が良くなって、うれしい限りです。chick
皆さんも川を大事にするカモよ。
今回は、カモ組みがのっとりに来ました。



さて、前回の続きです。
  
上西さんです。
能勢で定年をされてから農業をされています。
農家の苦労話を色々と聞かせていただいたカモ。

農業は自然との闘いです。
特に今年は異常気象で、毎日暑い日が続きますが、
そんな気候に左右され、いのししなどの害獣、虫、病気、
さまざまなリスクと戦わなければなりません。
まるで、ICUに入っているようだと、
野菜たちをそう表現されていたカモよ。
刻々と野菜の生育状況は変わっていきます。
それだけ、農業という仕事は大変な仕事なんですね。chicksweat01


今回イカス資料を作っていただけました。
上のほうは農園の紹介、能勢は自然豊かないいところですね。
こんな大自然の中、農業をされているんですね。

一番下に写っているのは、左から、いのしし、鹿、
ラスカル(でんでん注 アライグマです!!)です。
こいつらが、畑を荒らします。
特にラスカルは、雑食性で何でも食べるので、困りものだとか。
元々外来種で、誰かがペットで飼われていたものが、逃げ出したり、
捨てられたりしたものが増えているんですね。
国内でも広く繁殖して、あちらこちらで被害が出ています。
ラスカル、わるい奴ですね~。chickimpact

↑上西さんの水田です。
ミルキー・クイーンを植えられているらしいですよ。
他の稲よりも、発育が早く、すでに刈り入れの時期だとか。
当日も稲刈りを途中でほったらかして、来たそうですよ。
また、帰ってから稲刈りの続きをしたいとおっしゃっていたそう。

帰り際にでんでんとかのんが、少しお話したそうだけど、
農業は大変だけど楽しいとおっしゃっていました。
まさに自然との知恵比べって感じですね。
とても生き生きとしたいい表情をされていたそうカモ。

さて、次はいよいよ満田シェフの料理の試食ですよ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

そのころ、でんちゃんたちは……。


↑ともだちの提唱する、三匹による政権運営、
トロイカウニ体制に異を唱えたクロさん幹事長が、
代表選を挑んできました。
でんちゃん達の運命はいかに……。dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理食育研究会に行ったアルヨ~野菜の食べ比べ~ 其の一

サギさんです。


最近は、恩智川も水質が良くなってきて、お魚が豊富にいるサギよ。
そんなお魚を食べるために、
はるばる八尾市の恩智川へやってきましたよ~。
そしたら偶然こちらのブログを見つけましたので、
でんちゃんがいない間にのっとりに来ましたよ。chick

さて、でんでんとかのんが、家庭料理食育研究会へ行ったそうサギ。


↑映画「20世紀少年」にも出てくる万博公園の前です。
緑と近代都市が融合したような場所ですね。


↑場所は、おなじみの「住まいのショールームDILIPA」さんですサギ。

今回のテーマは「野菜の魅力」です。
「野菜ソムリエの店 のら」を千里中央で出店されている、
ドクター・オブ・ジ・アース代表取締役河村 賢造氏の野菜の講義、
能勢で実際に農業を営まれている、田尻農産の上西さんをお招きして、
農業の現場のお話をして頂きましたサギよ。
ミシュラン受賞「桜会」シェフ満田さんによる、
野菜の試食もありますよ。chick


↑講義中の河村さんです。
野菜の美味しさの構成要素をプロの目から解説して頂いたそうです。



美味しさのの要素には、水、土、肥料、気候、季節などさまざまな様さが絡み、
農業の奥深さを感じたと、でんでんがいっていたサギよ。


↑大阪の農業の現状も解説していただきました。
現在でもこのような状況だそうです。
農家人口の実際は税金対策などでやっている人も少なからずいるので、
もっと悲惨なものかと。
30歳未満の農業人口が60人というのも、驚きですね。
大阪は、土地の値段が高いし、さまざまな要素に左右される、
不安定な業種だし、なかなか専業農家は難しいですな~。
サギさんも大阪の農業を応援しないといけないなあ。chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸スイーツガーデンでバーベキュー~其の二~

 
ねこちゃんです。
最近良いお天気が続きますので、気持ち良いですね。
私は日陰で、のんびりしたりするのが好きですにゃ。

さて、農園でバーベキューオフの第二弾です。



↑自分達でとった食材を交えてバーベキューをします。
 
↑お酒もいっぱいあるよ。(ねこちゃんは未成猫なのでお酒を飲んではいけません)
しかもなかなかいいクラスのワインばかりです。


↑でんでんが柏原市のワイン柏原ワインを持っていったよ。

↑サラダもあるよ。トマトがとても甘くて、美味しいとのことだにゃ~。


↑キムチもあります。
最初は甘みもありますが、辛さが後からわっとやって来るそうです。
本格的な味わいで、辛いけど、美味しいらしいにゃ。

↑神戸といえば焼き豚ですにゃ。
とろとろで、口の中でとける~、そうだ。

↑おいしいお肉もじゅじゅう焼いていますね。
ねこちゃんは肉大好きです。cat
お塩や、焼肉のたれなんかをつけて食べます。
お塩も岩塩や、3億6千年前の塩など、バラエティーに富んでいます。
それぞれ、つけ比べて味比べをしたそうだ。

炭火で焼いたパンや、しいたけ、野菜などとてもおいしいかったそうですよ。
しかし、こんないい環境の中で、バーベキューを楽しくできるなんて、
うらやましいにゃん。
農園主の波々伯部さんはとても気さくな方で、いろいろな質問に答えてくれたり、駄洒落でみんなを笑わせていました。
奥様もとても気さくな方なんですけど、とてもお上品な感じの方ですって。
人柄もすばらしいといっていましたよ。

さて、食後のデザートはイチゴ狩りだにゃ~!!!


↑イチゴ畑だにゃ。

↑真っ赤なイチゴ、とても甘くて美味しいらしいですよ。
でんでんもかのんも、イチゴ狩りは初体験なので、
夢中になっていました。
獲り立てのイチゴはとてもジューシーで、甘くておいしいそうにゃ。
ねこちゃんも食べたいにゃ~。
いや~楽しいときをすごしたようで、よかったね二人とも。

こういう機会を作ってくれた、森田さんと、とてもお世話になった、
波々伯部さんご夫妻に多謝です。

PS
お土産です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神戸スイーツガーデンでバーベキュー

ねこちゃんです。

今日から、ブログをツールを使って書く事にしたので、こんな機能が使えるようになったそうだ。

面白いにゃ~。

でんでんとかのんが、大阪食文化研究会の森田さん主催の、
農場で収穫体験イベントにいったそうだよ。

 
↑とてものどかな光景ですよね。
場所は三田や有馬温泉にも近い、神戸の山中。
三宮から、バスで約30分ほどいったところらしいよ。
都会からわずか30分でこんな良いところがあるんですにゃ~。
神戸市の農業特区にも指定されている農園ですにゃん。

神戸スイーツガーデンは波々伯部さんがご夫妻で、運営されている農園です。
無農薬、有機栽培で、こだわりのお野菜を栽培されていますよ。

波々伯部さんに農園を案内していただきました。
りんご、チェリー、クランベリーなどを植えているんだよ。

Photo  

コンパニオンプラッツという農法を取り入れられています。
これは、野菜や果物と、虫よけ効果のある、
ハーブなどを一緒に植えることによって、できるだけ虫の被害を防ぐ農法です。




↑ミントを植えているよ。
また、農薬の変わりに昆布液をまくことによって表面がつるつるし、
虫がつきにくく、下に落ちた昆布液が肥料になるという、
とても地球にやさしい、ECOな農法をされています。
すごいにゃ~。


↑農園主の波々伯部さんが解説してくださっています。
ありがとにゃん。cat

↑自然がいっぱいの農園の中は、かえるさんもいますよ~。

↑アスパラガスも栽培されていますよ。
収穫し、このまま菜まで食べると、
甘くて美味しいらしいよ。


↑たまねぎの収穫をしました。
 
にんにくやいんげんももとったにゃ~。cat

さて、これら獲った食材も交えつつも、
宴の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かぎまち農園にいったよ

でんちゃんです。

Photo

でんでんが風邪をこじらせて、大変みたいだ。

インフルエンザもはやっているので、気をつけなければいけないですね。

さて、でんでんとかのんが吹田市岸辺にある、「かぎまち農園」さんへいったようだ。

こちらの農園さんのモットーは体にいい野菜づくり。

なんでも肥料にはフィッシュボーンと呼ばれる魚のアラ、鶏ふん、

カキの殻などを使っているそうだ。

また、

コンパニオンプランツという栽培方法で、

たとえば、野菜の隣に虫除け効果のある、

ハーブを植えることにより、

できるだけ虫がつくことを防ぐといった栽培方法をとっているそうだ。

そのため、農薬をできるだけ使わない製法を取っているそうだ。

すごいですね~。

SUTVの「ウィークリー吹田」でも毎年放送されているそうだ。

Photo_2

↑なかなか素敵なかぎまち農園の看板です。

ここはさつまいもが有名でかぎまち農園ホームページに載っていた、

クイックスイートという種類のお芋がほしかったそうだが、さすがに今の時期は売り切れ。

かわりに、ブロッコリーと、カリフラワー、キャベツと、鳴門金時を買ったそうだ。

Photo_3

↑カリフラワー。甘くて、ぷりぷりとした食感なんだそう。

大変美味しいお野菜ですとのこと。

1

↑甘いキャベツ。

Photo_4

↑ブロッコリーです。

Photo_5

↑小松菜。おひたしにすると、美味しそうですね。

どの野菜もいい色をしていますね。

野菜がとても濃い味のある、大変美味しい野菜だそうだ。

また、お野菜を買ってきたいなあ、とでんでんがいっておりました。

でんちゃんもお野菜食べたいなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

吹田慈姑の収穫2008〜その三〜

ねこちゃんです。
最近めっきりと寒くなりましたね〜。
Photo
↑ひもで遊んでいます。

さて、吹田くわい収穫第三段です。
前回は収穫の仕方を解説しました。
さて、今回は沢山の方が参加してくださっていましたとの事。
まずは、吹田商工会の方々。
Pc064019
↑くわいを持ってのポーズが決まっていますね。
Pc064020
↑魚菜の会の笹井さん。
他に大阪学院大学や、龍谷大学の方々が参加してくださいました。
大盛況ですね。

畑の中には、くわいだけではなく、ザリガニさんや田うなぎさんも潜んでいます。
特に田うなぎさんは、水のないところでも三ヶ月は冬眠できるそうだ。
すごいですね〜。

皆さんくわいの収穫を喜んでくださいました。
全員でとって、20キロほど収穫できたそうです。
皆さん乙って感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹田くわいの収穫2008年度〜その二〜

でんちゃん&ねこちゃんです。
Photo
↑でんちゃん先輩と打ち合わせ中です。

でんでんとかのんが吹田慈姑の収穫に行ったそうな。
収穫には、地元吹田の商工会議所、龍谷大学、大阪学院大学の学生さん、魚菜の会、
朝日カルチャーセンター生徒さんなんかが参加されておりました。
大勢の方が参加されており、大盛況でした。

では、くわいの掘り方を解説しましょう。
Pc064001
↑まず、クワの先の手で示されている部分まで、地面にさします。
Pc064002
↑地面に勢いよくクワを差し込みます。
Pc064004
↑地面を掘り返します。
このとき、力で掘り返すよりも、クワを引っ張るように、掘り返しましょう。
で、掘り起こした畝をひっくり返して、土を均すとくわいが出てきます。
Pc064005
↑これが吹田くわいです。
でんでんやかのんたちもやってみましたが、地面がぬかるみ歩きにくく、
汚泥に足が取られて抜けなくなったりします。
また、地面もひんやりとしていて、寒かったとの事。
防寒対策が必要ですなあ。
こうやって、苦労してくわいは収穫されるのです。
また、翌日は足腰がパンパンで痛くなったとでんでんとかのんがいっておりました。
二人とも運動不足だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹田慈姑収穫したよ2008年度~その一〜

でんちゃんです。
Photo_2
↑マフラーをまいてぬくぬくです。

でんでんとかのんが吹田くわいの収穫にいったようだ。
当日は、とても寒かったそうだ。
(((((((;゜Д゜)))))))ガクガクブルブル状態です。
Pc063990_2
↑吹田くわい畑です。ここに吹田くわいが沢山埋まっています。

ここで、吹田くわいの事についておさらいをしましょう。

吹田くわいというのは、オモダカ科の水生多年草で、吹田の地の水田、側溝などで、
元々生えていた雑草だったといわれています。
くわい事態には、諸説があり、中国、朝鮮半島から渡来したものだという説があります。

吹田市では、小さめな品種の吹田クワイを産する(なにわ野菜の一つ)。 明治維新までは宮中に献上されるなどされており、また、蜀山人は、「思いでる鱧の骨切りすりながし吹田くわいに天王寺蕪」と歌っているなど、内外にその名を轟かせていた。しかし、その現在は、保存会によって守られている程度なので、他市に流通するほどの生産量はない。一時は絶滅の危機すらも叫ばれていたこともあった。
(Wikipediaより転載)

Pc063991
↑これがすいたくわいです。

でんでんは、このくわいを守っている「吹田くわい保存会」の会員でもあります。
吹田では、一部の地元のパン屋さんや和菓子屋さんが、
くわい入りのパンや饅頭を販売したりしいます。

数が少ないんですね。
これから、生産量を増やして、他府県に流通出来れば良いですね。

さて、時間がたつにつれて沢山の人が集まってきました。
いよいよ、収穫の始まりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平野農園〜其の二〜

でんでんとかのんは、家の近くにある平野農園にいってきたようだ。
平野農園は今トマトがなっています。
今が旬ですね〜。

P6182550
↑美味しそうなトマトですね。

P6182557
↑辺り一面のトマト畑です。
トマトを平野さんがぷれぜんとしていただいたそうです。
家に帰って食べてみたところ、大変濃厚な味のする美味しいトマトです。
甘味がありますね〜っと、いっておりました。

他にカボチャ、きゅうり、万願寺唐辛子、ブロッコリー等様々なお野菜を植えられているようです。

P6182562
↑かぼちゃです。
P6182563
↑ブロッコリーです。

ちなみにこれが浪速の伝統野菜の一つ、毛馬きゅうりです。
漬物屋さんで長く働いていたでんでんも、毛馬きゅうりを見るのは初めてだそうです。
かなり大きくて、平均30センチ程度はあるようです。
ちなみにでんでんたちがいただいたのは、38センチもあるそうです。

P6182565
↑毛馬きゅうりです。

さて、この間こちらでもレポートしましたが、でんでんとかのんも参加した吹田慈姑の植え付けですが、
畑を見させていただくと、こんなに葉が大きくなっているようです。
P6182567

P6182568
↑慈姑の葉っぱです。
P6182569
↑慈姑の白い花が咲いています。

自分たちがうえたたものが成長しているのを見るのは、なかなか嬉しい事ですと、
でんでんとかのんもいっていました。

また、この農園主である、平野さんはバイタリティ溢れる方で、お話をしていると、とても楽しいそうです。
8月くらいに柏原市へ葡萄狩りに行こうという話もあるそうです。
そのときにでんちゃんも是非、お会いしたいワン。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

なにわの伝統野菜 | よ~いどん★となりの人間国宝さん | クリスマス | グルメうどん | グルメお取り寄せ | グルメお好み焼き | グルメお寿司 | グルメそば | グルメたこ焼き | グルメイタリア料理 | グルメインド料理 | グルメカレー | グルメコーヒー | グルメステーキ | グルメスリランカ料理 | グルメバイキング | グルメバリ料理 | グルメパン | グルメフランス料理 | グルメベトナム料理 | グルメラーメン | グルメワイン | グルメ・クッキング | グルメ中華料理 | グルメ串カツ | グルメ和菓子 | グルメ和食 | グルメ居酒屋 | グルメ沖縄料理 | グルメ洋菓子 | グルメ洋食 | グルメ焼肉 | グルメ韓国料理 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ファーストフード | ブロガーイベント | ペット | マクロビ | ミシュラン | メディア出演 | ユニバーサル・スタジオジャパン | ワイン | 世界のスイーツ | 世界の料理 | 京都 | 京都・七条 | 京都・三条 | 京都・四条 | 兵庫県神戸市 | 吹田くわい | 吹田のたけのこ | 商店街 | 喫茶店 | 大和川 | 大阪市 | 大阪市中央区 | 大阪市北区 | 大阪市天王寺区 | 大阪市浪速区 | 大阪市淀川区 | 大阪市福島区 | 大阪市西区 | 大阪府 島本町 | 大阪府八尾市 | 大阪府吹田市 | 大阪府富田林市 | 大阪府東大阪市 | 大阪府柏原市 | 大阪府池田市 | 大阪府箕面市 | 大阪府羽曳野市 | 大阪府茨木市 | 大阪府藤井寺市 | 大阪府豊中市 | 奈良県 | 学問・資格 | 家ごはん | 市民農園 | 心理学 | 文化・芸術 | 文化遺産 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 柏原市ぶどう | 渡邊邸 | 漬物 | 物産展 | 百貨店 | 神戸 | 神社 仏閣 | 経済・政治・国際 | 農園 | 野草 | 野菜 | 阪神甲子園 | 食育