グルメ洋食

ニューミュンヘンの鶏のから揚げ

わいの名前はきじ助や!!


彼女はしまみんというシマシマのねこちゃんです。
しまみん共々でんでんとかのんにお世話になっているんやで。
さて、今回一人でブログを担当やねん。
ちょっと不安やけど、何とか頑張ってみるで。

さて、でんでんとかのんが大阪ステーションシティサウスゲートビル16階の
bahnhofニューミュンヘンへ行ったそうやで~。
ニューミュンヘンといえば、まだ戦後間もない、
東京タワーが完成した昭和33年に、当時としては珍しかったサッポロビールの生
ビールを扱うビアホールとして大阪梅田のお初天神通りでスタートしたお店なん
やで。
ここの名物ビールは勿論の事なんやけど創業当時から、
不動の人気やったのが鶏のから揚げを食べたかったそうやねん。
今回は鶏のから揚げ目当てで来店したらしいで。

鴨兵衛注
「ちなみに店名のbahnhofはドイツ語で、駅舎って意味になるのですよ。
JR大阪駅のステーションビルの上にあるから、まさに駅舎の上ですね」




ドリンク ミモザ


ワインとオレンジジュースのカクテルミモザやで。
このカクテルであてを食べるんやで。
ワインが苦手という人には良い、オレンジジュースのさわやかさを足した、
飲みやすいカクテルやそうや。



サラダ トマトのカプレーゼ

トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼやで。
シンプルな味付けでお口の中がさわやかです。
とてもオサレなイタメシやで~。


鴨兵衛注
「イタメシとは、イタリアンの事ですよ~。
バブルの頃はイタメシってみんな略していってたのよ」

守護霊でんちゃん注
「あれれ?イタメシって炒めたごはんの略じゃないの??」




お酒のあて ハモン・セラーノ

これハモンセラーノっていうらしいで。
原木(豚の足丸々一本)から切り分けてくれるんやで。
程よい塩味でお酒が好きな人はお酒が進むんやろうな~。

鴨兵衛注
「ハモンセラーノってスペインの生ハムの事ですよ。
ハモンとはハムのこと。セラーノは山のという意味なのですよ」


守護霊でんちゃん注「鴨兵衛は鴨の分際で物知りアルな~」



お酒のあて 鶏のから揚げ

これがミュンヘン名物の鶏のから揚げなんやで~。
量が多くてちょっとびっくりするらしいけど、
これは鶏の胸肉を骨付きで切り分けてあげているそうなんや。
骨付きで揚げるのはやっぱり骨周りの肉が美味しいそうやからやで。
衣はパリパリとクリスピーでカナック菓子を食べているみたいな感覚やそうや。
中のお肉はジューシで食べるとじゅわっと肉汁が溢れてきてジューシやそう。
メッチャ美味いらしいで~!!
きじ助も食べたいな~。今度わいやしまみんにも差し入れしてや~。

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 梅田駅(阪神)大阪駅梅田駅(大阪市営)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大阪府柏原市】サンヒル柏原へ行ったアルヨ

とらおです。


久しぶりにぬこ駐屯地@八尾竹淵支部へ帰ってきたけど、
みんな留守なのか居ないにゃ~。



flagサンヒル柏原

サンヒル柏原は国が運営する連行保健センターです。
プール、宿泊施設、テニスコート、展望風呂、
トゴールの湯トゴール天然鉱石を使った人工温泉、
レストランなどがありますよ。

場所は動物協会の本部がある、柏原市安堂町の高台にあります。
最寄りの近鉄安堂駅、JR高井田駅から、徒歩約10分。
市内循環バスなどもありますので、利用するのもいいですね。


サンヒル柏原です。
画面左手に見えるのが、レストランです。
でんでんが行ったのは、平日なのですが、
それにもかかわらず大勢の人でにぎわっていたそうです。


でんでんはお昼に来店しましたので、お昼のメニューです。
洋食と和食のメニューがありますが、
洋食のメニューであるサンヒルランチをオーダーしました。

flagサンヒルランチ

サンヒルランチは、スープ、サラダ、オードブル盛り合わせ、パンorライス、
メイン、デザートが付きます。
1200円也です。

flagアスパラガスのスープ

ポタージュ仕立てにしています。
アスパラガスの風味が生かされているとってもウマーなスープらしいですよ。

flagサラダ オードブル盛り合わせ

サラダとオードブルです。
オードブルは鴨とサーモンです。
サラダには柏原らしいものをかけます。

flag柏原ぶどうドレッシング

サラダには通常のドレッシング以外に、
地元の企業である「岡村製油」の柏原ぶどうドレッシングがあります。
もちろんぶどうドレッシングをかけたそうですよ。
フルーティーで甘味がありさわやかな風味は、
サラダとの相性は抜群ですとのこと。
メッサうまいあるよ(゚Д゚)ウマーとのことsign03

flagパン

でんでんはパンを選びました。
パンはセルフサービスで好きなだけ食べてくださいとのこと。
でんでんは全種類お皿に盛りましたにゃ。
こんなに食べられるのかいな?

flag若ごんぼと桜鯛の柏原ワインソース

若ごんぼがフリットしたものとそのままのものが入っていて、
それぞれ違う食感が楽しめますぞよ。柏原市と八尾市のコラボレーションですね。
メッサうまいあるよ(゚Д゚)ウマーsign03

flagデザート

デザートはアイスクリームですにゃ
普通のバニラのアイスクリームだったらしいです。




お土産で地元企業の寿屋清涼食品株式会社やカタシモワイナリ、
岡村製油の商品が買えますよ。

flagサンヒルからの眺め

柏原市内を見下ろせます。
この眺めはなかなかのものらしいですよ~


サンヒル柏原 
TEL 072-972-3440

住所 〒582-0016 大阪府柏原市安堂町115-1

定休日無休

モーニング    08:30~11:30
ランチ月~金 11:3015:00
土・日・祝     11:3017:00 17:0022:00(L.O.21:00 )
ディナー      17:00~22:00(L.O.21:00)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大阪市北区】阪急百貨店ハム工房ジローさん

シャム次郎ですcat


秋の陽気の良い日なので眠いです。
とても眠いけど、ブログを頑張って担当するにゃ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

でんでんとかのんが阪急百貨店へ行ってきたそうだ。



阪急百貨店の地下食料品売場をうろうろしているとハム屋さんを発見しました。

ハムソーセージ食べたいなあ~ハムソーセージ美味しそう~note

神奈川県、湘南茅ヶ崎にあるハム工房ジローです。

なんと店頭でハムを切り分けてくれます。

美味しそうなハムですね~。
この画像を見ているだけで、よだれが出ますdelicious


flagハム工房ジローの歴史

ハム工房ジローはとても歴史ある工房で、
ソーセージやハムを作り始めるきっかけは、
1914年第一次世界大戦頃まで遡ります。
大戦の最中中国の青島を陥落させた日本軍は、
その時に多くのドイツ人が捕虜として、
習志野収容所に収容されたそうなんだ。
捕虜の中にはドイツの職人、技師など様々な技能を持つ人かいたんだって。
そんな技能を持つ人たちが、農商務省の要請を受けて、
ドイツのソーセージ作りや洋菓子、
コンデンスミルクなどの講習をしたんだそうだ。
収容所の中からドイツの文化が、広がったんだね。

捕虜達が解放された後も、日本に残るドイツ兵がいたそうです。
その中には、バームクーヘンやドイツ菓子で有名な
カール・ユーハイムさんなどもいらっしゃいました。

そんな日本に残ったドイツ人の中に、
ソーセージ職人のカール・ブッチングハウスさんがいたそうです。
東京目黒にソーセージ工場を設立。
そこに精肉を納めていたのが、ハム工房ジローの先代である、
矢島八郎さんだったそうだ。
当時はどちらかというと敬遠されがちだった、
ハムソーセージを見た瞬間に、
自分もドイツ製法のハム作りをしようと思いたったそうだにゃ。
ソーセージ工場の職人でもなく、
まさに見よう見まねで、ハム作りをはじめた先代の八郎さんは、
試行錯誤を繰り返しているうちに、
カール・ブッチングハウスから直接アドバイスを貰うに到ったそうです。
そして直接その技術を直伝されるまでに到ったそうです。

そして、誕生したのが大正十四年創業のハム工房です。
歴史と伝統あるハムソーセージなんですよ。

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

ハム、ソーセージについて熱く語ってくれたのが、
矢島大輔さんです。
三代目のお兄さんですが、昔はハムもソーセージも嫌いだったそうです。
お仕事も今のお仕事とは全く無関係な建築業だったそうです。
そんな矢島大輔さんが、この道に入るきっかけになったのが、
京都本店のイノダコーヒーさんがサンドイッチなどに、
ジローさんのハムを使用しているらしく、
イノダコーヒーさんから上記の歴史を知らされて、
感銘を受けて、この道に入られたらしいよ。


そんなわけででんでんかのんも買ったよ、ハム。
お値段はなんと、二枚で500円ですsign03

新鮮なうちに当日食べきってということで、二枚だけいただきました。
保存料、化学調味料、増量剤を一切使用されていません。
色もいつも見慣れているハムとは違いますし、
結付材などを一切使用していないのでひび割れもしています。
しかし、本来のハムというのはこれなんですね。

ハムですが、パッケージから出した瞬間にスモークされた香ばしい匂いが、
鼻を刺激します。
食べると、口の中に香りが広がり、
お肉の食感を残した噛み応え、今まで食べていたハムは一体なんだったのか?
というくらいに、別のものという感じでした。
めっさうまいアルヨ(゚Д゚)ウマー!といっていたよ。
久しぶりに感動するくらい美味しい物を食べたと、
でんでんかのんも言っていました。

シャム次郎もハムソーセージ食べたいなあ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重亭に行ったよ

でんでんとかのんは、りんくうタウンのお友達のお家に行った帰りに、難波の千日前にある、
老舗の洋食店、「重亭」にいってきたようだ。
Photo_3
↑この昭和を感じさせる外観がいいですね。
こちらは創業終戦すぐといいますから、60年以上この地で営業されているそうです。
創業以来の味を守りつつも、今の時代に合わせて若干のアレンジはしているそうです。
約2年前に改装されたそうで、でんでんとかのんが訪れたのは改装前といいますから、
改装されて初めて訪れたとの事。
以前、でんでんは「なんばクリエーターファクトリー」に通っていた頃、
教室が難波だったので、こちらに毎週のように通っていたとの事です。
今回のお目当ては、でんでんもかのんも大好きなハンバーグステーキです。
こちらはすべて国産の材料を使い、牛8豚2の合い挽きのミンチでつくっています。
一つ一つオーダーが通ってから、形を整え、焼いていきます。
これに特製のドミグラスソースをたっぷりかけ、細かく刻んだキャベツと、
ケチャップで味付けをしたスパゲティがつく、洋食の王道のようなメニューです。
Photo_4
↑これがハンバーグステーキです。
ジューシーなハンバーグに濃厚なドミグラスソースが絡みます。
味はどこか懐かしさを感じさせる味だそうですが、
肉の食感がよく良質のステーキを食べているようだとのことです。
相変わらず美味しくって、二人とも大満足で帰ってきたとの事です。
また、こちらの接客はご年配の方が多いそうですが、接客も行き届き、テーブルは相変わらず奇麗で、
とても気持ちよく快適な空間だという事。
これがまた、大勢の人に愛される理由の一つでしょうね。
とてもいいお店だとの事です。
でんちゃんもいってみたいなあ。わんわん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいコロッケ

でんでんが以前からいってみたかったコロッケ屋さんのお話です。
豊中市庄内にある、お肉屋さんのコロッケです。
TVでよく桂小枝さんなんかが、紹介されています。
今は自転車で行ける距離になりましたので、この間ついに行ってきたそうです。

コロッケが売っているお店の名前が、「お肉のふじ」。
真ん前が、豊南市場です。

Photo
↑当日カメラ忘れで外観がとれていません。(°Д°)

お肉屋さんの隣で、コロッケ、唐揚げ、メンチカツ等が売っているそうです。
2階がレストランになっていて、オムライス、ビフテキ等の洋食がリーズナブルな価格で、頂けます。


Photo_2
↑コロッケです。

外はさくさく中は、柔らかく、ジャガイモの甘さと、タマネギのシャキシャキ感がたまらないそうです。
これで、一つ70円だそうです。

庄内は古き良きものがいっぱい残っていて、なかなかいいところだそうです。
今度はでんちゃんもつれていってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

なにわの伝統野菜 | よ~いどん★となりの人間国宝さん | クリスマス | グルメうどん | グルメお取り寄せ | グルメお好み焼き | グルメお寿司 | グルメそば | グルメたこ焼き | グルメイタリア料理 | グルメインド料理 | グルメカレー | グルメコーヒー | グルメステーキ | グルメスリランカ料理 | グルメバイキング | グルメバリ料理 | グルメパン | グルメフランス料理 | グルメベトナム料理 | グルメラーメン | グルメワイン | グルメ・クッキング | グルメ中華料理 | グルメ串カツ | グルメ和菓子 | グルメ和食 | グルメ居酒屋 | グルメ沖縄料理 | グルメ洋菓子 | グルメ洋食 | グルメ焼肉 | グルメ韓国料理 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ファーストフード | ブロガーイベント | ペット | マクロビ | ミシュラン | メディア出演 | ユニバーサル・スタジオジャパン | ワイン | 世界のスイーツ | 世界の料理 | 京都 | 京都・七条 | 京都・三条 | 京都・四条 | 兵庫県神戸市 | 吹田くわい | 吹田のたけのこ | 商店街 | 喫茶店 | 大和川 | 大阪市 | 大阪市中央区 | 大阪市北区 | 大阪市天王寺区 | 大阪市浪速区 | 大阪市淀川区 | 大阪市福島区 | 大阪市西区 | 大阪府 島本町 | 大阪府八尾市 | 大阪府吹田市 | 大阪府富田林市 | 大阪府東大阪市 | 大阪府柏原市 | 大阪府池田市 | 大阪府箕面市 | 大阪府羽曳野市 | 大阪府茨木市 | 大阪府藤井寺市 | 大阪府豊中市 | 奈良県 | 学問・資格 | 家ごはん | 市民農園 | 心理学 | 文化・芸術 | 文化遺産 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 柏原市ぶどう | 渡邊邸 | 漬物 | 物産展 | 百貨店 | 神戸 | 神社 仏閣 | 経済・政治・国際 | 農園 | 野草 | 野菜 | 阪神甲子園 | 食育